スポンサーサイト

Say Good Bye 2005

2005年も、あと12時間あまりとなった。今年も色んなことがあった。一番大きかったのは、社会人大学院生になったことかな。でも、わたしにとっては期待したほどでもなく、却って諸々の苦悩は増えてしまったように思う。ABA的に言えば、その理論を自分なりに追求し、実践してみた結果、見えてきたことも多かったが、その分ますます孤独感とか、人間関係の泥沼と、落胆にも苛まれた。これが、憧れていたI先生の実態だったのかとまざま...

ドリームキャッチャー

2005年も残すところ、あと3日になった。日本で一人暮らしのお年寄りや独身の男女も増えているけど、社会全体が休息する年末年始は、寒いせいもあって寂しさも募るだろう。12月26日~27日の一泊2日美山の冬の旅について、忘却の彼方へ行ってしまわないように、もう少し記録しておこう。朝は、8時過ぎに起床。宿泊した民宿久やさんで目覚める朝は我が家より寒い。布団の中は電気毛布でほかほかあったかいが、空気が断然冷たい。窓の...

今年最後の、3度目の美山町

今日も地球はいろんな命を乗せて回っている。わたしにできることは、ちっぽけなこと。障害のある人にとって、外出するということはとても大変なことだ。だから、自分の存在価値や自尊心は、ただ息をして存在している。眠ったら、目を覚ましてまた生きていて、何かができるというささやかなことに喜びを見出すことも、素晴らしいことなんだと実感できる。多分、お金をガバガバ儲けてのし上がっていこうという、ここ数年蔓延してきた...

特別支援教育士養成セミナー

大寒波と大雪が一段落して、今朝の気温が昨日よりも3度上昇したらシバレル~という感じはしなくなる。感じることと考えること どっちも大切な人間のお仕事だ。わたしは、至って凡人で、スケートでジャンプする技も、特に取り得も無いないけれど、時々、第六感とか根拠も無い予感におそわれることってないだろうか?傍から見ると、理由も無く突然サメサメと女優のように涙をこぼしているように見えることがある。深夜、途中で目が醒...

Merry Xmas My Grand Mam

「年賀状出してくれた?」母が昨年の年賀状の束を触りながらわたしの傍で聞く。「出しました。」ゆきんこは、両親に似ていない。父方の母や姉、従姉などに似ている。隔世遺伝である。本名は、古風すぎて気に入っていないが、祖母が曾祖母の名を命名してくれた。只今、「オーラの泉」を視聴中。クライアントは元ピンクレディーのケイこと、増田啓子さんだ。昨晩10時半ごろ、別居の父から久しぶりに電話があった。平成天皇よりも3ヶ...

浮世絵の快楽

豪雪の大寒波は、平成天皇の誕生日の今日も、日本列島を覆っている。わが町にも降った昨日の雪は、昨夜のうちに殆ど解けたかに思われたが、今朝は居間のある裏側の窓越しにポタリ、ポタリと水の滴る音がした。表側は、寒いけど青空の快晴だ。「そうか、雪解け水の雫の音だ。」クリスマスパーティーのドタキャンがあってもブログを書きながら、スペシャル番組を見るのもいい。今朝9時から、「浮世絵の快楽」という番組にいろいろの...

さまざまのクリスマス・イブ・イブ

只今、NHK総合「知られざる野生」を丁度、見終わったところ。南半球パプアニューギニアの真夏のクリスマスのイルミネーションは、天然の蛍の照明だ。一斉に樹に留まって、それぞれの蛍が同時に点滅し、雄が雌にプロポーズの争奪戦を繰り広げる。なかなかゴージャス且つワイルドな求愛行動だ。日本の男性諸氏にもがんばってもらいたいものだ。もしも、「今年も彼女いなくて、外へ出かけるのが虚しいんだよな・・・」なんて、ふてくされ...

同世代はいいもんだ!

昨日のブログを書き上げてから、母が一通の郵便を手渡した。H市の子育て支援室から「平成18年度の保育士のアルバイト登録」の依頼書だった。「どういうことよ。9月にはK課長直々に金輪際勤めるなといっておきながら・・・」午前10時母校H高校の近くのある事務所に、母と参加した。目的は、市会議員のHさんによる「H市の子育てについて」実態報告会兼昼食会である。2児の母でもある子育て真っ最中のHさんは、先代の父、Y市会議員の意...

人と松葉杖に支えられて

今日もいい天気。空気は冷たい。学校からほど近いルミナリエは、昨夜も賑わっていたらしく、最寄り駅の改札は人々でごった返していた。一昨日の日曜日は、氷点下0.4℃とあんなに寒かったのに43万人も集まったとか。夜の学校の学生は、たったの3人だった。一人っ子のゆきんこには、小雪さんという大好きで不思議なお姉さんがいる。父の最期の虐待から逃れて間もない13年前(1992年)の9月奈良、大和郡山市の「内観寺」の内観療法...

ゆきんこの由来、その2

失業中はいいな。外は日本全国、大寒波。日本海側は、大雪が容赦なく過疎でお年寄りたちが肩を寄せ合い辛うじて生き永らえる故郷にも降り積もる。わたしの街には雪はやってこないけど、キッチンの窓を開けたら、爽やかな青空と白い雲が覗いて見えた。3日間まるまる引き篭もって家の中にいても、こんなにいっぱい、自分だけの時間がある。午前中は、「関西思い出シアター」で百人一首のかるたクイーン決定戦や、ラジオ英会話の再放...

選考会に落ちたけど・・・

今朝10時半からNHK総合「趣味悠々」では、犬の散歩、トイレットトレーニングの方法を遠藤久美子が、愛犬と実践していた。見れば見るほど、I先生の著した「ABA入門」の中身そのまんまだった。エンクミは、「おすわり」と言うと(SD:先行刺激弁別)ダックスがエンクミの顔をじっと見つめてお座りする(B:行動)トレーナーが、「そこですぐにワンちゃんを褒めて」と指示。エンクミ「いい子いい子~」と頭をなでる。(C:社会的報酬)...

夢は夜啓く(ひらく)

世間一般のオーソドックスな生き方が、自分という有機体にとって不適応感を常に感じさせていると自覚している場合、苦しいなと感じる。自分と同じ境遇は、自然、共感に行き着くが、前例のない研究世界そのものの生き方を、茨の道を選ぶしかないわたしは、孤高には強い方かもしれない。無理して、仲間になっていることよりも・・・昨日、午後1時30分、K百貨店の7階 パステルフロアーで、会員限定の三雲雅子さんのミニチュア粘土細...

創業セミナーと神戸ルミナリエ

昨日も、今日も寒い!!日本海側は、ゆきんこのゆきマークで大雪警報発令中。昨夜は学校も休講になった。ABAのF先生が、携帯電話の向こうから嬉しそうな声で応対したと、F先生のゼミ生のN先生が学校の前で教えてくれた。国会では、朝9時半から「強度偽装」の件で騒がれている元1級建築士姉歯証人の喚問がオンエア中。ブラウン管の中の姉歯氏は、かなり神妙に応答しているように見える。昨日は正午にJR大阪駅のホームでOちゃんと待...

手のひらを太陽に

今日の冷え込みは、また格別。日本海側のふるさと各地はどれくらい雪が降っているだろう。暑い夏場は、わたしのペンネームはしっくりこないのだけど、カラフルに染まっていたサクラの葉っぱが全部散って、まるはだかんぼうになった後に降る白い雪は、1週間前に久しぶりにひいてみたセルフ・セラピーカードの「INNOCENT(無垢)」を象徴するかのようだ。寒い冬は、クリスマスの後に誕生日の迫りくる「ゆきんこの季節」だなと思う。...

選考会へ行きました。

お天気は晴れ、小春日和のぽかぽかした陽気だ。わたしのココロも、昨日うだうだしてた割には、久しぶりに夜も明けぬ午前6時15分に起床して、黒豆と天ぷら、春雨サラダに、玉子焼き入りのお弁当つくって、おまけに国語辞典と英和辞典まで、鞄に詰め込んで、「風のハルカ」が、オンエアされたBGMと共に玄関をスタートした。多分、昨夜11時過ぎに友人のOちゃんが、同じ会場で別のコースの選考会の面接の様子を詳しく電話で教えてくれ...

明日は選考日

午前10時、自転車で自閉症の療育施設「S園」の立て看板の前を横切って、生協で頼んでいた注文の品を母の代わりに取りに行った。我が家は母と2人家族なので、受注品は牛乳、豆腐、ウインナーの3品だけ。いつも少ないけど、今回は特に少なめ。配送者の到着が遅れて、その間母の同僚だった昔馴染みのIさんと談話する。玄関を開けると、犬のアムロがお尻のにおいを嗅いで尻尾を振って相変わらずのご挨拶をしてくれた。「あんた今、どう...

年賀状書いてます。

朝から終日、雨。今年も1ヶ月をきってしまった。早いなあ・・・とにかくどなたさまも、ドタバタしている日本人だから、一日中オタクっていうのも、乙な休日である。あんまり時間がなくても、この頃簡単なレシピなら、冷蔵庫の在り合わせをピックアップして、自分で好きに料理する。このいい加減なゆきんこ流が、当たりはずれが大きくてなかなか楽しかったりする。先週、Oちゃん宅に暫定的にPCを借りにお邪魔した際、手作りプリンを持...

たんぽぽ組ワークショップ

午後7時のニュースでは、広島と栃木で相次いだ小学生女児殺人事件が報じられている。大都会でなくても、日本国中が物騒で危険極まりない感じがしてまた、背中がぞくぞくしてくる。午前10時過ぎ、市内の女性向け公共施設、3階に遅れて出かけた。このごろいけない事に、遅刻の常習犯になっている。ちっともルールが守れていない。幽霊会員として所属しているNPO法人たんぽぽ組のワークショップに飛び入り参加した。半年以上のブラ...

事例は私自身です。

昨夜は、無事にプレゼンテーションが終わった。ぎりぎりまで、構想を練っていたら、身支度に時間がかかり、15分くらい遅刻してしまった。「先生、すみません!」「来るのかなと場つなぎに焦ったよ。」前回の「ヒトラーの児童期」を踏まえてのケース発表。「事例は、私自身です。この文献を目にしたとき、わたしが発表するのだと思いました。というのは、わたしは社会科の教員免許を持っていますが、教育実習で任されたのは奇しくも...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。