ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
わんわんコミュニティのHさんと意気投合して、早3ヶ月。
気さくなHさんは、6月からゆきんこを積極的に週末デートに誘ってくれるようになった。

屈託のない素直な少女のまま、歳を重ねてなおキュートで自然体の女性でもある彼女の人生も、
一匹の女の子との出会いが、Hさんを逞しい社会活動家に仕立て上げた。

彼女を変貌させた栄えある一匹のお嬢ワンの名は、黒いトイプードルのぷうこさん。
ぷうこさんには、お年寄りやお子さん、障がいのある方々や困った境遇にいるヒトビトを慰め、勇気付ける使命を果たす素敵な親友たちがいらっしゃる。
同じくトリミングの手入れを怠らないオシャレなトイプードルのエリーさん、耳がリボンみたいに愛らしいパピヨンのナッツさん、ちっちゃくてデリケートなヨークシャテリアのさくらさん、なぜだか貫禄ありげなシーズーのココさん、そして、一番年下の3歳なのに存在感があってお尻がセクシーなコッカースパニエルのナナさん。

因みにゆきんこは、ナナさんがお気に入り。
なぜなら、他のお嬢わんたちは、皆お母さんにベッタリで、第3者のゆきんこに抱っこさせてくれない。
ところが、ナナさんは4月の終わりに子どもセンターで会ったときも、その前のドッグセラピーで再開したときも、最初に挨拶にきてくれた。
そして、3回目の今日もやはり、尻尾をフリフリセクシーなお尻を私になでさせてくれた。

ナナさんのお母さんもナナさんに似て心身共にふくよかなヒトだ。
なるほど、ナナ母さんの本業はペットシッターさんとあって、多数のワンちゃんたちをお世話してきたので、元保育士だった私としては、いろいろの解説を聞けるのが興味深かった。

以上のゴージャスなワンワンエンジェルズの方々が、去る6月7日第30回ふれあいフェスティバルが開催された市庁舎前に大集合!
とはいっても、会場の片隅でひっそりやってないと、お嬢わんたちはどなたもとても繊細なので、
知るヒトぞ知るというわんわんふれあいコーナーで癒されたいヒトビトを待ち受けていた。

さて、出番のない、飼い犬もない新入りの私のお役目は、お嬢ワングッズの販売および動物介在活動の紹介・宣伝だ。
お嬢ワンをひきつけるのは、経験浅くまだまだだが、本物のお嬢さんたちが次々と近寄ってきた。
「かわいいでしょ?ワンちゃんのゆかたです。」
「かわいい~!でも、サイズがわかんないな。」
「こっちは、ワンちゃんのリボン10円」
「安い!」
「ヒトでもイヌでもどっちでもOK」
すると、友だち5~6人の女子小学生たちが皆買ってくれた。

翌週末の13日も朝からHさんとN駅で待ち会わせてまたデート。
行き先は、中之島の大阪国際会議場。
Hさんが展開してきた動物介在活動、動物介在療法、動物介在教育を推進する日本動物病院福祉協会(JAHA)の平成21年度大会が開催された。

一般市民の私たちの参加は全て無料!
しかも、お役立ち且つ楽しいセミナーで、四六時中微笑みっぱなしという珍しいセミナーだった。
午前中は、市民公開講座「ボランティア講座 アニマルセラピー発表」

午後は、「高齢動物のウェルネス」
「たくさんの動物と楽しく暮らすには」の3講座が公開された。

メモは一束ほどもありますが、とてもアップしきれません~~~。

私固有の感想ですが、そもそもの専門分野だった障がい児教育・保育のなかでも、
応用行動分析学と動物行動学・比較行動学の学問領域は親戚のようなもので、
それが、ヒトでなくイヌやネコだから、重々しくなくてコミカルに笑えるんだな~とほのぼのしました。
動物研究者には、ヒトだってそもそも動物じゃないかという開き直りがある。
なぜだか、最近ヒト同士うまくいけてない、だけどペットなら信頼しあえる。
それは、動物は自然で正直だから。。。
そんなHAB(Human Animal Bond:ヒトと動物の絆)が、昨今、閉塞感があって公平に生きられない人々の声にならない心の叫びが、癒しにつながっているのでしょうか?

方や、ダンヨガの修練も3ヶ月目を過ぎて、ヨガのエクササイズに出かけなくても、毎晩、でんぐりかえりをして、ヘンゴン1番から5番まで行ってから就寝するようになった。
その結果、手足のツボからビリビリと電流が流れ、とりわけ丹舞(タンム)では、まるで鳥がはばたくように両手から天地気運(チョンジキウン)が放出されるようになった。

Pさんも母も大いに認めるところは、そもそも猫背だったのが、格段に背筋が伸びて姿勢がよくなったことだ。
そして、熱心に通ううち、訝しく思っていた二人の近親者は水無月に入って、依然、イヌを飼うことは反対しているものの、私におなじコメントをくれた。
「ヨガの先生になったら?」

失業中の私に月謝は安いとはいえないし、贅沢な出費かもしれない。
けれども、ヨガ仲間と汗を流し、黙々と心身を養成することが習慣化されつつある。
ヨガ仲間同士の垢抜けていく屈託のない笑顔と、動物たちが引き出す笑顔。
その効果に肖って、オバタリアンかかってきた笑顔が、明日誰かを癒せたらいいなと思う。

そして、ゆきんこにコメントくださる方々はやはりペットがお好きなんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト
あっという間に、6月も早1週間が経過した。
休日は、Pさんが終日、ウチにやってきて休日らしく寛いで過ごすことができた。

明けて8日の今日は、職業訓練校へ入校してちょうど1ヶ月の認定日。
そのため、授業は午前中でお開きとなった。

私の場合、訓練内容に躍起になることよりも、同じ目的を持つ仲間同士の親睦を深めることを楽しんでしまうので、本来の目的がおろそかになりがちかもしれない。
この1ヶ月間は、日を重ねることに訓練内容の教えあい・助け合いはもちろん、
元来のお菓子好きまでも分かち合いたくて、自宅の最寄り駅で下車すると、格安のスーパーでお菓子を買い込んでは、
「はい。おやつの時間」
と彼女たちと分けて食べあっていた。

さらに、1日6時間から7時間の缶詰状態に耐えられず、休憩時間の度に、戸外へ出ていた。
5日の午後、ふらりと散歩に出た際に、一軒のエスニック料理店を見つけた。
その場でチラシを持ち帰り、相席のFさんや後部のTさん、Yさんなど室内ランチ仲間を誘った。
「ねえ、来週の認定日、ナシゴレン食べに行かない?」

というわけで、今日のランチはインドネシア料理に舌鼓を打った。
ランチはお手ごろ価格の650~850円にスープコーヒー付きでまずまず美味しかった。

帰宅する電車の中でナシゴレンの写メールを旧友のOちゃんに送信した。
もしもOちゃんがヨメにいかず、二人ともシングルのままだったら、もっと頻繁に会えただろうになと
独身時代が懐かしくなる。

H駅で下車して、自宅には直帰せずに寄り道した。
寄ったところは、ハローワークに程近い携帯ショップ。
そこで、事前に郵送されてきた新機種案内のパンフレットを片手にドアを開けた。
「すみません。案内をいただきました。どんな機種か見せてもらえますか?」

新機種といっても、条件の範囲で選べるのは二者択一。
今回、前機種を丸3年間利用したプレミアムと溜まったポイントを全て使えば、大幅割引で差額を2500円ほど支払えば、交換できるというサービスだった。

以前から利用していた機種も白くてコンパクト、文字も大きく使い勝手が気に入っていたが、
新人研修生のオネエサンの初々しい応対も嬉しく、そのまま勢いで購入した。
「お客様、このショップは以前からよくご利用ですか?」
「はい。前の機種は時々故障して、よく利用していましたよ。」
「私、まだ研修中でこの店で働き出してまだ1ヶ月と少しです。」
「新入社員さん?ベテランみたいに応対してくれてありがとう。
私は失業中で、今日はハローワークへ行く日なんです。」
「そうですか。」
「前は保育士だったんですけどね。」
「うわ、保育士さんですか。私もなりたかったです。」
「でも、しんどかった。・・・障害のあるお子さんたちの担当でしたから。」
「そうですか~。。。」
「今年から夏休みないからちょっと辛いかもしれないけど、今年就職できてラッキーだったね。
テレビで見たけど、半べそかきながら就活している学生さんたちかわいそうだよ。お仕事がんばってね!」
「はい、またきてください。」

新人研修社員の初々しい笑顔付きのお見送りに新しい機種を携えてご機嫌になった。
帰宅して、部屋の整理整頓に勤しむこと3時間。
ダンボール箱を一箱、一箱とコンパクトにまとめていったら、物置部屋の空白は徐々に増えていった。
その様子にPさんも汚かった部屋をちらりと垣間見ては、
「うん、だんだん片付いてきたね。」
とコメントしてくれた。

一息ついたら、午後6時30分を廻っていた。
夕食を食べ終えてしばらくすると、新しい携帯メールのベルが鳴った。
機種が変わったので、ベルの音も新しくなり、耳慣れない。

最後の発信も、最初の着信・返信も旧友のOちゃんからだった。
四つ葉のクローバーのストラップに付け替えて、1ヶ月もしないうちに新しい機種に変更した。
そんな些細なことだけど、なんだか浮かれていた、入梅前の水無月第2週でした。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。