日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
だまし絵(Visual Deception)展
2009年09月30日 (水) | 編集 |
9月の最終週の3日間は、雨が降ったりやんだりのぐずつき模様で、
末日の今日は朝から日本列島の太平洋沿岸では津波注意報が発令中です。

私の日常は憂いも混じる中、比較的穏やかです。
今朝のNHKの放送では「趣味悠々」という番組でヨガエクササイズを紹介していました。
やはり、ゆきんこのマイブームはひとりよがりのマイブームではないらしい。
番組では古代インド発祥で最も由緒ある流派を受け継ぐアイジンガー博士が提供するヨガポーズが紹介されていました。

いくつかのポーズやインストラクトには、私が続けてきたダンヨガと共通点がかなりありました。
間接の澱んだ気の流れをほぐし、爽快な心身を磨くために精進する点はどのヨガも同じみたい。
でも、違うところもたくさんあるかな?

明日から本格的に働き出すので、27日に無事資格取得の再受験を終えたら、残り3日の余暇は
やっぱりフルスケジュールになってしまいました。
昨日29日は、午後からPさんと芸術鑑賞を楽しみました。
もともとは、訓練校で親しくなったアラサーのAさんと「猫カフェ」に行こうと約束していました。
5月から8月末日までの訓練校での内容は専ら、再就職支援のためのとある専門的業界の資格試験勉強に特化していました。
オシャレで素敵なAさんとは、心理学オタク且つ目指す資格試験の他に、アート好き、ペット好きといういくつもの共通項目が合致し、年の差を超越してなんとなく親しくなっていきました。
急遽、Aさんからキャンセルのメールが入り、代わりにPさんと前約束していた「芸術鑑賞」に変更しました。

午後12時40分にK駅で待ち合わせ。
行き先は、阪神岩屋駅から徒歩10分に位置する「兵庫県立美術館」
午後2時過ぎから「だまし絵(Visual Deception)」を鑑賞しました。
「Pさん、この美術館来たことある?」
「あるよ。」
「いつ?」
「う~んと、いつだったかな?」
「私は去年の3月。修了式の時に大学院で仲良しだった管理栄養士のSさんと『ムンク展』見にきたんだ。」

今月4日は、再受験勉強の前に既にAさんと「ルーブル美術館展」も鑑賞できました。
ふりかえってみると、ゆきんこにとっては、そのキャラクター通り「受験の秋」「芸術の秋」満喫の9月となりました。
そのルーブル美術館との鑑賞のおもしろさの相違点は今回の「だまし絵」展、大いに、大いにありました。

まずは、初来日したポスター表紙のジュゼッペ・アルチンボルト作(1590年頃)「ルドルフ2世(ウェルトゥムヌス)」がお出迎え!
全て野菜果物で、肖像が構成されている古典的な名作でした。

そして、何といっても出展アーティストの描画技術の精密さです。
ついついどの作品も食い入るように見つめないではいられない。
ゆっくりじっくり鑑賞し、遠くから近くからいろんな角度でながめては、
「うわ~すごい~・・・」
と感心しないではいられない。

殆どの作品は印象派以前の16世紀から18世紀にかけての「トロンブルイユ」
という精密な静物画が展示されていました。
トロンブルイユとは、フランス語でさもそこにあるかのような限りなく実物に近い絵画技法です。
当時のメガネ、動物の死骸、木枠の木目、金品装飾品の光沢、ガラスの破れ目、新聞や写真、手紙の消印、切手やシールの剥がし跡、鏡など、今に伝わるありふれた日用品を実物のまま、手を伸ばしたらそこにあるみたいに描写されているのです!!
作品によっては、実物以上にリアルすぎて、ぞ~っとするほど気色悪いものまで・・・

トロンブルイユは、画家が鑑賞者の視覚に挑む知的な遊戯として、バロック時代のヨーロッパ、さらには19世紀のアメリカで大いに流行しました。

最も人気を博していた人だかりの作品は、2008年の新進気鋭のイリュージョン画
パトリック・ヒューズ「水の都」でした。
傍で見ると、立体的に浮き出した3つの建物があり、その先端部の平面に小さな水面が描かれています。
しかし、少し遠ざかって鑑賞すると錯視が起こります。
なぜか、一番出っ張っている水平線の景色が遠方に見え、角度を変えながら移動して鑑賞すると、
不思議やフシギ!
3つの建物の角度が3D感覚で左右に向きを変えた動画を楽しむことができました!!
この作品の前では、老若男女問わず、誰もが「へえ~」「おもしろ~い」と言いながら、
左右をうろうろと何往復もしていました。

閉館5時までの3時間たっぷり鑑賞したら、海岸に面した美術館の夜のとばりが落ちてきました。
離れ離れでそれぞれの目標に向かって活動してきたPさんと私にとって、
ひととき安らぎの鑑賞を楽しむことができました。

いよいよ明日から気分一新で働き始めます!
スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2009/09/30 13:40 | 鑑賞 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
丹波・亀岡 夢コスモス園
2009年09月23日 (水) | 編集 |
秋のシルバーウィークも最終日。
受験日を来週27日に控えていて、手放しでのんびりとはいかない5日間が終わろうとしています。
結婚したのに、別居婚1年半に突入して、ふりかえってみればシルバーウィークもゴールデンウィークもPさんとはすれ違い。
まるで結婚したと同時に離婚したような日々が続きます。

Pさんと結婚した以上普通の生活は無理なんだと覚悟しているつもりではありますが、
長かった失業・就活もひと段落して、暇ができると
「なんでこんな人生なんやろ」と・・・
諸々の隠蔽していたはずの感情がわきだしてきます。

幸せは、相手に委ねたり依存するもの、与えられるものじゃない
「自分で自分を幸せにするのだ」
いつもそう自分に言いきかせ、挫けないようにしているのも、少し辛くなるときもあります。

女性は精神構造が意地悪にできていて、ゆきんこの場合も例外ではありません。
神様がそのように創っているといったら、あまりにも短絡過ぎですが、
メス犬同士のコミュニティが、とても仲が悪くて最も怖いのが「お局犬」
でも、そこに若いオス犬が加わると犬社会は丸く収まるらしい。
・・・あ、こんなこと書きたいのではなかった・・・
そんな女性に生まれてきたことさえ、時に恨めしく思う。
男性に生まれてきたらこんなに切なく虚しい想いや、社会の不条理、女性同士の虐めや足のひっぱい遭いに巻き込まれず、職業選択の幅も広がり、自由闊達、我侭気ままな立ちション人生を
歩くことができたかもしれない。

そんなときは、ふと、お風呂に長々とこびりついていたクロカビに何度も漂白剤をしみこませて、
真っ白にしたいとか、普段は気にならない埃を被ったアンタッチャブルの部屋を一掃してみたくなる。
もしも私が全く健全な人間ならば、ヨガ修練などに玳瑁を叩く必要もないわけで、、、

そして、それを必死に払拭しようと、宙を空虚に眺めてみたくなり、人畜無害な自然に癒されたくなります。
そういうわけで、風になりたいっていうのは、ゆきんこにとっては本望中の本望。

人間は約束を守れないし、期待したら裏切る。
有言実行する人は少ない。(規範や柵がおおかったり、めんどくさかったりで)

お陰さまで、長年続いてきた友情が一人っ子の私にとってはありがたいかけがえのないものです。
夫のPさんは未だゆきんこの再就職が決まったことを知りません。
先んじて旧友やブロ友からは、「再就職おめでとう!」の携帯メールをいただきました。

シルバーウィークも寂しく一人ぼっちで過ごさねばならないところでしたが、
(彼是1年近く失業していたので、平日も休みといえば休みだけど)
旧友のなかでも最も旧い友人のHさんが、ドライブに連れ出してくれました。

「花に癒されたいな~」との私のリクエストに応えてくれて、
20日は終日、Hさんと満喫デートを楽しんできました。

行き先は、丹波・亀岡の「夢コスモス園」
インターネットで事前にHさんが調べてくれた情報によれば、
コスモス園の開園は、明日24日からの予定だったとか。
急遽、シルバーウィークにあわせてプレオープン期間を設けて、開催を早めたそうです。

当日、雲ひとつない快晴で最高のドライブ日和となりました。
とかく、ベテラン小学校教員のHさんとの会話は、余暇といえども仕事や特別支援教育のことに陥りがちでした。
何せ、教職員大学院を修めて一応、障がい児保育だって15年ほど究めてきたという実績もあります。
教務においては一回り以上も大ベテランのHさんも私の熱心な研鑽振りに一目おいて、アドバイスにも応じてきた間柄でもありました。
しきりにもったいない、あんたの履歴はなんとかならないものかと嘆いてくれたのも、私の現役フレッシュ高校生時代を知る同業者のHさんでした。

その過去を払拭したいと思う私とHさんの間柄はどちらかといえば、今はもうすっかりただの余暇友達。

助手席で伸びをしながら、Hさんと何気なく会話しました。
「『♪風立ちぬ』って松田聖子のヒットソングだけど、新聞によれば、当時、歌いたくなかったんだって。
大人の女性の失恋の歌詞が自分に合わないって。」
「へえ、そうなんだ。」
「私、あの歌も松田聖子も結構好きだな。色々バッシングされていたけど、自分に正直だった結果なんだと思う。だけど、男性なら多めにみてもらえることが、女性が型破りなことをすれば足を引っ張るのも女性なんだよね。それは、自分もやりたいけどできないやっかみやひがみ根性のせいなんだけど。」

「ねえ、どんなとき幸せだなって思う?」
「そりゃ、こんな日みたいにドライブしたり、非日常的なことかな?」
「だよね?
人間だから、仕事ではストレスたまったり、悩んだり、しんどくなったりするじゃない。
だから、何もしない余暇はすっきり気分転換、リラックスして日頃のしんどさを吹き飛ばしたいのよね。
幸せって、ほんの一瞬の何気ないことなんだと思う。
今日みたいに、真っ青な雲ひとつない青空を見ているだけで、何だか穏やかになるでしょう?
ああ、夕焼けが綺麗だなとか、季節の移ろいのなかに風が吹いて心地いいな~とか、
そういうほんの一瞬のことじゃないかって思う。」
「なんか、あんた変わったね。いい様に変わった。」
「そう?ヨガのおかげなんだ。いい汗かくようになって少し姿勢もよくなったし、ウェストもまた細くなったんだよ。」

目的地の亀岡まで約3時間で到着しました。
夢コスモス園は、曽我部町と吉川町地内にありました。
時期尚早か、蕾の方がまだまだ数は多かったですが、それでも一望してデジカメに映し出してみると
「ん~!!なんだか北海道にきたみたい!」

ピンク、白、ワインレッドの濃淡さまざまのコスモスが秋の風にそよぐ様は、花の精が笑っているように
見えました。

「今日はつれてきてくれてどうもありがとう!イメージしていた夢がかなったよ!」
「いやいや、私も独りで連休過ごしてもつまらないからね。喜んでもらえてよかった。」

帰りは、なんと行きの半分の1時間半で帰宅することができました。
そのワケは、助手席のゆきんこがナビゲートを大幅変更したことにあります。
京都市経由で9号線で亀岡に行くよりも、亀岡から地元へ直行する山越えのルートを発見した。
平素、付近の市街地しか運転しないHさんもこのルートは初めてのため、うねりくねった山道に運転が慎重になった。
木漏れ陽がフロントガラスに降り注ぎ、暢気にアカペラのゆきんこ
「♪The Long and winding road~」
「♪そこに行けば、どんな夢も叶うというよ~」

Hさん宅に夕方5時に帰り着くと、今度はもうひとつのお楽しみに興じた。
Hさんが今、流行のWiiフィットを購入したので、ゆきんこもMiiを作成してお試しにバランスボートに乗ってみた。
Miiの名前は、今日のイベントに因んで「こすもす」さんと命名した。
パーツを選んでブロンドのロングウェーブにメガネのおもしろ可愛いキャラになった。
こんなことしてちゃ、ハマって帰れなくなっちゃうよ。

受験が迫っているのもどこ吹く風?
いえいえ、これでも毎日3時間はちゃんとやってるんですよ!(^_-)-☆
全く暢気な独身もどき貴族(?)です。


---------------------------------------------------------------

2009/09/23 17:38 | 季節、気象 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
9月の熱い風
2009年09月17日 (木) | 編集 |
9月中旬になり、爽快な風や夕涼みが楽しい風情になってきました。

ダンヨガをはじめたばかりの私は、いわゆる「丹田力」がまるでない状態。
それまでも、自分の力で粉骨砕身しながらの13年以上に渡る障がい児加配保育士としてのプライドを全身全霊かけて、精進してきたつもりでした。

半年前、わずか2ヶ月で試用期間内に晴天の霹靂のように正職員採用を断られ、全く就職活動に対して拒絶反応を起こしていました。
怒りや憎悪、そして積年の被害者意識に苛まれ続けていたことに気づき、6ヶ月かけて次第に私の心身に滞っていたマイナスエネルギーが浄化され、転じてプラスエネルギーが満ちるように変化したように実感しています。
脳波振動の自然のリズムに任せて全身を振ることで、全身のツボからマイナスのエネルギーが排出され、精充呼吸で新しい新鮮な空気を全身に行き渡らせる。
これを6ヶ月間続けてくると、ヨガのセッションが終わって数時間経つと、全身に風が吹き渡っているようなスーッとしたメントールな感じや、はたまた、ぽかぽかとした熱風が吹くこともあります。
そんなわけで9月に入って、職業訓練校でのプログラムが修了した後も、ヨガのおかげか、心身ともに好調です。

因みに、今週(9月12日~19日)星占いによると、
「大胆さと思慮深さがうまく一致し、難しい課題や高い目標も乗り越えられる。」

再受験日があと10日と迫りましたが、週2回のヨガと就活と並行してどんどんスケジュールを入れて楽しみながら実行しています。
受験勉強は、今朝は3時間くらいは集中して取り組みました。
先月末に先んじて合格したSちゃんの教材がとても重宝していて、テスト例題集も昨日までに1冊仕上げることができました。
私の場合、主婦業、子育て業から免除されているのですから、これくらいの努力はしないとなと、
根っからのくそ真面目根性に磨きがかかっている今日このごろです。

私の場合、これまで就活の手段に主に地元のハローワークを利用していたので、履歴書書いてもすぐ面接に応じてもらうという方法で就活してきました。
今回は、新聞の折込求人広告や、駅前のフリーペーパーなどもこまめにピックアップして何件か即座にかけて、応募することも厭わずにやってみました。
また、これまで利用したことのなかった「派遣会社」への登録も数件やってみました。

(ダンヨガ修練)以前の私なら、気負いすぎたり焦ったり、腐ったりして気持ちを取り乱す寸前までイライラしていたかもしれません。凹んで何もやる気がせずにダラダラと無為に時間を過ごし、世間や他人を恨みがましく思っていたでしょう。
ヨガの前から就活の度に、写真撮影から、履歴書、マナー講座、模擬面接とありとあらゆる対策はやるだけやってあまりの用意周到さに、友人たちも唖然とするほどのむだな努力家であることを自負してきました。

しかし、今回は、何をやろうと結果がどうであろうと、
「ダメでもともと」
「ケセラセラ」
という開き直り根性まで備わった気がしました。

去る11日金曜日のこと。
先週に引き続き、私が新たに目指す業界特集の求人情報誌が発行されるのを待ち構えて、ヨガ修練を終えてから駅前のその交差点に行こうと思っていました。
しかし、日中のヨガは参加者がいないということで、インストラクターが中休みに外出してしまいました。
終身会員の古参のA氏が修練しているところをお邪魔して、あんまり好きでない「BOW」という103回のお祈りポーズを1セッションやったら、やはり途中から気分がムカムカしてきて退出しました。

お目当ての交差点に行くと、午後3時過ぎなのに最新号の情報誌がまだラックに入っていませんでした。
そのついでに、ジャージに半そでTシャツというラフな姿で、ハローワークのある建物の前に駐輪しました。
「ここに停めたらいけませんか?」
「ホンマはあかんねんけどな、」
警備員の女性が私を失業者と察して多めに見逃してくれた。
「すみません、就活なので助かります。」
「なんか大変なんやってね。何枚かいても落とされるって・・・」
「そうですね。私ももう1年失業してます。」
「がんばってな。行ってらっしゃい。」
「ありがとうございます。行ってきます。」


いつか、訓練校に在籍している最中の就活日に来たとき、ハローワークは待合の席まで満席で、
なんともいえないマイナスエネルギーを帯びたムードが充満していて気分が悪くなり、数分もいられなかった。
しかし、金曜日の午後3時ともなると、空席も半分くらいあって、即座にPC検索することができた。
それから、1分もかからず、自分の理想にぴったりの求人を見つけてプリントアウトし、スタッフに紹介状と面接の依頼を要請した。
あいにく、その日は担当者が出張中とのことで、週明けに自分で電話するようにと指示された。
その日のうちに、前回もお世話になったキャリアカウンセラーのH氏に模擬面接の予約を取り付けた。

翌日のうちに、履歴書は手書きで仕上げたものの、求人の条件欄は「実務経験者」とありそのことがどうも気がかりだった。

週明けは、午前中に直に電話するのを控えて、午後1時からH氏に相談してみることとした。
「ゆきんこさん、去年、あんなに面接もバッチリだったのに、どうしてまたここへ?あなたには今更
模擬面接なんて不必要でしょう?」
「いえ、あの事業所は役員面接はその場で採用を決めていただきました。でも、一緒に働くことになった上司が・・・」
「まあ、事業所によっては、理不尽なことがあるんですねぇ・・・」
「行く先々でそればっかりで、、、、だから、今度はどんなにひどいことがあっても挫けずに仕事にも支障が少ない職種に変更して4ヶ月間、職業訓練に励みました。」
「過去は水に流して、先に進むしかありませんからね。」
「はい、そうですね。」

親切にも、H氏は予め、応募先のHPや想定質問も一式用意してくださっていた。
「応募者は全員で5名です。そのうち既に2名は不採用になったようですな。あとの3名はこれからでまだ募集中のようです。」
「応募しようかどうか相談したくて、まだ先方に電話していないのです。やはり前回の痛手もあって全く未経験の若くない私だと、面接に応じてくださらないだろうと思います。それよりも、実習先だった派遣会社の登録日が16日ですから、そちらの委託先への就職の方が有利かなと思っています。」
「だったら、ダメ元で電話したみたらどうですか?電話の時点で断られたらそれはそれで、次にいけばいいじゃないですか。」
さすがに、ベテラン相談員のH氏にも認められたのかな?という履歴と四方山話のなかに、答えは自ずと見えた。
「お世話になりありがとうございました。帰宅したら早速、電話してみます。」
「またいつでもお声をかけてください。」
「いえ、もうそんなに度々は来たくないんですけど。。。」
苦笑いで再びのH氏と別れの挨拶を交わした。

宣言どおり、帰宅して電話すると、またもや担当者は会議中だとのことだった。
そして、会議が終わると告げられていた3時過ぎ、再びかけようとしていた矢先に、ベルが鳴った。
「いつ、面接に来てもらえますか?明日はどうですか?」
「はい、明日お伺いします。」
あまりにも速攻で、面接日は翌朝15日11時に決まった。

明けて15日は深夜から雨が断続的に降っていた。
9月に入ってからは初めての雨模様だったかもしれない。
なんだか、ぬかるみの結婚した日を思い出す。
失業中は、少し朝寝坊で起床時間は、8時台にずれ込むがそこから面接時刻まで余裕で身支度して
レインスーツに身を包み、自転車をこぎだした。
自宅から約30分。
婚姻届を出した場所からほど近い位置に、志望の面接先はあった。

受付には既に同様のリクルートスーツ姿の若い女性がベンチに腰掛けて待機していた。
どうやら今回の面接、滑り込みセーフだったみたい!?

面接は、事務長室と、相談室の別室でそれぞれの上司と1対1で行われた。
といっても、処遇や勤務条件、職務内容などなど、一方的に話を聞いていただけ。
それぞれの上司からはシンプルにこんな質問が投じられた。
「ケアマネなどは考えませんでしたか?」
「少しは考えました。でも私には、机上の作業が向いていると思い直しました。」
相談室で別途面接を受けたもう一人の上司は、
「実は、私と同い年なんですよねぇ。」
「はい、アラフォーです。40代の方はスタッフにいらっしゃいますか?」
「う~んん、殆ど20代ですね。僕だけです、40代は。」
「そうですか。」
「どうやって、通勤されますか?」
「最寄り駅はM駅です。今日は自転車で来ました。3年前は隣のK駅まで自転車通勤でした。」
「そうですか、近いですね。」
「もしも、採用していただけたら、付近に引っ越します。お墓も近くにありますから。」
つい口をついて出たことばが、上司の笑いをとった。

調子付いてか、昨日の午前10時も連日、面接になった。
こちらは1ヶ月前から実習先で顔見知りになった派遣会社総括のM氏。
「度々、お電話いただきありがとうございました。」
実習直後の2日には、既に履歴書を持参していたのに、それから丸2週間待機しての面接日を迎えた。
前日同様にM氏から類似の勤務形態の希望や処遇などの説明を受けた。
最後に簡単な、適性テストも30分間受験した。

処遇だけ聞き流したとしても、やはり派遣会社より直接雇用採用の正職員の方がよほど条件はよかった。
しかし、M氏のことばの方がよほど、現実身に迫っていた。
「前職に戻ることはありませんか?以前の仕事とこの現場での業務は違っていると思いますが?」
「既に保育士を辞めて4年ほど経っています。それ以前から、事務職への転向を考えあぐねていました。もう戻ることはないと思います。こちらでスタッフの皆さん方と楽しく実習させていただいたことで、決心がつきました。」
「副総括とも話し合いの末、ゆきんこさんを当社で採用させていただきたいと思います。」
「・・・ありがとうございます!」
「ゆきんこさんには、3つの部署から希望する一つを選んでいただくことになります。正式採用日までに担当者と顔合わせをしてもらえますか?翌週連休明けの24日までに希望部署を考えておいてください。」
「わかりました!では、連休明けのこの時間に改めてお伺いします。」

ドレスアップして、アフタヌーンは旧友たちの待つ天満橋駅へ出発だ!
少し汗ばんだリクルートスーツの私に爽快な9月の熱い風が吹いた。

できるなら、風に生まれ変わりたいのが本音です。
---------------------------------------------------------------

2009/09/17 16:39 | 就職活動 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
私的に子育て支援
2009年09月07日 (月) | 編集 |
先月、8月31日で訓練校最後の修了式を迎え、60名の受講生が賞状を授与された。
なかには、インフルエンザで来れなかった噂のNさんや、実習途中にトラブルが生じたために、数名の訓練生たちが除外されていた。また、なかには複数の証書を授与されている人もいた。
複数の証書とは、3ヶ月間勤しんできた受講内容の資格試験の合格証だった。

「これからも時々会いたいね。」
「また、来月末も会えるね。」
「再受験がんばろうね。」
「就活もね。」
「ああ~、でも就活疲れるなあ~・・・」

各々の実習先は決していいことばかりでなく、最後に臨席したYさんは円らな瞳がチャームポイントなのに、口角をへの字に下げていた。
実習期間の4ヶ月を終えてみたところで、すぐに就職先が転がり込んでくるわけじゃない。
「お世話になりました。」
次期入校生たちのお世話で気忙しそうなヤマピー先生に挨拶し、訓練校の所在する雑居ビルを出た。
時々、交流していた中途身障者のYさんに声をかけた。
「Yくん、元気でね。」
しかし、彼は知らん振りして杖をついて遠ざかっていった。
実習中、コバンザメのAちゃんと同じ現場だったらしいけど、どうなったんだろう??

午前中のうちに、訓練校仲間とは別れて、正午には「旅立ちの鐘」の前でSちゃんと待ち合わせた。
同じ受験にSちゃんは合格して、同じ業界の就活を先んじて始めていた。
長年の友情のおかげで、情報交換でダベリんぐしながら、しばし、午後の優雅な(?)ランチを楽しんだ。

「民主党圧勝でなんだかいい気味!4年前のブログには確か自民圧勝って書いた覚えがある。」
お互い長引く不況と相俟って就活が厳しいことにめげずにがんばれることをひたすらがんばろうと、
ケーキセットに舌鼓を打ちつつ励ましあった。

けれども、さすがに9月に入っても、8月の実習夏バテモードを引きずっていた。
Sちゃんを呼び出し、専用テキストを借りて再受験勉強体制を整えたはずが、スランプモード。

今週、Pさん宅を2回訪問する機会を得た。
2日の夜は、共通の恩ある知り合いであるN先生のお誘いを受けて公共施設で毎月行われている
発達障害児を対象とした事例研究会に初参加した。
N先生によれば、K駅付近のこの施設でとある障がい者の親の会が主体となって、教職員関係者や
小児科医を召喚してのスーパーバイズつきの本格的な支援活動が始まって10年ほどの歴史があるという。
隣のN市内に在住在職する現役の小学校・支援学校の教員が、それぞれの現場で問題を抱えている
発達障害児とその家族支援のためにグループワークを行っていた。

といっても、それはほんの一握りの熱意ある教員なんだろうか?
転職すると決めて1年経過してみると、案外、それまで教職員大学院では当たり前にこびりついていた「発達障害」やら「アスペルガー」「特別支援教育」という文言は、身近に見聞することからフェイドアウトしてしまったように思う。

事例のA君(小4)の問題点を私なりに掘り下げる作業を、ベテラン教員に混じってグループ討議することは、4年のブランクにもかかわらず、別段難しいことではなかった。
私には、最後のH保育所でかかわったR君との日々が蘇ったからだ。
コメンテーターでA君の主治医のY先生が、彼がウツ状態で、リタリンとLドーパを服用しながらギリギリの学校生活を送っていることを慮っての支援を要請して、閉会した。

世間は広いのか狭いのか、私は閉会してN先生に告げた。
「私としては、今回N先生のお誘いいただき、本当にありがたいです。ようやく小児科医のY先生にお目にかかれたって感じです。
5年前の受験勉強の際、研究計画書をお願いしていた自閉症のお子さんは、Y先生が担当医でした。
今年に入って、踏切を挟んだ商店街の一角でわんわんコミュニティというサークルに参加していますが、代表の中学生の保護者の方がY先生のクリニックで愛犬を介したふれあい活動を行っているんです。」
「そうですか。Y先生にかかっている発達障害のお子さんたちは付近にたくさんいらっしゃいますね。
でも、Y先生がABA以外にもそのような活動に賛同していらっしゃるとは知りませんでした。」

それから、P家を再訪したのは、昨日6日の午後。
お正月ぶりに、Pさん一家が勢ぞろいした。
といっても、ゆきんこの場合はP家に仲間入りして1年半と日も浅いし、まだまだ他人行儀が抜けない。

そんなとき、遠慮がちな大人の関係を緩和するのは無邪気な幼児の存在であることは間違いない。
「Yちゃん、来たよ~!!」
「イヒヒヒヒヒ~!」
ちょうど4歳になったPさんの姪のYちゃんの保育は、終日、ゆきんこの専任となった。

「ひとつだけ食べよう」
「くまさんの横にある四角いのな~んだ?」
「これ!!」

長年、大人よりも子どもとかかわってきたゆきんこの保育技術は我ながら廃れていなかった。
Pさんの弟夫婦には、数多の他児たちと比べて我が子が今、どんな発達状況のどんな課題をもっているのかまで、専門家チックに分析はできないだろう。

「ゆきんこさん、いっしょにしよう!」
「いいよ。でも、ママにいいってきいた?」
Yちゃんから無邪気に手を引いてキャッチボールやかくれんぼ、リカちゃんの幼稚園ごっこなど諸々の遊びに誘われると、根っからの子ども好きな私としては、楽しくて断りきれないのだった。

どうも先月、『新・児童心理学講義』を読んだせいかな?
そういうわけで、翌日の今日はかなりくたばっています。。。



---------------------------------------------------------------

2009/09/07 17:21 | 保育 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲