日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
断シャリの季節
2018年04月03日 (火) | 編集 |
昨年の秋、突如転居先が決まり、それから年末になんとか引っ越しして、
年明けからなんやかんやと落ち着かない四半期が過ぎて行きました。

時々、PC立ち上げることはありましたが、主には家計簿つけたり、
確定申告とか、必要最低限しか使えなくて。

じゃあ、何してたかといえば、
ほとんど家事と介護。
暇があったらぐったり~
って感じの50代の幕開けです。

なるべくダイジェストに綴りたいが、
年明け早々、
賃貸マンションから一戸建てに移ったはいいが、
住み慣れるのに時間がかかりました。

4月はまだ3日目なのに、なぜか桜も散りはじめました。
年明けからの極寒と、インフルエンザの大流行はなんだったんだろう?
やっぱり異常気象ですかね。
春と秋が短すぎて、袖を通さずに過ごしてしまう服があります。

それで、1月の終わりには私も施設でインフルエンザをもらってきた実母からうつされて、
A型だったので、えらい関節痛でのたうちまわりました。

その間、仕事も1週間休んで、当然、母も自宅静養。
ああ~、ごはんはどうすんねん。
一番情けなかったのは、症状のピーク時に地元の警察から電話があり、
「おかあさんが迷子になり、交番で預かってます。身元引取りに来てください。」

なんで!?
まだインフルエンザ治ってへんのと違うんかい!?
「無理です、、、」

それから約1時間後、母は新居の玄関先にパトカーのおまわりさんに連れられて、佇んでいました。
いつもなら激情してしまいますが、
やっぱり同居するしかないんかな~
こういうアクシデントが約10年続き、更年期の症状を険しくしています。

認知症は母だけではありません。
独居老人の父の関係者から2月の終わり、突然、電話がありました。
「お父さんが要介護3となり、3月から老人ホームに入居します。」

この報せは、インフルエンザの流行中パトカーのお世話になった母よりもずっと「青天の霹靂」でした。
これまで何度となく、私たちを苛み、追い出しては追いかけてきた父が、
終の棲家として占拠していた居宅を出て行ったとは!

何もかも置き去りに身一つで出て行った父。
信じられないことにホームにはルンルンで入居していったとか。
そして、業者が後始末に来るまでの3月末日までに、
やっぱり私が尻拭い。
一人っ子の宿命で、私が確認するんかい!?

まだ健在ですから遺品ってわけじゃないですが、生前整理です。
つまり、父の住処は、嘗て母と私が最後に暮らしていた居所ですから、
50年前の父母の結婚式の電報とか、アルバム、子ども時代の宝物、
思い入れのある品々が封印されていました。

現在の私より、ずっと若かった独身の父、母のモノクロの写真まで。
じっくり見入ってる暇はないけど、拾い集めて、95%以上は全て
私の独断と偏見で処分、処分です。
両親が離婚して45年経ちました。
二人とも認知症になって、
結婚していたかどうかも、双方のことまで
すっかり忘れてしまったのに、
なんで自分に子どもがいることはちゃんとわかってるんでしょう?

引っ越ししたはいいけれど、
高齢の両親が元気なうちは、
更年期でヘロヘロになりながら、
やっぱり逃れられないんだなって、
ストレス満々にたまっています。


明日は母の居宅に業者が見積もりに来る予定。
母は雑巾と布巾、敷布の区別や、食べ物が新鮮なのか腐敗しているのかもわかりません。
先日トイレの水たまりの汚水で手を洗っているのを見つけて、
悲鳴をあげてしまいました。
それで、久しぶりにPCを立ち上げ、ネオレストか、アラウーノか、
検索していた次第です。












スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2018/04/03 22:22 | 未分類 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
引っ越し準備もカウントダウン
2017年12月05日 (火) | 編集 |
ひさしぶりにパソコンを立ち上げるのが、今やスマホ時代になってることもあり、
メンドクサイ。
パスワードやアカウントも忘れて、照会しなくちゃログインできないのもメンドクサイ。

いや、メンドクサイ適齢期が、老化甚だしいアラフィフって訳です。
そして、メンドクサイのは、引っ越しまでカウントダウンに入ったことです。

売主さんから諸々の譲渡物をいただき、休日には、転居先と現住所を往復中。
3日には、ご近所さんへのあいさつ回りから始めました。
なかなか荷造りも捗りませんね、日々の家事や仕事も今週いっぱいは通常通りです。
転居先では、キッチンの蛇口の修理や表札の交換など、
まだまだ業者に依頼しないといけないこともあります。
どれも、コストかかって、師走の出費甚だしい。

今日は、段ボール箱に本棚の本を3箱分詰めてみました。
なるほど、このマンションで過ごした8年分の歴史を感じました。
どういうふうに感じたのか、
8年前のアルバムの私は相当に若かった!
肌の色つやなんて全然違うし、白髪も全くなし!
女性ホルモンの激減は、非情です。

そして、8年間の履歴。
ブロクでも四苦八苦の就活を綴ってきましたが、
一体、職種が定着するのに何か所転々としたことか。
幸か不幸か、現職は新卒のまま就労している従業員は誰もいません。

箱に詰め込んだ本も、いつどんなきっかけでゲットしたものか、
大半の書籍は、やはり心理学や特別支援教育、保育に関するものです。
20~30年前のものだし、断捨離してもいいんだけど、なんか本って捨てづらいんです。

そうそう、再ブームといえば、私が小学高学年時代に熱狂していた
漫画『はいからさんが通る』がロードショーしているとか。
見に行きたいなあ~。

それと、処分に困っているのが、これも20年前のものでテレビデオ。
学生時代のビデオが詰まったまま、取り出しできず、
当然、5年くらい前に地デジ放送に変わってから、テレビも見られず。

いろいろ調べたけれど、結局、どちらも諦めて処分しなくちゃいけません。
今となってはただただ邪魔な黒い塊です。
しかし、なんとかビデオの中身、再生できないか。
あの日、ラストステージで「12番街のラグ」を独奏するスポットライトを浴びた22歳の私。
笑っちゃうけど、過去の自分や仲間に会えるんだもんね。

そんなとき、30年来の旧友Tちゃんからメールがありました。
「引っ越し手伝おうか?」
「それはいいんだけど、別件で頼みたいことがあります。」
と返信し、

さて、引っ越しがひと段落したら彼女に頼みたいのは、
懐かしの同じビデオテープ、しばしお借りして、DVDにしよう。
とメールするつもりです。
---------------------------------------------------------------

2017/12/05 22:03 | 季節、気象 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
秋深し、引っ越し準備待機中
2017年11月25日 (土) | 編集 |
更新しないうちに、2017年度もひと月あまりとなりました。

この間、ビッグイベントがあったのですが、どうしても毎月毎月の
更年期障害の波にのまれてしまい、家事と仕事と介護だけで、
月の半分くらいはフラフラだったり、イライラしたりと体調は不安定です。

9月に新しい年上の同僚を迎えました。
なんでもズンバという新しいフィットネスダンスに夢中のHさん。
私が月に1~2回休んでしまうのを気遣って、
「私もその年齢の時期、一番しんどかったですよ。」
と元気はつらつに慰めてくれました。

おかげさまで、人生いろいろの今の同僚の方々には本当に恵まれています。
時給は相変わらず、薄給ですが。
お給料の分だけ、時間拘束、責任やストレスも付きまといますから、
更年期の慢性的な体調不良といつ終わるかわからない介護を
両立させるには現状維持かなと思います。

私の場合は、今年に入って漢方薬の効きが悪くなり、
婦人科でエクオールという錠剤に変えてもらいました。
しかし、10月末にはこの大粒の錠剤が喉に詰まって、異物感が数日続くという
アクシデントに見舞われました。

付近の★病院の耳鼻咽喉科で内視鏡検査してもらったら、
「内科の内視鏡でないとわからないね」
と冷淡にあしらわれ、
翌日は、評判の悪い★病院を通過して、N内科医院へ。
胃カメラは来年50というのに、まだ未経験の私。
「ついでに胃や食道も診ますか」と進言されました。

こんなドクターショッピングで、しかも、ただ錠剤が喉に詰まっただけで、
エライ請求額です!
幸い、翌朝には喉の違和感は軽減し、どうやら5日目には気にならなくなりました。

それから、3週間・・・
昨日の朝、起きてみると、再び喉に異物感を覚えました。
今度は、何も飲食した覚えもないのに、喩えれば髪の毛が
喉に絡まっているような感じ。
日中仕事をしながらも時々むせたり、えずいたり。
一晩中、喉が気持ち悪くて熟睡できず、今朝は一番乗りで
再びN先生に診てもらうことにしました。

「視診では何も見えないけどね」
「そうですか~、、、どうも嚥下が悪いのは年のせいですかね。」
「漢方薬出しとくから、飲んで様子見てみて。しょっちゅうお茶飲んでね。」
「わかりました。ありがとうございました。」

早速、処方してもらった漢方が効いたのか、
喉の異物感は収まりました。

おかしい、髪の毛が絡まったようなあの異物感は何だったんだろう?
もしかして、これも更年期障害の症状かも?

婦人科で処方されているエクオールのリーフレットの説明に
改めて目を通してみました。
「口の渇き、のどのつかえ」
これだな。

一口に更年期症状といっても、様々なんですが、
私の場合、殆ど当てはまってほとほと厭になります。

今年は弔事が多く、数え直すと、2月、6月から10月の毎月、計6回喪服を着て出かけていました。
どうしても更年期症状の波と重なり、そもそも暑さが苦手な夏には実母の認知症が悪化して、
8月から9月には4回も迷子になりました。対応できずイライラがピークに達しました。

同い年の友人たちにもこの1年のうちに老けるスピードが
私だけ際立ってしまい、久しぶりの女子会で白髪の増え様に憐れまれてしまうほどでした。

40代後半だんだん辛くなってきたけど、40代最後の2017年は最も辛い1年でした。
それでも、「終わりよければすべて良し」は辛うじて座右の銘です。

ようやく三年越しで、50歳までに転居するという目的が達成される見通しです。
実家から現住所までは、7駅分約6KMの距離があり、母のところまで介護の往来が面倒でした。
おかげで、下手くそだったバイクや車も当らないように乗れるようにはなりましたが、
駆けつけるには20~30分かかっていました。

これ以上、転居が遅延されると自分の体調にも自信が持てず、
現在の賃貸住宅でもいいやと、あきらめモードになりかけていました。

2017年師走の思いがけない転居は、40代なんだっけなという
私に大きなご褒美になりそうです。

明日は引っ越しの見積もりを予定しています。


---------------------------------------------------------------

2017/11/25 23:09 | 季節、気象 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
やっぱり同窓会やめました
2017年08月22日 (火) | 編集 |
甲子園の高校野球は、準決勝2試合ともに見ごたえたっぷりで、
どちらが勝ってもおかしくない名勝負。
でも、何気なく近畿の天理を応援してましたが、
追い上げならず、残念でした。

関東や東日本はあいにく冷夏や連日の雨に見舞われていたようですが、
西日本の今夏は例年以上の猛暑に加えて、降雨量も少なめ。

今日も、臨時に仕事を入れようかどうか迷って、結局、猛暑の中
通勤する勇気が出ませんでした。
まったく怠けた8月を過ごしています。

お盆ウィークは近畿圏内でしばしドライブを楽しんできました。
11日山の日は、御所市の水平社博物館と千早赤阪村の棚田。
14日は舞鶴の赤れんが博物館、五老スカイタワー、とれとれ市場を巡りました。
ちょうど終戦記念日の前日に訪れたのですが、
舞鶴が戦前には海軍で栄え、引き揚げ船の受け入れ港であったことは、
全く不勉強でした。
因みに、私の故郷では戦争と平和を学ぶため、
修学旅行の訪問地として広島が絶対不可欠になっているんですけどね。
 
一昨日、N中の同級生のMさんから同窓会の参加の可否を問う
最終回答の催促メールがありました。

ネガティブ志向っていうか、6月7月8月と、3回連続で喪服を着る弔事が
重なっては、どうも話題もネガティブになってしまうかなと
今回は不参加としました。

しかし、これも不安を先読みするネガティブ志向か、
今のうち、再会しておかないと、そろそろ年齢的にも、
もう会えなくなるかもしれない。。。

親戚の遺児たちが心配で、
時々電話やメールしてましたが、
あんまり通じなくて
何をどうしていいかわからないまま、
お盆が過ぎて行きました。

なんとなく子どもたちは、この猛暑に鍛え上げられたみたい。
真っ黒に日焼けしてよく頑張って夏休み過ごしたなって褒めてあげたいです。

話題変わって、
今夜視聴していた「たけしの家庭の医学」によれば、
細胞分裂の度に細胞内のテロメアが短くなることで、老化を早め、
その原因が悪い未来を先読みするネガティブ志向だったり、
不安を感じやすいキャラだとか。

う~ん、白髪がどんどん増えている私としては、
大いに思い当たるなあ。。。
これをフォローするのが、今、アメリカで大流行の
「マインドフルネス」なんだって。

マインドフルネスの効果については、既に10年前の当時の新刊を読んで知ってたのですが、
自分は専門の心理学からどんどん逸れて、全く実行できてませんでした。
ドクターの締めくくりのことばでは
「将来的には、なかなか死ねない、
病気でも100歳まで生きられる時代」
になるそうです。

ってことは、あと2倍は生きられるのかな、私も
そんなに生きるってことは、その間の生計はどうなるんだろう?
今だって、老親の介護費用にアップアップしてるのに。
これが、テロメアを短くする原因か。

---------------------------------------------------------------

2017/08/22 22:07 | 悶々 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
夏の冷やしあま酒
2017年07月30日 (日) | 編集 |
猛暑お見舞い申し上げます。

子どものいない二人家族の私は、つい最近まで
子どもたちの夏休みの過ごし方に配慮がありませんでした。

身近な親戚の子どもたちはというと、
中高生ともなるとクラブの合宿で技術を磨き、楽しい思い出もできたりしますが、
親が働いている日中はタコ焼き屋やコンビニの買い食い、仲良しの友達とプール通い、
でも、大半はソファに寝そべり、延々とスマホでライン・・・という感じのようです。
何度電話してもつながらず、困るときもあるんです。

気が付くと、自分はすっかりおばさんになっていて、
自分の子ども時代の夏休みの過ごし方とは全く違いますね。
今でも早朝のラジオ体操ってあるんでしょうか?

久しぶりの更新。
夏のドリンクをご紹介します。

金太くん印
昔ながらの米花造り
夏の冷やしあま酒
冷水でうすめてすぐ飲める

富士箱根湧水仕込み

1人前(50g)×4袋入

アルコールは含んでおりません

江戸の昔、甘酒は庶民の飲み物として、
夏場のスタミナ回復やひとやすみの飲み物として、
大変良く飲まれていました。

お召し上がり方
①本品一袋(50g)を容器にしぼり出し、
水を70ml注ぎ、よくかき混ぜてから
お召し上がりください。

※氷を入れる場合は少なめに水を加えてください。

②お好みで、おろししょうがのしぼり汁や
レモンを加えてもおいしく召し上がれます。

③牛乳や豆乳、ヨーグルトに加えても
おいしく召し上がれます。

名称  あま酒
原材料 米麹、米、砂糖、食塩、塩化防止剤(ビタミンC)
内容量 200g(50g×4袋入)
保存方法 直射日光を避け冷所に保存
製造者 株式会社 伊豆フェルメンテ
      静岡県三島市八反畑134-6

栄養成分表示(1袋50gあたり)
エネルギー   96Kcal
たんぱく質   1.5g
脂質       0.1g以下
炭水化物    22.4g
食塩相当量   0.18g

皆様、夏バテと熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい。

40代は、更年期と猛暑でくたくたの夏を過ごしてきましたが、
今年は例年よりも体調はまずまずです。
薬を変えて大いに助かってます。
だけど、貧血気味の時には、
寝起きがしんどくて、目の周りのクマが一層ひどくなってきました。

そして、40代最後の夏。
今年はどんな夏になるでしょうか?
例年の猛暑は仕事を休みがちでしたが、
8月は体調がよければお盆まではがんばって出勤日数をキープしたいと思っています。

それから、昨日は久しぶりに20年くらい前に通っていた故郷の美術センターまで
ドライブしてきました。
当時のサークル仲間のHさんの誘いで、8月期間限定の水曜日
水彩画を楽しみたいと使用許可申請の手続きをしてきました。

なんとか体調崩さないよう、久しぶりの趣味活動に取り組みたいです。
---------------------------------------------------------------

2017/07/30 18:02 | 季節、気象 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲