TOP   Main   ALL   RSS   Admin

幼児の記憶


8月も今日で終わり。水面から顔を出すカレンダーの
バンドウイルカくんとも今日でお別れだ。

朝はタオルケットを肌蹴ていると
クーラーなしでもひんやりという感じ。
起きて室温をみると26℃だった。
3歳児クラスのアルバイトの常駐の先生が熱のため
お休みで、ピンチヒッターでお手伝いに入った。
いつも代打っていうのも、本当のところは
プレッシャーだ。雇い主はアルバイトを本当に
都合よく使い捨てているのに呆れて、
口角が下がってしまう。

目の前の子どもたちがけんかしたり、
なついてきたりと、なんやかやの諸々の行動をすると
時給が安いからといって目を離して知らん顔するわけにもいかない。
そこが目に見えて評価されにくい保育士の辛いところだ。


以前、1度同じような状況で7月の初めごろに半日
一緒に過ごしただけだったのだが、子どもたちの
何人かは、「ゆきんこせんせい」と近寄ってきた。
「あれ、先生の名前、知ってたの。嬉しいな」
「せんせい、からいの食べて」
「せんせい、あっちの露天風呂入りや」
「ありがとう。みんな親切やな。」


お片づけの時間になっても、夢中で砂のお料理を
しているココロちゃんに、年配の非常勤の保育士が
「もう、何回言うからわかるの!」と
彼女の両手からお皿とスプーンを取り上げた。
こんな些細なシーンもわたしには、恐いな~と
思えてしまう。

1時の午睡の時間、加配のT先生に追われて
遊戯室に駆け込んできた5歳のRくんが、わたしに抱きつきにきた。
「先生、お願いします。」
「じゃあ、Rくん。ゆきんこせんせいとねましょう。
何分に眠ったか、起きたら教えてあげます。」
Rくんは、安心したのか納得したのか、
わたしが添い寝してトントンすると20分ほどで寝息を立てた。

師匠(といってもWEBから出ない間柄で、しかも一方通行)
のABAの法則に則って目下試行錯誤のわたしだが、
「問題がある」と思われがちな子どもほど、冷静沈着、
穏やかで寛容な態度でかかわることが鉄則という
自負心は、こうしたささいな積み重ねで確実になってきた。
他のどの保育士にも決してほめられなくても。



「今日は、セミの鳴き声聞いた?」
「ううん。」
「じゃあ、これからは秋の虫探しだね。
 せんせいの家ではリーンリーンって鳴いてるよ」
「わかった。鈴虫だ。俺の家でも鳴いてる」

帰り道、いつもの綺麗な舗装された歩行者通路の脇に
細い街道を見つけた!この町のロケーションは知り尽くしている
つもりでも、未知の通路を見つけると新鮮で得した気持ちになった。
わたしの方が名前を覚えきれない何人もの子どもたちが
「ゆきんこせんせい」と呼びかけてくれたことが
何よりの今日のご褒美だった。

スポンサーサイト


 

衆院選公示


2005年衆院選が今日公示された。
午後8時岡田氏に続いて「そうはいかんざき」氏がクローズアップで
「党首に聞く」という番組インタビューに応じている。

昼前から雲行きが怪しくなり、雨が今も降り続いている。
ある新聞の記事を見てわたしは母に声をかけた。
「障害者の割合が国民の5パーセントって多いかな?」
「多いよ。1億の20分の1でしょ。」
「ざっと500万人」

景気もよくならないし、お気に入りの専門家、つまり
わたしが大学院の門を叩くきっかけを下さった先生の
最新ブログの受け売りだけど、
「ヒューマンサービスに価値を見出そうとしない
わが国のシステムで、プロとして安心してご飯を
食べられない。」
それが、正しくわたしの仕事。

今日は、赤ちゃんたち7人と保母さん3人で1日を過ごした。
お盆の前には、数歩歩いたら、身体がふらつきしりもちを
ついていたYちゃんは、乳児室から廊下を10メートルほど歩いて
遊戯室まで歩けるようになった。
わたしの人差し指をぎゅっと握りしめて。

もう少しすれば、Yちゃんはわたしの人差し指など不必要になる。
けれども、日本の中には、人差し指どころではない
多くの支援を必要としている人たちが、目白押しなのである。

別のサイトでは、特別支援教育のプロに必要な知能テストの
講習会の案内がされていたが、2日間で3万円だなんて、
支援する前に、わたしの財布が空っぽになってしまう。

8月のはじめから地域の図書館で借りてきた
「EQこころの知能指数」をかじり読みしている。
そのなかで、EQの高い人は、長期目標に向かって
忍耐強く精進し、報酬を先延ばしにすることができる。

忍耐はともかく、いくら待っても報酬の期待できない
業界だと、師匠がコメントしたからには、
選挙でどんな結果が出ようとも、いつか景気が
回復しようとも、大学院を修了しようとも
やっぱり負け組、ビンボー決定!って感じで
メランコリックになる。
「好きならできる!」って言ったから
10ヶ月間予備校に通ってあんなに臨床心理の勉強もしたのに・・・・

そういうわけで、バンガローの夜の
「もうパラサイトはやめてひとり暮らししてみたら?
 お母さんがもっと年老いてきたら、出られなくなってしまうよ。」
というIさんの助言が、とってもジレンマ。

今夜も気晴らしに「♪BRUE STAR」を口ずさんでみよう。






 

鱗雲?羊雲?


今年の猛暑もそろそろ終わりの気配。
沖縄に夏期休暇で旅行に行った同僚の話では、
沖縄よりもわが地域の方が断然蒸し暑かったらしい。

わたしの友人や知人も数名ブログを作っているのだけど、
内容があまりにも独りよがりだったり、高度に複雑すぎると
ブログやメールの段階でも、なかなか共感したり、
興味をもったりしにくいみたい。・・・って気がした。
逆に言えば、ブログを作ろうという人々も
地球に住む人々のほんの一握りなのに、その一人一人の
世界も果てしのないものなのだな~。

バンガローで過ごした翌朝、自転車を走らせ帰路に
向かう途中、お気に入りの自然公園で
蜻蛉を目にした。

今日の保育所は、職員も子どもたちも休みが多くて
比較的のんびりしたムードで一日を過ごした。

わたしは保育士といっても、契約期間残り一ヶ月という
エキストラにもかかわらず、
その業務内容は、その実、所長や主任に類似している。

今日みたいに閑古鳥がなく日は、職員室にいる時間が長くなる。
1ヶ月前から、主任に頼まれてお誕生日カードを
暇暇に作ってきた。ノルマは120枚。

子どもたちは、こういう暇そうな大人のそばに
寄って来ることが間々ある。
そして、今日はおやつのあとの4時ごろには、
Tくん、Jくん、Rくん、T2くんなどで窓際の
2畳ほどのおもちゃコーナーが賑わった。
彼らはいずれも、「発達障害」と診断されていて、
ことばが遅れていたり、コミュニケーションが
取りにくい坊ちゃんたちだ。

なぜだか知らないけど、
通じてるかな?というあやふやな感じで
わたしは、彼らとかかわらざるを得なくなる。
「視線は合いにくい」と言われている彼らは、
カード作りを黙々としていたわたしの顔を
じっと見てアプローチしてくる。

いきなり「あぎょう」といって
「あしたてんきになあれ」の絵本を差し出してくるJくん。
おもちゃのフライパンに色紙をちぎって
「おりょうり」とつぶやくSくん。

「TのTOせんせい!」
「Tくん、TO先生が好きなの?」
「TのTOせんせい!」を何度も繰り返すTくん
「わかりました。」
わたしの最後のセリフで彼は納得してそのことばを切った。

慣れているつもりでも、ひとりひとりの自閉ちゃんたちは
みんな違ってややこしい。ブログの世界があまりにも
複雑で多様なのと同じだ。

わたしの自閉症のみなさんの理解の仕方は
感覚的なものだから、なかなか一般のみなさんには、
到底、ブログでは伝えきれないもどかしさがある。

夕方になり、彼らのお母さんたちが迎えに来て
所長と二人きりになった。
「お盆のころに比べると暑さがましになった気がします。」
「なんとなく秋の気配になってきましたね。」
「そうですね。地球は、回ってるんだって思います。
季節の変わり目をはっきり感じない国もありますよね。」

退勤時刻を過ぎて、門を出るとき、青空に
入道雲ではない、薄い小さな斑点状の雲が目の前にあった。
わたしは、その雲を自転車で追いかけながら帰路を走った。

始めたばかりのブログ、誰の目にも
留めてもらおうとは思っていない。
始めたことは、友人知人に知らせたものの、
アドレスは伝えていない。
どこの誰かも知らない方が気が休まるからだ。

メールとブログと誰にも見せない手書きの日記は
こんなにも内容が違っているのも驚きだ!
何いってるのかな?










 


昨夜から、今日のお昼にかけて2年前から所属している
NPOのキャンプに行ってきました。

6日ぶりに保育所に出勤すると、気分は少し新鮮です。
玄関の巣箱の九官鳥にまずは、ごあいさつ。
「タロウチャン、オハヨウ」
朝のミーティングが終わって、はじめに挨拶してくれたのは、
1歳3ヶ月のSくん。わたしを指差ししてにっこり。

赤ちゃんの記憶力ってどれくらいかな~?
7ヶ月のRくんは、このごろ人見知りするようになって
きたのですが、1週間ぶりに会っても泣かれずに済みました。

多くの現役学生さんたちのバカンスと違って、
勤労学生は、時間も限られているし、
まあ、あんまり楽しいことばかりじゃない。
ホントは、いやなことの方がずっと多いくらいだ。
けれども、多くの学生のみなさんに垣間見てもらってるのは、
意外な発見で、なんだか嬉しかったです。

ここで、母の差し出したおやつのプルーン入り寒天を
一口。

今年2月に生まれた6ヶ月のYくんは、
水遊びの金盥の中で初めてお座りが
できるようになり、初期の離乳食が食べられるようになった。
赤ちゃんは、毎日どんどん変わっていく。
ミルクは何時に何ml飲んだ。何時から何時まで寝ていた。
今日ははじめて、こんなことができた。
ウンチは、何色だった。そんなことも細かく書く。
体温調節も生まれたてだと難しく朝夕に検温する。

しかし、残念なことに虐待件数は、増えている。
20代前半の「できちゃった婚」で、
子育てがめんどくさくて、育児放棄(ネグレクト)を
するケースが多い。
20代は遊びたいのは当たり前。だから、代わりに
おばあちゃんに預けたり、保育所の保母さんに
見てもらうと楽チンだから、そのために仕事を見つけて
ず~っと保育所に預けっぱなしになる。

パパ、ママが知らない間に赤ちゃんは、
一瞬、一瞬に何かを発見して学習している。
1歳3ヶ月のSくんは、水道の蛇口を捻ると水が
出てくることを発見した。

ところで、職場の人間関係と違って、
ざっくばらんに話ができる利害のない仲間と
深夜に話しまくっていると、自分の思い込みや
固定観念に囚われているということも再発見する。
これは、20代だろうと、年老いたとしても
関係ないし、いつどこでともその時期は、
わからない。

定時に仕事を終えて、自宅に帰り、
自転車で1時間余り野外センターへ向かう。
午後9時バーベキューを終えると、バンガローに入り、
わたしは、ブログに書いた集中講義の内容を仲間に話してみた。
「やっぱり、学者のいうことって現場とは乖離してるよね。」
「家を一度出てみたら?」
「あなたのことをきちんとわかってくれる大人の女性に
会わなかったんじゃないかな、今まで」
「本の中身はタイトルだけで、判断しちゃいけないよ。
 ちゃんと中身を読んでみたら、案外面白いことって
あるじゃない。」

仲間は、お菓子を食べながら、次に何か新しいことを考えていた。
誰だって、好きなことなら報酬はなくても、
自分からどんどん突き進んでいくだろう。
それを究めてプロになり、生きていけたらどんなにいいだろう。
そんな共通の仲間同士が、そのままプロジェクトを組んで
仕事仲間になったら、辛いことも励ましあって乗り越えていき、
従来のギクシャクした関係ではなくなったらなあと思う。















 

Image


深夜から、夜明けにかけて断続的に頭の上で鈴虫が鳴いている。

台風11号は、接近しているものの警報は出なかったので、
集中講義の最終日は、予定通り行われた。
後期授業の申請書類を受け取るために
電車に乗る前に、子育て支援室に出向いた。
重職にあるSさんがすぐに気づいてくれて笑顔で会釈した。
階下に移動し、印鑑を押してもらうと、
わたしは一礼し、市庁舎を出た。

電車の中で、2003年の夏に旅行したケアンズのガイドブックを
かばんから取り出して、少し気分転換する。
4日間で、合計23時間3人の教官にいろんなことを
一気に詰め込まれたが、それを自分なりに要約すると、
今、我々は長い地球という天体の人間の歴史の中の一点に
いるに過ぎないのであって、いつの時代も珍問、難問、奇問があり、
それを解決したり、改変したり、もがいたりしながら、
地球はいろんな命を乗せて回ってるんだってことかな。

将来「教育」「学校」ということばが、古語、死語になった時代を
想像してみよう・・・というお題を、隣前後に座り合わせた学生
(といっても、年齢はバラバラ)で議論した。

わたしは、ブログを作ってまだ3日目であることも含めて、
(今頃、デビューなんだけど)
時空や、鉄門とコンクリート塀を取り払った場所、年齢、性別
上下関係などを取り払った「共学」「共育」という場があるだろう
近未来を思い描いてみた。
それは既に現在進行形なんだってことにも気づいた。
ブログ作ってる人はみんなある意味で指南者なんだもんね。

「宇宙人はいると思う?」
「火星がもうひとつの地球に改造できたら、どっちに住みたい?」
「わたしはナチュラルがいいよ。クローン地球は、何かと
支障がでてくる可能性あると思うもん。」
昼休みもお弁当を食べながらこんな話。

たった今、大阪府教育委員会が、生徒に体罰を与えた男性教員を
懲戒免職にしたとニュースで報じた。

夕方5時に駅前の歩道橋の階段を降りたとき、
わたしの街の5時のカリヨンが鳴り響いた。
J.レノンのイマジンだった。
彼はもう死んでしまったけれど、
いつまで歌い継がれていくだろう。
時計が60進法だって誰が決めたの?
時間はなぜ止まらないの?

たった4日の夏期休暇は、全部、集中講義に費やしてしまった。
ア~ア・・・
さあ、明日は1時間早く起きて出勤しよう。
夕方は、NPOのキャンプに参加するので、また今度。


 


朝から曇っていた。昨日、一昨日と連続して遅刻したので、
いつもより10分早く家を出た。
電車の中で偶然、仕事関係で見覚えのある中年の男性が、
斜め向かいに座っていた。でも、隣の女性と話していたので
男性はわたしに全く気づかず、間もなく女性と下車した。
こんなことはよくあることで、大抵の場合は、相手が気づかないと
自分から声をかけることは少ない。

25分くらい早く教室に入った。共通科目の3日目
同じコースで、何度か顔を合わせたとしても、
そこから会話したり、親しくなっていくのかは、
やがて、どこまでどんな関係の友人になるのかどうかまで
左右していくのだろう。
偶然電車に乗り合わせても、同じ時間に同じバスの停留所で
同じ人に出会っても、声をかけるのか、お互いに背景として
いるのか。
大阪駅でたくさんの人々がそれぞれの目的に向かって足早に
歩いていく。その波に押し流されて、息苦しくなる。

「忘れえぬ教師はいますか。」と教育史のA先生
「通じないからといって、相手と話をしないわけにはいかない。
もじゃもじゃの髪を切ってしまえば文明人、そのままならば自然人
人間はその振り子に揺さぶられて時空間を彷徨う。」
と教育哲学のO先生
「問題に正しい解答はない。あなたの人生の転機は?」と
教育心理学のM先生。

巷ではお目にかかれない諸先生の教えは、今すぐわたしの
脳みそには入ってこない。
5時を回ると、前の方に着席していても、目が霞んでくる。
校舎を出て扉を開けながら同じコースのクラスメイトに言った。
「いつも転機なんだよね。アルバイトで何回も
クビになっちゃうんだから、ハハハ」

また、わたしは、人の波に流されて、
先生たちにもらったばかりのメタ・メッセージが、
記憶の奥底に沈んでいくのをどうしようもない。

明日は台風が休講になるそうだ。

たった今、地域の男性市職員が、市民の申請放置をして
免職になったとNHKのニュースで報じられた。





 

思い立ったが、雨。


思い立ったが吉日。
でも、そんなときはなぜか雨。また10分遅刻。
今日は、H大学大学院での2日目の集中講義だった。

去年の今頃は受験勉強の最中で、
今年も去年に引き続き夏休みはないけど、
日常の仕事からは、少し開放されて気分転換にはなる。

午前中の講師の教官が最後に感想文には、
「今日、家に帰ったらブログを作りたいと思います。」
と書き込んだ。

雨は止んで、午後からの講師は、わたしより7歳も年下!
イソクラテスという初耳の哲学者の名前が出てきた
教育哲学の時間に、まさか保育所で大人気の
絵本「ねないこだれだ」が登場するなんて!
明日は「もじゃもじゃ」の由来についてのお話だって。

思い立ったが吉日には、ちゃんと訳がある。
お気に入りのブログがあって、毎日見ていた。
一昨日、いつものように見ていたら、ここのアドレスが載っていた。
しばらく考えた。

ふ~ん、それって「あなたもブログ作ってみたら」ってこと?
昨夜、友人と「ヨドバシカメラ」に出かけた。
今時、珍しくまだ携帯をもっていない私。
そこで取ってきたパンフレットを休憩時間に開いた。







 



| Main |