夢想花(揺れて・迷って・流離って)

失業の憂さ晴らしに3月から無料体験ダンヨガに通い出した私は、結局、1年コース会員になることを決めた。日曜日の午前中は、夜勤明けの初対面の女性も加わって、和やかにいつもと同じメンバーと、いつもと違うメンバーが手をつなぎ輪になって、股関節エクササイズに取り組んだ。「うわ~~!いたあぁぁぁぁい!!」ヨガに関心があって始めた人たちの動機は、類似していた。今のヘタレな自分を克服し、少しでもよりよい健康で幸せに...

寒の戻り(ココロもカラダも?)

お花見情報が飛び交っていて、我がふるさとでも、そこここの桜が咲いているのを目にするようになった。ダンヨガを習い出して4週間目で、私のカラダには毎日変化が訪れるようになった。20日の健康セミナーで、不意に母を同伴してマイブームのダンヨガを知ってもらった。「どこへ出かけてるのかと思ったら、こんなこと始めたのね。あんたのお金でしょ。やりたいなら自由に使えばいいじゃない。」月額のレッスン料はそんなに安くなく...

天使がウチにやってきた!

ダンヨガを習い始めてから、カラダのなかでなんとなくの変化が起こっていることを実感している。昨晩から明け方にかけて、20日の健康セミナーの体験脳波振動で、やたらと背伸びしながらの上肢の振りのやりすぎか、腕から指先にかけて、何か電流のような流れを感じた。明け方には、夢枕に上司が現れた。夢の中でも現実と同じように、2回も呼び出しを受けて取るに足らないミスに目くじらをたてられて叱られていた。カラダが重くて目...

これでいいのか?

日本各地で桜の開花宣言された3月第3週。今週も2回はダンヨガでのヘルスエクササイズに参加した。最近、楽しくなってきたのは、頭の先から足の先までの脳波振動の時間だ。独特のBGMに合わせて体が自由自在に動くようになった。自由にといっても、脳幹奥から沸き起こってくる自然な動きに身を任せている感じだ。両手のひらの間にもわ~っとした感じ・暖かい感じのエネルギーを感じることはまだない。ダンヨガのプログラムは果てしな...

わんわんコミュニティ その2

キーボード操作ミスで書き綴った内容が消去された直後はやはり凹む。しかし、それにめげずにもう一度、記録しておこう!自分にとっての一大事は他人にとってはどうでもいいこと。でも、私は一生一度の人生を無駄にして、怨念を残して輪廻転生したくないのだ。14日にビジネスプランセミナーに参加した。終わったはず、あきらめたはずの夢。その同じ夢をもっている人に今月に入って出会えるとは思わなかった。6日にコミュニティ・カ...

わんわんコミュニティ

100年に一度の大不況と共に、ゆきんこの人生も大きく低迷中。とはいえ、いいことも悪いこともごちゃまぜになっていた3月第2週。8日には久しぶりに6時台には起床してあんまり気乗りしない面接に出かけた。質問は、NPOらしくユニークなものだったのであまり緊張せずに済んだ。面接形式も4対4だった。朝一9時30分から面接が始まり、同席の応募者のうち若い女性2名が自己アピールを一生懸命にやっていたお陰で、冷静に答えをその場で...

ダンヨガの驚き効果 その5

それにしても、胸の詰まった感じ・ムカムカした感じは何だろう?それを確かめるには、ヨガを継続している経験者の生の声を聞くのが一番だ。3回目は土曜日の午前中だった。平日参加できない若い女性たちや初対面の方たち10名くらいでスタジオは賑やかになった。倦怠感不快感をひきずったまま、参加した。「どうですか?」インストラクターのH氏は、私の体調を聞くと微笑んでこう言った。「それはよかったですね~。効果出ていますよ...

ダンヨガの驚き効果 その4

6日は終日雨だった。5日の夕方から就寝まで、全くその気にならなかった宿題をやるっきゃない。ジョブカードの申請書類は全部で5枚もあった。学習暦・職歴・訓練歴・自己PR・趣味・特技など。その総括表と詳細を書き込むだけでも気骨の折れる作業だ。しかも、ダウンロードが上手くいかなかったので、鉛筆で下書きしてボールペン清書するという面倒な宿題をその夜のうちに終えることができた。6日の午前9時。閑散としたハローワーク...

ダンヨガの驚き効果 その3

翌朝、騙され次いでに厚かましく無料体験をさせていただいた。「おはようございます。昨日はご迷惑かけてすみませんでした。」「いえいえ、出せてよかったですね。」「ちょっと怖かったです。」もう1名の女性インストラクターにも確認の質問をしたところ、彼女も初回から3回連続して号泣していたと話してくれて安心した。「もうあんなことはないですよね?」「さあ、どうでしょう?」前半は初回と同じ、笑顔でユウセンを意識しなが...

ダンヨガの驚き効果 その2

失業中には、なぜかしら目まぐるしく非日常体験が訪れるから不思議だ。ブログの外にいたPさんが私的時空間に当たり前に存在するようになったのも、実に不思議なのだがそれも含めて「これでいいのだろうか?」という私特有の日々はとりあえず連続している。昨晩、NHKスペシャルでロシアの天才数学者が100年間以上も解けなかった難問を解明したときに、まるでヒッキーになったかのように、失踪してしまったという謎々だらけのドキュ...

ダンヨガの驚き初体験!

離職票のサインと印鑑がもれていたという理由で、午前11時ごろ先の職場を訪問した。「エヘヘ、こんなヘマしてごめんなさい。私もクビになるわね。」「そんなことおっしゃらないでください。胸が痛みます。」上司が少なからず罪悪感をもっていることはわかった。「それじゃ、お世話になりました。」ガラス越しにマー君の小母ちゃんが待っていてくれた。「Dさん来てくれたの?」「どうしようかと思ったけど、もう当分来ないんだよね。...

結婚記念日は雪だった・・・

本日、桃の節句・雛祭り婚姻届を提出した直後、正午過ぎにK市役所前で記念写真を撮ってからまる1年が経過した。失業中かつ別居婚の慢性的憂いは、そのまま天気になるんだろうか?ちょうど1年後、母と母の友人で初対面のSさん、ゆきんこは万博記念公園にいた。3月といえども雪のちらつく寒空の下、満開の梅を見て楽しんだ。大阪ガスの地域のMガスセンターの主催で、なんと500円の参加費で、梅見物バスツアーとホテルでのランチバ...

F教授退官記念講演会

今日から弥生となり。昨日、2月28日付けで私の肩書きは抹消され、またもや失業中。しかし、ギリギリの肩書きをつけてPさんと午後から終日出席したのは、神戸ポートピアホテル地下1階の布引の間。大きなホテルにめかしこんで出かけるのって好きじゃない。Pさんが一緒に同伴してくれというのと、大恩師のF教授の退官記念となるありがたい最終講義に招待を受けたとあっては、身銭を切って出席することに大いなる意義があるのだ。...