日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
そんなこんなで10周年
2015年01月21日 (水) | 編集 |
遅まきながら、2015年初めての更新です。
おかげさまでFCブロクの開設当初から私のブロクも更新10周年。
10年ひと昔。
10年前は曲がりなりにも、社会人大学院生。
向学心と障がい児保育への情熱にまだまだ燃え盛っていました。

年末年始はほぼ、例年通りでした。
大晦日は人並みにお節料理作って家族と共にいただきました。
10年前には、母と二人だけのお正月でしたが、
今年は、傘寿の母を元日に招いて、3人のお正月。
にぎやかって訳じゃないけど、
独りより二人。
二人より三人です。

初詣を済ませたら、初雪が降り、現実早々極寒でした。
近所のそこここでは、玄関先に雪だるまもありました。

4日には独居の父を訪ねました。
そもそも3人家族だった父、母、私は、戸籍上はもう他人の関係です。
それでも、新年くらいは挨拶しなくちゃねと、気張って面しています。
診断によると、真面目系クズではなく、正真正銘の真面目人間みたい。
父は去年より食が細くなったせいで、痩せてましたが、やっぱり嬉しそうでした。
全うな父親らしいことはできない人でしたが、できる範囲で親孝行したいと思います。

仕事始めは1月5日でした。
今年は正月気分もあんまりなくて、お正月番組もあんまり面白くないし、
平常に戻るのを待っていた感じです。

年明けから親しい友人、知人からメールもあって、
「忘年会不参加だったから、新年会絶対参加してよね」
と念押しされ、私が女子会を企画する始末。
「ゆきんこちゃん」とおばさんになっても「ちゃん付け」の仲。
そういっていつも気にかけてくれる友って
ほんと、かけがえのない存在です。

この新年の女子会は、来週の予定です。

第2週目の3連休には、伊勢神宮へ内宮、外宮共に参拝しました。
昨年、20年に一度のお社の改築が済んだばかりで、ピカピカでした。
今年は、インフルエンザが猛威をふるっているせいか、
マスク姿の参拝者が目立ちました。
そして柏手を打って、願いはひとつ。
「皆が健康で、幸せでありますように」

伊勢に来るのは、実に、小学校の修学旅行以来でした。
記憶のかなたであまり思い出せませんでしたが、
伊勢名物の赤福のお店の前が賑わっていて、当時も変わらない印象が蘇りました。
神社の参道前に並んだ日本の風物詩らしい、ご当地の土産物屋の前を散歩するのって
ほんと楽しいです。

他には、2014年にし残したこと。
ダブルワーク先の就活。
先週13日、大阪へ出かけ、ネット応募の派遣先で登録を済ませました。
いい条件の派遣先、紹介していただけると嬉しいのですが、
2月から始業希望を出して、連絡待ちです。

それから、新年早々にちょっとした変化がありました。
翌14日、小学校の同級生Kさんの紹介で、
3年間通院した整骨院を変えました。

その経緯を述べると長くなりますが、
一言でいえば、T先生のゴッドハンドで劇的ビフォーアフターでした。
19日に2回目の施術を受けましたが、
3年間かけても治りきらなかった諸々の辛かった症状が劇的に軽快しました。
昨夜は、夢の中で、新しい整骨院のT先生が出てきました。
「おかげさまで、本当に良くなりました。ありがとうございます。」
とまるで劇的ビフォーアフターのラストシーンのように、感激して握手していたくらいです。
詳しくは、またの機会に綴りたいと思います。

あとは、2日からいつも通りのお掃除、お料理、お洗濯の繰り返しです。
年末に生クリームとチーズクリームを買ったので、消費期限までの間に、
クッキー、シュークリーム、チーズケーキなどを手作りお菓子にチャレンジして、バイトの同僚にもおすそ分けしました。

そんなこんなで、10周年の幕開け2015年。
いつもと変わらず、恙なくスタートしたところです。
いえ、元日★宮でひいたおみくじは、中吉でした。
はじめて、中吉というみくじをひきましたが、
新年から整骨院を変えるとは思いませんでした。
腰痛が激減しただけでも、とてもラッキーです!

スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2015/01/21 12:37 | 大学院 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
半年振りの大学院
2008年09月25日 (木) | 編集 |
昨日は、Fゼミに出かけると前置きしていたせいか、午後から身支度をしている最中にPさんから4回も電話があった。

3時30分には自宅を出て3年間通学した交通機関を経てJR神戸駅に降り立った。
5年くらい愛用してきたのびのびのバックパックには、チャンスがあればお見せしたい資料や書籍を詰め込んだ。
4時台の電車はまだ空席があるので、席に着いて
B.F.スキナー博士の小説『ウォールデンツー 森の生活 心理学的ユートピア』(1969誠信書房)の「12.保育室で(P97~)」から読み始めた。
電車に揺られていると、在学中の通学の電車のなかで色んな院生さんたちと親しくさせてもらったことを思い出した。

残念だったのは、第1志望の教育臨床心理コースの院生に限って、なかなか打ち解けられず、反対に
疎遠な感じさえしたことだった。
特に「緘黙症」のことを尋ねても芳しい反応は全くみられず、ちっとも親しげな感じを覚えなかった。
だから、他コースの院生たちからすると、教育臨床心理コースの面々だけが「あたしたちはあんたたちと別格なのよ」という妙に浮いた感じの特別な徒党にさえ見えた。

もちろん、私のジェラシーとやっかみが含まれていることは否定しませんが・・・

神戸駅には5時に到着した。
Fゼミの開始時刻は午後7時と連絡を受けていたので、まだまだたっぷりと時間がある。
そこで、地下モール街のデュオ神戸の地方物産展などを物色し、昨年、帰りがけに買い物をしていた
イズミヤハーバーランド店などで、差し入れしようと小1時間ほどショッピングを楽しんだ。

移動する際、お気に入りスポットだったスイーツハーバーの跡地は、子育て支援対策にリニューアルしたらしく、ファミリオという娯楽施設に模様替えされていた。
ありの巣エリアや絵本ライブラリーなど、ハード面では恵まれている環境だが、
だからといって、私個人の子育てのモチベーションがあがるのかといえば、相関しない。

所詮、豪華な施設ができても、自分の懐具合に子育てをする余裕がなければ、出産率が上がるどころか、スレスレの生計そのものが脱パラサイトを阻んでいる。
最近になって少子化大臣が任命されても、この20年対策が後手後手になって山積してきたのだから、やっぱり自治体の税金の使途が有効になっていないとしか思えない。

論文の総仕上げをしなければならなかった昨年の秋は、ストレス発散になぜかしら、買い物と料理・掃除などに走っていた。
それに比べて今年の秋は、、、またもや失業中
その理由は、この数年の酷暑を乗り切れなくなっていることが一番問題だ。

お買い得のクリームパンと紫芋チップスを買って地下から1階のエスカレーターに乗ったとき、
物珍しいコーナーが目に付いた。
「リラックスステーション新規オープン!!無料 トランセイバー健寿の健康回復コーナー」
「リラックス」「無料」という文字に弱いので、スルスルとためしてみることにした。

「あの、無料体験したいのですが。」
「どうぞ!!」
ありふれた椅子の上に腰掛け、フットクッションに足をのせた。
「両手を出してください。」
指示通りにすると、40代後半のセールスマンのS氏は電磁気のような機械を両手の平にあててブルブルと刺激した。

「どれくらい座っているのですか?」
「15分ね。今日、初めて?」
「はい。」
「そりゃ、ラッキーだ。毎日きたらいいよ。」
「遠方からたまたま来たので・・・次の予定は?」
「ん?あそこに受注したお客さんに営業だよ。」
予約客の名札は10名程度。
へ~!この装置のお値段40万円近くするんだよ!!

どうも思わせぶりな営業だな~
「健康1番!お金が2番!」
という売り文句で、並んで座っているお試しの他のお客さんたちにも座るだけで自然電位が全身を包み込んでさまざまの効果をもたらすことを宣伝した。

「それじゃ、このへんで。後で水を飲んでおいてくださいね。」
「ありがとうございました。」
15分経過したところで、トランセイバーの空席が埋まり、再び磁気解除のブルブル刺激を受けて、退散することとした。
身体が弱ってきたシニア世代や脳卒中などの中途障害者の心を揺さぶる商品だな。
ダメージを受けた人々の心身を癒す方法は千差万別あるけれど・・・

日没が迫り来る午後6時
いよいよ横断歩道を渡って大学院のフロントガラスを押し開けた。
「こんばんは。修了生のゆきんこです。今日はゼミにおじゃましにきました。」
「あら、どこのゼミ?」
「あ、N先生、在学中はお世話になりました。」
「まだ、(夏季)休暇中だからゼミをしている先生は少ないわよ。」
「いえ、院生さんにメールをいただいたので、もうすぐ。」
「ゆきんこさん、どの先生ですか?」
「F先生です。」
「F先生は・・・今日の予約受けていませんが。」
修了後も私の名前を忘れずに呼びかけてくれた事務担当のM嬢が便宜を払ってくれた。
「いつもは、7時頃小講義室でなさっているようです。」
「ありがとうございます。では、図書室で待機させていただきます。」

図書室に入室すると、殆ど違和感なく在学生の教職員たちが黙々とPCのキーを叩く音が響いてきた。
一度、部外者になると、PCのパスワードがないので利用できないし、コピーも専用カードを購入しないと利用できない。今度いつ再訪できるかわからないので書籍も借り出せないので、唯一、その場で閲覧するだけだ。

それでも、最新号の「行動療法研究」を閲覧して、即座にメモを走らせた。
臨床心理学コースの過去問題集も入手した。

30分経過した頃、昨年しばしば顔を合わせていた院生さんたちが入室してきた。
「あら、あなた?」
「お久しぶりです。在学中はご親切にありがとうございました。修了してちょっと立ち寄りました。」
「論文書き上げられたのね。羨ましい~。もうしんどくなってきちゃって、もう早く終わらせたいわ。」
「でも、終わってしまうと、ああ青春だったなと、ちょっと寂しいですよ。」
「そんなこと言えるなんて余裕あるのね。」
「仕上がった論文を読み返すと指導教官が尽力してくださったことがよくわかります。先生ご自身も
しっかり指導したよと仰ってくださいましたから。独りでは書けなかったと思います。」
「まあ~それも羨ましい!!私たち先生から全然ほったらかしなのよ。焦るわ~!」
「ないものねだりよ・・・」
黙々とキーを叩いていた女性がぼやいて会話に加わった。
「確かに、指導教官しだいで論文の仕上がりは全然違うと思います。でも、ちゃんと見てくださいと懇願したから私も我がままを聞いてもらったんですけどね。
先生によっては反対に敢えてほったらかしにして自分で研鑽するように指導なさらない方針なのかもしれませんし。」
「ないものねだり・・・」

年配の二人の女史が、困窮しながら論文を進める傍ら、行動療法研究を書写しているとFゼミの院生さんが入室してきた。
「I先生、こんばんは。今日は無理に押しかけまして・・・おじゃまさせていただきます。」
気のせいか、苦笑いでなんだかよそよそしいな。ホントにお邪魔ムシ?
やっぱり、院生でもない他コースの私が修了後も出没するのは迷惑なのだろうか?

今、オンエア中のスタジオパークのゲストは、FF(フォルティシモ)で1985年を風靡したハウンドドックの大友康平さん。大友氏は、バンドしながら教員になる道も嘗ては模索したらしい。進路に悩み、生徒と向き合っていく大変さを教育実習で経験し、結局、教員にはならずお笑い芸人になることも試行錯誤したとか。

続いて、入室した女性が接近し、歓喜の声で私の名を呼んだ!
「ゆきんこさん!久しぶり!今日来てたのね!!」
「ああ!S先生!私、夏休みにメールしたんですよ!」
「ごめん、携帯変えたのよ。」
「イソフラボンのめまいに対する効能を知りたくて」
「ああ、もちろん多少効果あるよ。イソフラボンって環境ホルモンだから。」
「イソフラボンは環境ホルモン?」
「うん。それで、仕事どうしてる?」
「それが・・・バーンアウトしました。」
「やっぱり私の予感的中ね。研究(の世界に)戻りなさいよ。」
「そういうS先生は?」
「がんばってるよ。月1回はまだゼミに来てるの。」
「へえ、もう修了してもまだ指導してもらっているのですか?」
「論文提出後も、まだまだ加筆修正があるのよ。講師の仕事も増えたから忙しくなったわ。」
「去年、あれだけしんどいしんどいって言ってましたけど、大丈夫なんですか?」
「うん。ちょっと楽になったよ。ありがとう。それじゃ、ゼミに行ってくるね。またね。」
「行ってらっしゃい。」

時計を見ると6時50分。
私も講義室へ移動してF先生をお待ちすることにした。

定刻を少し廻ってゼミ生のI先生・Y先生の後にF先生がお目見えした。
私は起立してF先生に一礼した。
「先生こんばんは。先日はありがとうございまし。ずっとお礼を申し上げたくて、久しぶりにおじゃましました。おはぎをもってきましたので、どうぞ召し上がってください!」
「ありがとう。どうぞみなさんで食べてください。私はドクターストップで食事制限しているのですよ。」
「ええ!去年までお菓子を持ち寄りしていたのに・・・」
「だから、それがよくなかったんだよね。」
「そうですか・・・」

おはぎだけでなく、クリームパンやコーヒーセットなど甘い持参品はなにひとつ差し出すことができなかった。
ゼミはお菓子を食べにくるところではないけれど、憩いの場所とずっと勘違いしていたのは私かな?
夏休み中、ブランクがあり2名のゼミ生さん方は、いよいよ論文の書き出し作業及びデータ処理の添
削指導を受けることになっていた模様。
特に、小学校のY校長先生はこの夏休みはほとんど返上だったそうだ。
やっぱり、善良なタフマンしかこのコースでは生き残っていけない。
だから、Fゼミの傍聴者を許容されてきた私が一番おいしいところ取りをしているのかもしれなかった。

Fゼミの場合、なんらかの療法や実践を行なう場合、まずベースラインをとる。
事前、最中、事後のデータを採集し、図表にして科学的指標に基づいて実証するのが鉄則である。
それでこそ、「何となく」の主観的経験知を誰もが認める客観的科学的に学術会で公表できるのだ。
これが、THE EVIDENCE BACED CLINICAL PHYCOLOGY というわけだ。

Y先生には
「問題の書き方に論理の飛躍がある。高齢者にはどんな問題があり、解決策にはどんな研究があったか?子どもの育ちにおいても同じで、双方がかかわることにはどんな意義・必要性があるのか流れに沿って説明し、先行研究を例示する。しかし、解明されていない点があり、実際に行なわれていない。」
I先生には
「実験的研究の場合、更に効果を確かめるには、3ヶ月経過、6ヶ月経過後というふうに実施してごらん。維持テストというんだ。やめた後も効果が残っているなら尚、完璧ですね。」

ゼミ生さんの資料に対する添削や指導助言はてきぱきと1時間あまりで終了したので、残り時間で特別なレクチャー&ディスカッションの時間になった。

「最近の親は、子どもをほったらかしにしている。娘が不登校になったと5ヶ月目で母親が相談しに来た。早くSSTやアンガーマネージメントをしないと大変な大人になってしまう。
不登校児が急増して、全国の中学校にあまねく臨床心理士が週1~2回派遣されるようになったが、出現率は減っていない。臨床心理士と教職員との協力・連携がうまくいっていないから、臨床心理士の評価が低い。プライバシーの保護や守秘義務があってセラピストから教員へ情報がもらえない。
海外はその日本の様相を見て、先進諸国のなかで不登校が多いのはおかしいと言っている。
ゆとり教育の弊害で学力テストなどの世界ランキングが下降しはじめて、経済界がクレームをつけた。結局、文科省の財源を割いて臨床心理士の派遣で不登校対策をしたのだけど、失敗したから臨床心理士の社会的地位が危うくなってきた。だから臨床心理士には学校教育界で重要なのだとその存在意義を示して欲しい。ところが、臨床心理士の認定協会は殆どが力動論者(精神分析学派)で占められている。河合隼雄氏が文化庁長官で君臨してくれているうちは見込みがあったが、政権が不安定だと、数年経っても臨床心理士の国家資格制が案件になったまま、流れてしまうだろう。心理療法は何がいいか、行動療法がいいに決まっている。精神分析では発達障害をちゃんとみれないんだ。最近は、PDDのワークショップ研究会を実施する研究者も増えてきた。きょうだいの不登校も増えて、どう引っぱり出すかが重要だ。まず、行事参加。小中高・専門学校と不登校が長引いて人とつきあうスキルが身につくとはとても思えない。20代にさしかかると取り返しのつかない可能性がある。小学生(0.03%)から中学生(2.67%)の不登校が8倍に急増する一因には、中学で給食がなくなることにある。とにかく日本全体がおかしい。ダメな国になった。核家族が崩壊し、金儲けに走った。3C(カー・クーラー・カラーテレビ)から家付き・カー付き・ババ抜きが叫ばれ、いかに生きるべきかを諭さなくなった。」

「先生、先日、杉山先生の講演会に出かけ、悲惨なお話を聞きました。杉山先生は今の日本の様相は20年前のアメリカに似ていると言っていましたが、現在のアメリカはどうなっているのでしょう?」
「アメリカでも麻薬、ドラッグ、高校生の性交などが横行したが、背景にはその国の文化や価値観がある。それにアメリカは法規制が厳格な国だ。」
「自由の反対には責任があると。でも、日本では自由ばかりで無責任になってしまった。」
「アメリカでは義務教育を終えた若者は家を出て自立するというお国柄は変わらない。」
「すると、今の日本が一概にアメリカに似ているとはいえないということですね・・・」

Y先生が話題を切り替えて、午後9時になった。
「それじゃ、今夜はこの辺にしましょう。あ、Pさんに宜しくね。」
へえ、PさんはよほどF先生に覚えがめでたいのだな。ついにファーストネームで呼んでいただくとは。
私なんかよりよっぽど相思相愛って感じ。
100回は面していないけど私などたった一回も名前を呼んでもらったことないのだ。
「先生、せっかく持ってきたので、よかったら持って帰ってください。」
「いえいえ」
お菓子を差し出したけど、2名の先生方もよそよそしく資料を片付けて随時、退室した。

EMビルの入り口でF先生に会釈したI先生が小走りで神戸駅へ向かって駆け抜けていった。
とぼとぼと神戸駅に辿り着き、新快速の空席に座ると、空腹感はすっかり通り越していたが仕方なくおはぎを食べた。

人間は感情の生き物ですから、いくつになってもパンドラの箱がひっくり返ってしまうのです。
もっとイヌを見習わなくちゃな。
---------------------------------------------------------------

2008/09/25 15:25 | 大学院 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
平成19年度学位授与式
2008年03月22日 (土) | 編集 |
春麗ら
今日から甲子園球場で選抜高校野球大会が開幕した。

公私共に、出会いと別れ、そして自分自身が内面と外面とが脱皮している今日この頃だ。


21日もうすぐ正午というギリギリの午前11時40分ごろPさんに電話をかけて出発した。
「おめでとう。今まで、3年間がんばったね。」
「うん。大学院に入学していなかったら、Pさんには会わなかっただろうね。
それじゃ、今から行ってきます。」

午後2時。
待ち合わせ場所は阪神岩屋駅
ぽかぽか陽気だけど、風力はいささか強めで交差点を行き交う人々の上着の裾をあおり、
ヒュウ~と音がなる。

しかし、お相手のSさんは運転中なのか、携帯がなかなかつながらず結局、落ち合ったのは
目的地の「兵庫県立美術館」

論文作成の真っ只中からテレビをチラっと見ては、開催中に絶対鑑賞したかった「ムンク展」に
学友のSさんを誘っていた。
なぜなら、「社会人大学院生」という特権が使えるのもあと10日。
どんな特権かといえば、学割の利く入場料だ。
一般社会人なら1000円だけど、学生なら前売り券を購入すれば700円。

まだ建てられて数年にもならないという真新しい美術館の3階へ入った。
「Sさん、ムンク好き?」
「嫌いじゃないよ。この前は日本画を見に行ったんだけど、私は洋画の方が好きやわ。」
「もしかして、神戸の浮世絵?」
「そう。洋画はサイズも大きいし、大胆だから」

平日の午後ならかなり人手も空くだろうと予想していたけど、案外多くの人々が鑑賞に訪れていた。
1年前には、Pさんとダリ展を鑑賞したのだが、どんな作品展に誰を誘うのかによって随分鑑賞のしかたは違うものだ。
Pさんは、何事につけ一度集中すれば、結構とことんのめりこむところが、ゆきんこのそれを凌駕しているな~と尊敬している。
鑑賞時間もじっくりゆっくり殆ど私語もなく一つ一つの作品を堪能しながら鑑賞していた。

Sさんと私の共通の話題は、大学院仲間同士でどうしても「研究」になる。
Sさんは、修士論文の作成と同時進行で3月上旬に、博士課程の受験を終えて進学先も決まったところだった。
だから、話題は目の前の「ムンク」の作品に集中できず、且つ鑑賞者の数が多いと気が散ってしまったことが、かなり残念だった。

本当にゆっくり鑑賞したいなら独りでくるべきかもしれないけど、そもそもかしましいからやっぱり
誰かを誘って、その場で見たまま感じたままを述べ合える友人と鑑賞したいのが、ゆきんこ流。

本物を直に眼にする醍醐味は、ブラウン管や印刷物からは感じ取れない、作品そのもののオーラや
アーティストの筆の質感をとらえることができることにある。

ムンクの「フリース」には、ムンクならではの筆づかいだけでなく、やっぱりあふれ出てくる何かがあった。
そのあふれ出る何かというのは、一言でいって「カリスマ性」というのかどうか適合することばは
見当たらない。
「職業的にはアーティストと研究者って似ているんだって。」
「テーマに沿って何もないところから順序立てて作品に仕上げていくものね。」

確かに、人を惹きつける魔力というか、魅力というか目に見えない「それ」は何だろう?
やっぱりオーラですか?
若き日のムンクは、漠然とした不安と死と隣り合わせにある生を描き、寧ろそうした作品が彼を有名にしたのだろう。
だけど、私は年を経て明るい色彩でおおらかに描かれた作品の方が断然好きだ。
清清しい空の青と緑、憩いの公園で抱きあう男女のモチーフは安らぎを感じる。

因みに、私自身の論文自体も、加齢と共に自身のキャラクターの変化も織り交ざってきたように思う。
1作目の学部生時代は、「生き方についての一考察」というテーマで、病気、自殺、殺戮のノンフィクションを取り上げた実にネクラなディスカッションで検討した。
今回3作目は、1万年も共生してきたイヌが子どもと大人をつなぎコミュニケーションを活性化する一助になるだろうという観察データを収集した。

ショップでは「不安」というタイトルの絵葉書を1枚100円で買った。

Sさんの車で移動し、最寄のマクドでハンバーガーを食べた。
それから、午後5時30分。20日ぶりに海沿いの大学院へ到着した。
修了式1時間前の館内は、いささか厳かな雰囲気に包まれていた。
ガラス扉を開けて毎回挨拶を交わしていたMさんも濃紺のスーツ姿だ。
「こんにちは。その後かぜはどうですか?」
「ありがとうございます。でも、花粉症はもう10年くらい毎年・・・(笑)」
「あ~、花粉症じゃない人の方が珍しいかもしれませんね。
修了しても出没すると思うのですが、もうお会いする機会が少なくなるのは淋しいですね。」

おさわがせ大学院生だったゆきんこ。
年若いのに凛としたMさんにいつもご厄介をかけては、私語も挟んでちょいとコミュニケーションを楽しんでいた。
お陰で、PさんだけでなくMさんもよく笑って接するようになった。

ここからが、最後の最後まで大学院生魂の抜け切らないところ。
お決まりの図書室のテーブルの端にカバンとコートを置くと、
まずは、常連院生のNさんの隣に腰掛け、PCの暗証番号を入力した。
「もう来てたの?先日はありがとう。その後、どうなった?」
「どうって何も・・・」
「じゃあ、アルバイト登録?」
「うん・・・多分ね。あなたは?」
「4月から働くよ。」
「決まったの?」
「うん。もう保育所じゃなくて今度は18歳以上の障害者の施設。」
「ふ~ん、よかったじゃない。」
「ありがとう。ところで、入ります?」
「何が?」
「『結婚しましたハガキ』作ったんだけど、もし迷惑なら受け取ってもらわなくてもいいし。」
「ええ、まあ、どっちでも・・・」
どっちでもという返事の場合、通常判断に迷うけど、Sさんと共に論文作成の渦中を共にした
同世代の印に手渡すことにした。

それから専門学術誌を陳列したコーナーの4月号を物色したり、いつもは目を通せなかった臨床心理学関連の文献の目次をざっと見て、関心の高い項目をいくつかコピーした。

面識のある人にはもちろん、Pさんが手作りしてくれた私の真新しい名刺を配れるだけ配った。
「3月3日に名前が変わったので、それも兼ねて・・・」
「あら、ホントに名前変わって結婚したの!それはダブルでおめでとうございます。」
そういえば、狙ったわけでも何でもなく、婚姻と大学院修了は殆ど同時に押し寄せた人生の2大イベントには違いなかった。

他コースで殆ど会釈しかしていなかった遥かに年配の同期の修了生の方々も新姓になった私の名刺を快く受け取ってくださった。
「まずはHPにアクセスしてください。それから、できましたら掲示板にコメントも御願いします。」
こうして、名刺を配布していたら、1時間はすぐに経過してしまった。

6時30分。
式典会場の講義室4・5に移動する人々が次第に集まった。
入り口で事務係りの方に学籍番号と名前を告げると、パンフレットをもらった。
なんと各コースごとに指定席になっていて、私は最前列の7番目だった。
真正面は教壇に金屏風、向かって右端に学旗と左端には、日の丸が掲げられていた。

「いやだ~・・・一番前なんて」
既に中央に陣取っていた2番目に在籍数の多い生活・健康系コースの面々は余裕でスタンバイしていた。
しかも、5分前になっても同じコースのMちゃんもY先生も姿を現さなかった。

事務連絡がアナウンスされていた開始寸前に、両隣の同期生も着席した。
「おめでとうございます。すごいですね。ご結婚も決まって。」
「既に2児のヤンママのあなたに言われたくないわよ。」
「これから子どもはどうするんですか?まだ産めますよ。」
「それも、セクハラオヤジの台詞!パシッ!!」
そのはしたない暴言と同時に博士帽のいかめしいお偉い先生方が参列して目の前を通過された。

午後7時。会場は静寂に包まれて、「平成19年度学位授与式」が開式された。

式次第 開式の辞
     学位記授与
     学長式辞
     修了生代表挨拶
     来賓紹介
     閉式の辞

学位記を授与された社会人大学院生は総勢50名
そのうち、ゆきんこの所属する幼年教育コースは6名だった。
学長のK先生が花粉症で喉を痛めておられるのをおして、一人一人丁寧に読み上げて、厳かに
授与してくださった。
「おめでとうございます。」
「ありがとうございます。」

続いて、学長式辞
「皆様に餞のことばを2つ申し上げます。ひとつは昼間の大学院生へ、もうひとつは学部生へ贈った
餞のことばです。」

クリスチャンでもあらせられる学長のK先生は、ひとつめに「最澄」の教えをわかりやすく説いてくださった。
足元の自身にできるささやかなことを責任をもって行うこと。
現行の政治に象徴されるように、大事業や壮大な構想があっても、実行できなければ多くの人々を混乱させるだけである。
しかし、どんなに小さなことでも自分のできることを確実に実行し、責任を果たすことが肝要なのだと
説いてくださった。

2つめには「REFLECTION」自省、ふりかえるということ。
社会人大学院生として入学するまでの道のり、学業を終えて歩き出す道のり、
その岐路に自分自身の生涯学習の過程をふりかえることが大切だ。
常に振り返り、心を耕すことしてほしいと説かれた。

10年前の修了式の祝辞のことばも蘇った。
そのことばは「Think Glovaly Act Localy」だった。

式が終わるや否や、職場では教鞭を執る方々も役割変わって「先生も学生」の修了生たち
とりわけ、多数派の教育臨床心理学コースの袴姿艶やかなセラピストの女性陣が、
金屏風の前でデジカメ撮影を躍起に始めた。
両隣のMちゃん、Y先生ともデジカメ撮影したあと、彼女たちは所用で早々に引き上げた。

幹事係りの在校生たちが、懇親会の隣室に案内するが、なかなか移動しない。
数十名の人々を統制するという仕事は同業者同士でも儘ならないものだ。
ましてや、「テメエのいうことなんかききたくねえんだよ」という方々を相手に束ねるのはどんなに骨が折れるだろう。

廊下で幼年コースの諸先生方に挨拶して、ようやく指導教員のY先生にもご挨拶した。
図書室に戻って、Y先生に改めて『結婚しましたハガキ』を手渡した。
幼年コースの在学生の先生方が、会を進行してくれた。
まずは、紙コップに飲み物を注ぎ、全員で乾杯!

「ゴンタくれですみませんでした。」
「いやいや。」
「すみません。夜は私一人なのにわざわざ来てくださったのですか?」
「一人だってゼミ生だからね。」
「お忙しいのにありがとうございます。夜は私1人でしたが、昼のゼミ生さんは4名でY先生はとても大変だったと聞きました。」
「あ、わかってくれた?」
「はい。私1人でも大変だたったのに、全員で5名だったのですから・・・」
「まあ、留年生が2名いたからね。」
「先生もようやく肩の荷が5人分降りたのですね。」
「ホント、そうだね。」
「ご心配をおかけしましたが、就職も決まりました。」
「そう!いや~よかったね!!」
「はい。今度は障害者の授産施設で正職員として採用していただくことになりました。」
「正職員か。前の専門学校を紹介したのも無駄ではなかったのかな?」
「いえ、とんでもないです。先生が敢えて私の腕試しにと白羽の矢を立ててくださったにもかかわらず、結果として不適任だったのですから・・・
あの転職と転居がなければ、結婚もなかったと思います。」
「新婚生活はどうなの?」
「まだ当分は実家にいて、私の仕事が安定したら新居を探すことになっています。
今回、先生のご指導で子どもと大人というテーマで論文を書かせていただきましたが、
改めて自分は大人なんだろうか?まだ子どものままなんじゃないだろうかとことば1つ1つの字義にも
ますます疑問が募るようになってきました。でも、4月からは田んぼを耕します。」

はてさて、宴もタケナワとなってきたころ、ゆきんこの目標に向かっての行動を起こすときがやってきた。3年前初々しかった入学の頃からすると、殆ど「不安」を感じることも少なくなった、いや、相当面構えも厚くなったオバタリアンかもしれない。
会場の両脇に各コースごとにかたまって会食しているので、自ずとお偉方数名のコーナーは閑散としていた。そこへ、さも無邪気にゆきんこおばさんはこの会場で、いや、恐らく日本の教育界において最強の権威を誇るその方に声をかけた。

「あの、K先生失礼致します。」
「名前が変わりまして、新しく名刺を作りました。お受け取りいただけませんか?」
「どんな活動をしているのですか?」
「はい。2006年に発足した新しい会ですが、当事者の方々も保護者の方々も学校現場で大変お困りのようです。先日もある保護者の方から一人ではお子さんのことを学校へ要望するのはとても勇気がいるそうで、私も同伴で学校を訪問しお話を伺ってきました。幸い、特別支援学級の先生が大変真摯に応じてくださり、貴重な対談ができたと保護者の方にも喜んでいただいてきました。」

学長のK先生も親身に傾聴してくださり、「名刺を介して」朗報を伝えることができた。

さらに、ひときわ盛り上がりっぱなしの教育臨床心理コースの面々が集団撮影を終わった直後、
介入した。
まずは、EMDRの第1人者であるI先生に渡した。
手渡した瞬間のI先生からの確たるリアクションはなかった。
しかし、全く知らないというわけでもないI先生の微妙な反応を私なりに感じ取っていた。
所詮、自分の範疇にない障害には、「プロトコル」という専門語をはじめとする不可解な分厚い専門書監修の第1人者といえども、こんな感じなのかもしれない。
「すみません、臨床コースの修了生さん方ですね?」
「はい。」
私は名刺を次々と差し出し、挨拶してHPへのアクセスとコメントを求めた。
「どうか当事者の方々のために論文を書いてください。支援者を募集しています。」
そこで、どうして質問なり、興味・関心の反応がないのだ!?
君たちは、臨床家なんじゃないのか!?

もちろん、修了式後の懇親会という場所で名刺を配るのは場にそぐわない行動なのかもしれなかった。
でも、私がこの夜の大学院で現役生として振舞える最後の活動だった。
何だか無神経・鈍感そのものに見えるこの人たちが「臨床心理士」だなんて私の偏見だけど全く信じられない。
だって、被虐児だった私はいくつになっても振りかえる度にいつだって高感度でセラピストを品定めしているのだから。

「終わった・・・」という感じ。
それは、子ども時代の無邪気な達成感とか、突っ走った後のランナーの爽快感とは違っている。
結婚や、修士号の取得、新しい出会いと就職
いつになく「おめでとう!」といってくださる方々の笑顔が連呼され、コダマしている。
本当にありがたく、嬉しいことだなと感謝の気持ちでいっぱいだ。
今までの苦しかった泣いてばかりいた日々が嘘のような、一体、皆さんは誰に祝福と賛辞を贈っているのだろうか?
憂いに満ちた過去には、私は人々の幸せを心から喜ぶ人であっただろうか?

でも実は、なぜか素直に喜べない、気がかりなことは表面の慶びごとの背後に渦巻いているからなのかもしれない。
「禍福は糾える縄の如し」

明日の今頃は、6日間日本をエスケープするのだから、そろそろ旅支度を始めよう!















「P






---------------------------------------------------------------

2008/03/22 15:01 | 大学院 | Comment (4) Trackback (0) | Top▲
ココロメーター
2007年11月02日 (金) | 編集 |
11月はじめの社会人大学院。

先程、11時30分頃帰宅して、忘れないうちに書いておきたいけど、
眠気がさしてきた。

6時限目の特別支援教育基礎論では、キュートな年下講師のI先生の第4回目の特別支援教育の歴史の最終回。

第2次世界大戦後、日本はアメリカの占領下において戦前の誤った教育の改革を迫られた。
学校教育法の文言には、義務教育として盲・聾・養護学校が当たり前に
謳われるようになったが、施行は後からついてくるのが歴史の常である。

また、障碍種別によらず歴史に名を残す発端となってきたのは、
有史以来、社会的弱者であり続けてきた当事者自身よりも、その保護者たちの運動や提言によって、社会や歴史は動いてきたのだ。

これも、ABAにおいては、オペラント行動の最たる勇姿といえるのかもしれない。
あるいは、コミュニティ心理学的には、アドヴォカシー(代弁者による提唱活動)と換言できるだろうか??

講義終了後、タイムリーに私はカウンターから持ち出したチラシを講師に渡した。

「ああ、緘黙症ですね。F先生から聞いていますよ。
特殊教育学会で私は役員をしていましたが、当日シンポジウムは盛況でしたね。
私も学生時代、お会いしたことがありました。学校では全緘黙でしたね。」

「いつの時代も現代においても、日の当たらない分野というものがあるのですね。
チラシをこうして現職教員の方々に配布していますが、なかなか先生のように関心をもっていただけないのです。」

「そうですね。実際にかかわった経験がなければ、どうしても関心事に
ならないのかもしれませんね。」

「シンポジウムでは、是非、教職関係者の会員を募集したいと思って活動しています。どうぞ宜しく御願いします。」

ちょうど1年前にも類似した科目「障碍児心理学」の講座でも吃音の当事者会のことを学んだ際には、講師のT先生も既知のところとなっていて
「かんもくの会」の後ろ盾になってくださったF先生からの進言に
よるものだった。

さて、7時限目に厚かましく部外者でありながら出没しつづけている
居候3年目のFゼミ。

今夜、F先生は先週に比べるとかなりお疲れで笑顔の頻度が少なく
ややご機嫌斜めだ。

「・・・どうも、行動分析学的な思考回路が身についていないようですね。」
Fゼミの門下の院生のY先生とI先生が、事例の男の子が「暗闇を怖がる」
という問題行動の解決案を話し合った。

そこへ、ゆきんこが口を挟んで、
「トンネルを抜けるとそこには・・・」
「あ~、そんなんじゃ、ダメダメダメ!
もっとスモールステップ・スモールステップで確立操作を考えなくちゃ。系統的脱緩作法で、徐々に徐々に」

3人寄れば文殊の知恵といいたいが、
なかなか男の子の「暗闇恐怖症」へのアイデアが出てこない。
素人感覚は、課題分析やらスモールステップの段差を作るのが、
ABAのプロから見たら、粗すぎるのが常なのだ。


I先生が先週、F先生から拝借した研究の神器「ココロメーター」を
取り出した。

「ココロメーター」とは、
唾液中のアミラーゼ濃度を測定し、その測定値が高いほどストレスが
高くなるという、ストレスマネージメントに一躍買う測定器なのだ。

その場で、舌と下あごの間に、唾液を検出するチップを挟んで待つこと
30秒。

それから、ストレスチェック表のアンケートに記入し、測定値との
相関度を試してみた。

結果は、相関なし。
「つまり、ストレスの高い人はチェック欄の「はい」の数が多く、
ココロメーターの数値も高い。」
という仮説が実証されることが理想なんだけど、3人で試して数値の相関に一貫性がなかった。

「おかしいな~。」
「どっちがおかしいと思う?測定器か、チェック表か」
「メーターじゃないですか?」
「いや、チェック表のはずだ。」

今回、ゆきんこの突拍子もない(根拠のない)発言は、
F先生とまるでずれていた。
仕方がない。
まだまだ当てずっぽうなこと言っていたら、ABAのど初心者の域を出ていない。
あ~、これって無知の知なんだな~

そろそろ布団に入ります。
おやすみなさい。

---------------------------------------------------------------

2007/11/02 00:31 | 大学院 | Comment (1) Trackback (0) | Top▲
Let's Nuts !(レッツ・ナッツ)その2
2007年10月11日 (木) | 編集 |
自分を怠けさせるのも、頑張らせるのも自分次第?
でも、自分でがんばるには限界もあるので、それなりの条件が必要?
例えば、自分が好きだと思える指導者や年上の人間には、自然、素直に従えるだろうか?
年上で知識の豊富なヒトであっても、尊敬できず、好きになれなくて反抗してしまうこともある。

逆に自分よりも後から生まれた人でも、自分よりも秀でた才能の持ち主であれば従うべきか?
年功序列が崩れ去り、年下の上司に使える機会が増え、
滑舌の悪くなってきた両親に、「老いては子に従え」などど言えるほど
立派に自立していない。
・・・と平日の真昼にPCを叩きながら思う。

9日(火)に夜の大学院で、修士論文の指導ゼミがあった。
相棒で某私立幼稚園後継者のTさんも遅れて参加し、険悪ムード漂う
Y教官とゆきんこの間に緩衝材としていてくれたので大助かり(ほっ)

そもそも、遡ること2006年6月、緘黙症に関心をもち、
社会心理学者のY先生に相談したところ、専門外の上に、
対象者もいない前代未聞の研究は、あなたのレベルでは到底無理!
とケンモホロロに却下され、7月から観察記録データを収集しはじめた。

それ以前から、生々流転の保育所でバーンアウトして、プーおばさんになり、
3月にY先生に紹介された転職先も蹴り倒したのだから、指導なんてしたくない憎たらしい徒弟であって仕方ないはずだ。

自分の儘ならない生活をぼやくのはいい加減にしよう!
それもこれも、「自己責任」なのだから・・・

それでも、コツコツ溜めたデータを只今、清書してまとめる作業に入ったが、ヒトも含めての動物の行動ときたら、なかなか「カテゴリー分類」しにくいものだ。
憎たらしい徒弟の稚拙なデータだろうと、納得のいかない中途半端尚且つ独りよがりで自分勝手な、「分類」というのは御法度になっている。

物理学に肖って、モノをココロに置換することによって始まった心理学は、常々「それはあなたの解釈でしょ?」
「自分勝手な思い込みでしょ?」
という突っ込みから免れない。
私の修士論文など、50%の架橋に入ってきて、「やっぱり稚拙だ・・幼年コースだもの。」
と自分の実力の限界や先行きが見通せてきたけど、自己満足に終わらない論文に仕上げるには、もうちょっとの辛抱が必要だ。

で、レッツ・ナッツのその2です。
プーおばさんの、エンゲル係数を下げる技。
でも、ゆきんこは単純に食べるのが大好き。
昨日も一駅電車に乗って、昨年会社の同僚だったKさんとランチしてから、付近の商店街をぶらついて、つい衝動買いしてしまった・・・
いけないな~、
煩悩を払って倹約しないといけないのに、
仕事の柵から解放されると、享楽的になってしまいます。

ゆきんこおすすめのナッツその2の紹介です。
「さかなっつハイ!」

日本人に不足しているカルシウムとマグネシウムが理想バランス(2:1)に近い形でバランスよく含まれています。
DHAもたっぷり含まれています!
カリッとアーモンドとあっさり脱脂ピーナッツ
国内産100%の小魚ミックスがとってもおいしい。

原材料名 
アーモンド、いわし、落花生、植物油脂、砂糖、食塩、ゴマ、トレハロース、水あめ、魚介パウダー、香辛料、香料、調味料(アミノ酸等)ビタミンD

内容量 10g×25袋

製造者 東洋ナッツ食品株式会社
    〒658-0023
    神戸市東灘区深江浜町30番地

この食品は、大学の図書室で気前よく知らない院生さんたちにもばら撒いて奉仕してしまい、あっという間になくなってしまいました。
そろそろ、夜の学校へ行かなくちゃ・・・

to be continued 「Let's Nuts その3」










---------------------------------------------------------------

2007/10/11 16:52 | 大学院 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲