http://sateraito.blog20.fc2.com///ゆきんこの引き出し
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

2010/02/28 (Sun) 梅にメジロ?
今日で如月も終わり、参加各国の地球の人々を歓喜させたバンクーバーオリンピックも明日には聖火の灯を封印しようとしている。

凡庸な私もとりわけフィギュアオリンピック選手の活躍ぶりは、何らかの影響を与えてくれたように思う。
仕事で、理不尽な言動を指導者から受けた時、私はつい口応えしそうになることがあるのだが、
それをぐっと堪えたり、選手の4年に一度の試合に挑むその意気込みや、それまで積み重ねてきた計り知れない研鑽を想像するとき、すぐに落ち込んだり、へこたれたりする自分を省みて、こんなことじゃいけないともう少し頑張ろうと思いなおすこともある。

バレンタインデーの翌日からはじめてパート勤務に移行して余暇が増えた。
早速、他のパート求人を探し、履歴書を投函した。
その間、持病になりつつあるぎっくり腰の緩和に投資することにした。
23日には休暇をとって、新聞の折り込みチラシに「アロマリンパマッサージ」の6カ月講座を見つけ、申し込みにも出かけた。

その日は、午前中先約で知り合いの発達障がいのお子さんの保護者3名の方々と尼崎市に位置する「子育て支援ステーション チャッピー」という新施設を訪れた。

午後には、再びSちゃんを誘い出し、大阪城公園で梅見物。
観賞する人々の群れにまぎれて犬を連れている人も目につく。
思わず、写メールしたのは、ウサギを抱っこしてベンチに座る飼い主の傍に
どうみても、鶯でも雀でもない大きな小鳥が、枝にとまっていた。
黄緑色の立派なオウムを屋外に出しているとは驚き!

昨日、27日も朝から晩まで遊び呆けた。
仕事帰りに、ヨガを楽しむ時間も増えて、今月納めのヨガも経絡を伸ばして淀んだエネルギーを手先から放出することに手ごたえを感じられるようになってきた。
大の字に横たわり目を閉じれば、燃えたぎる太陽が、私にエネルギーを降り注ぎ、万物を生かせてくれているのだという感謝の念が、涙に変わった。
そして、丸テーブルにくつろぎのお茶会のセット。
屈託なく笑い合う平和な親しい関係の仲間。
これが、私の新居だったらな。
ブログでしばしば描き夢見続けている光景。
それは、未だ私の脳裏のイメージに過ぎない。

12時30分には、自転車で次の待ち合わせ場所へと向かった。
ヨガを終えた直後は、なぜか、穏やかな充実感と前向きに何かをやってみようという気持ちが体内をかけめぐる。
安くない投資だけど、1年間続けてきてよかったと思いつつ、自転車のペダルを軽やかにこぐ。
市内の自然公園に来るのは、2~3年ぶりだった気がする。
駐車場で旧友のHさんと落ち合った。
以前、工事中だった所々の個所は真新しく公園の様相を変えていた。
「まるで宇治の太陽が丘みたいになったね。」

偶然出会ったアマチュアカメラマンの男性にきいてみたら
沼地には珍しい水鳥もやってくるという。
近づいた途端、4羽の水鳥が驚いて羽ばたいた。
「ごめんね、びっくりさせちゃったね。」
「カモね?」
その3文字の付加ことばが、クスリとHさんの笑いをとった。
新エリアを探訪し、30分ほど散歩がてら迂回してお目当ての梅林にたどり着いた。

こちらの梅林でも、犬連れの飼い主の姿が目立った。
大阪城公園と違って、自然のままの梅の佇まいがこの梅林の魅力だと思った。
枝先には梅の花の蜜をついばむ抹茶色の小鳥が3羽とまっていた。
「鶯だ!」
「そうかな?目の周りが白いからメジロじゃない?」
「でも、ホーホケキョと鳴いたよ。」
「私も鳥のことは全くわからないから、断定する自信はないけど。」

それから、おなかもぺこぺこになり今度はHさん宅へおじゃますることにした。
Hさんのもてなしでラーメンと、持参したサンドイッチでランチタイム。
そして、メインイベントのWiiフィットネスに没頭、無我夢中になった。
とりわけ、バンクーバーオリンピックにあやかって、
バランス感覚を養う目的でバランススキーと、バランススノーボードにチャレンジしてみた。
チャレンジといったって、バーチャルリアリティは所詮、安全だし、ボードの上で体をくねらせるだけで苦痛も何もない。

でも、たまにはこうした享楽を味わったっていいじゃないか。
周囲では、ストレスで胃腸を傷めたり、うつに苛まれ社会生活に苦しんでいる人々の不健康な話題でおしつぶされそうになる。
しかし、ヨガではそれさえも、自己選択しているのだと諭される。

日が暮れて、レストランで雑炊を食べていざ支払というとき、かばんの中に財布がないことに気がついた。
Hさんがあきれたのと不安の入り混じった口調で
「どうして今まで気づかなかったの!?」
と眉間に皺を寄せた。
「多分、スタジオの棚に置き忘れたんだ。」
すぐさま電話したら同じ地元H高校の先輩でもある委員長のT先生が高らかに笑った。
「ありますよ。」
「よかった~!!今から30分ほどで受け取りに行きます!」







スポンサーサイト

2010/02/22 (Mon) 平成22年2月22日
本日、平凡な猫の日。
お天気は晴れ。
日中の最高気温は15度と新しい部署で2週目の退勤後1時前にはマフラーはいらない陽気に見舞われた。

バンクーバーオリンピックも後半に入って、高橋選手の銅メダルに沸き立った後は、カーリングリーグ予選の行方が気になるところ。
どのオリンピック選手にも共通するのは、目標が明確で眼光鋭いめりはりのある表情だ。
子どもたちの未来に大きな希望を与えられるオリンピック選手は、やはり偉大でカッコいい存在だ。

さて、パート勤務であまりにも忙しすぎたカウンターから逃れて、1週間。
業務遂行中の午前中4時間30分の緊迫感と裏腹に
今までの反動でものすごく気抜けしてふぬけてしまっている。
希望した異動部署のはずなのに、これでいいのかな?というなんだかイケてない感覚に疑問符がわく。

2009年2月から半年以上かけてようやく転職し、そのために必要な職業訓練と資格もゲットした。
部署は変わったものの、新しい事務職の仕事になんだか興味や楽しさがわいてこない。
もしかして、更年期ってこのことかな?
単なるスランプなのかな?
ストレス腰痛は慢性化してるし、気力が落ちて疲れやすくなったみたい。
2010年を境に就寝時間が早まり、20時から21時台には布団に横たわっている。
1月末までは、夜中に目覚めて仕事をしている頭の感覚が抜けきらない不眠症のような感じがあった。
しかし、2月に入って平均睡眠時間は約9時間。ぐっすり眠っている。

と書いている私は、やはり贅沢でわがままなボヤキをしているんだと思う。
必要に迫られなければ、整理整頓しない2階の自室の書類に改めて目を通してみた。
そこには、職業訓練と同時進行で2009年にスクラップしていたもうひとつの夢のかけらがファイリングしてあった。

夢のかけらは、今パラパラと捲ってみると、その瞬間は夢中になっていたはずなのに、
終わって実現から遠のくと共に、私の胸の中で消沈していった。

変わったことといえば、Pさんの見立てで新しいPCを購入した。
2002年から愛用してきたSONYのVAIOは、いよいよ作動がノロノロしていたので、
中国製のlenovoという新機種にwindows7搭載の最新物が格安でゲットできた。

仕事に渾身込められないのにはいろんな理由があるけど、
一番の理由は、もう第1線に立ってまで闘魂する気力も体力も自ずと下降してきたことはイナメナイ。
それでもいいのさ。

暢気なことに、明日は休暇を取って尼崎と京橋で友人・知人とお出かけすることになっている。
けれども、私には家族との交流が侭ならない、それを明かせない現況がある。
もしも、私が普通の結婚をしていたなら、天然の暢気さに輪がかかって、もっと暢気にいろんなことが
書けたかもしれない。。。と自分の手相の中の結婚線に目を凝らす。

でも、私は天然に暢気だ。
仕事場でも私ののほほんさは、派遣社員のなかでもいわゆるバリキャリタイプで容量の良い女史のイライラを誘うようだ。
今日は猫の日。しかも、平成22年2月22日
当の猫たちは、そんなことも知らないのにね。

2010/02/15 (Mon) やっぱり末吉のご利益?その2
バンクーバーオリンピックが開幕して3日目。
初日の開会式はLIVEでみっちり3時間半すっかりテレビおばさんになっていました。

本日より、4ヶ月半を過ごした部署から責任者の格別な取り計らいで新しい部署に異動しての新しい勤務が始まりました。

何せ、13階建ての大組織ですから、部署ひとつ変わればまた再再就職したようなもので心機一転です。
一緒に働くメンバーも仕事内容も雰囲気もガラリと変わりました。
「おはようございます。はじめまして。今日から入りましたゆきんこです。よろしくお願いします。」

朝、一番の出勤時間も8時30分だったのが、8時に繰り上げで起床時間も5時台に変わりました。
勤務時間も変わって、終了時刻は午後12時30分。
平日のお昼時に退勤できるのも嬉しい。
新しい同僚になったNさんと並んで先週まで缶詰でストレス満々のカウンターを横切った。
出勤も退勤も一番早い。
Nさんは時給の安いこの派遣会社にはじめから敢えてパート勤務することを選択したと述懐した。
一休みしたら、夜は別の職場で健気にもダブルワークに勤しんでいる。
私の後任には、入ったばかりらしい4ヶ月前の私に相当する研修生がカウンターの中央に立っていた。

狭いロッカールームで肩をすぼめて遠慮しながら着替えるストレスもない。
給与が半減しても、今は嬉しく軽やかだ。

午後1時過ぎには帰宅して昼食を作って食べた。
のほほんとスピードスケートを視聴しながら、次のことを準備した。
公開市民講座の申し込みと履歴書作成。
昨日の求人広告に目を凝らし、他の派遣会社にも問い合わせてみた。

そして雨あがりの夕方投函されたのは、本日付の4度目の正直の資格試験の合格証書だった。

履歴書の免許・資格欄の一番下段に書き添えていた「資格取得見込」の「見込」だけ削除した。
昨夏の職業訓練校での訓練から受験そして、再就職、研修を経て毎日の積み重ねでようやく履歴書にも新しい肩書きが
加筆された。

転職が多すぎて、加筆修正も数え切れない自慢にならない履歴書。
よくがんばってきたなとオリンピック選手ほどではないけど、
つまづいてはこけてばかりだった七転八倒みたいな履歴書だ。
それともつぎはぎのパッチワークというか。

噂によれば、入社後わずか4ヶ月にして自己申告での部署移動希望が通ったのは、とても幸運なのだという。
ノイローゼ寸前のクレーム処理とか、どうしても部署の雰囲気になじめずに苦悩して上申しても、
そんなに簡単には部署異動を許可されないらしい。
ただでさえ、どの派遣会社よりも時給が安い上にストレスフルなので、じらされた部署異動を待ちきれないまま、短期間のうちに退職する社員は後を立たない。
管理職の任期も半年単位でコロコロ変わり、私を採用した管理者も配属替えをした管理者も2月の辞令で何処か別の派遣先へ去って行った。

「我々とは何か?我々はどこへ行くのか?」

哲学的にか、あるいは宗教的には、もちろん現世に生きていることそれ自体が、仮の居場所に過ぎないのだろうけど。

2010/02/05 (Fri) やっぱり末吉のご利益?
「試験の結果どうだった?」
「まだ。来週くらいにわかるかな。」

勉強は嫌いじゃないけど、仕事は好きじゃないのが私の天分らしい。

派遣社員業務に就いて5ヶ月目を迎えました。
1月の3連休明けから管理職のお達し通り「研修中」の名札をとった効果があったのか、
仕事は表面的にはスラスラとできるようになってきました。
もちろん奥は宇宙のように果てなく底なし沼業務は延々と続く花形部署です。
なぜなら、13階建ての大きな建物の中に、1日に2000人もの老若男女がやってきて、
その中でも最も賑やかで人が集まる場所の、いわゆるコンビニみたいなカウンターに1日8時間釘付けの立ち仕事。
建物の中にはコンビニもあるけど、そこよりも、駅前の近鉄デパートよりも遥かに賑わっています。

3度目もダメで、4度目でラストチャンスの資格試験勉強も渋々帰宅後毎日1時間励行と同時進行の1月でした。
1月23日(土)午後1時~4時の3時間ノンストップで天満研修センターで受験しました。
さすがに4回目ともなると板についてきた箇所もあって、30分余裕でできて見直しもできました。
過去問もパーフェクトで解答できたことがありました。
まあ、気落ちしないようにまた今度も落ちるかも・・・しれませんけどね。

しかし、人生何がいいのか悪いのか、生ききってみないことにはわからない。
毎日カウンター越しに接している方たちの服装や歩き方、ほんの一瞬のコミュニケーションにもその方のひととなりや
人生を垣間見る気がします。

この、ある意味やりがいのありすぎる骨折り仕事の区切りがやってこようとは、
嬉しいような切ないような・・・
あの傷口に塩を塗りこまれるような非情とも思えた若き管理職O氏のお達しが辛かったですが、
それから2週間も経過しないうちに、個別面談がありました。

「研修中の名札を外してからの業務はどうですか?」
「おかげさまで、先輩同僚の皆さんたちに助けてもらって、気持ちは少し楽になりました。
 Oさんのアドバイスも苦しくて辛かったですが、この際、労災になるまでがんばるしかないのかなと思いました。
若い同僚の皆さんが笑顔で健気にがんばっているのに、年上の私がへこたれているのも恥ずかしいのと、今のメンバーと一緒に仕事ができてよかったと思っています。」
苦笑いのO氏は、
「労災は困りますが、気持ちを入れ替えてくださったので持ち掛けたいと思います。ゆきんこさんが去年と同じで心境の変化がなければ、この話はしないでおこうと思いましたが。」
「何ですか?」
「配置換えです。ある部署で人員の欠員が出ました。その部署ではパート勤務しかありませんが、立ち仕事が辛いと言っていたのでイスにかけての業務が主になるのと、出勤時間も30分早くなります。今の部署とどちらがいいですか?」
「もちろん、喜んでその部署に異動します。」
「しかし、1週30時間未満の勤務形態になるので社会保障は制限されますよ。」
「長い目で見て、やはり今の部署ではいずれ身体を壊しかねません。なんと言ってもクレーム対応の責任が私には
負い切れません。何か取り返しのつかないことがあってからではと思うとやはり不安が大きいです。給与が下がってもはじめの希望は変わりません。」

異動が内定してからは、気分が日に日に軽くなり、受験後の1週間のフルタイム勤務納めは残業も率先してがんばることができた。
毎日こんな気持ちで、仕事に勤しめたらいいのに、因果なものでこの勤務から開放されるという嬉しさと清清しさがなぜか仕事のやる気にスパートをかけていた。

涙して引退宣言した朝青龍関となんか正反対?

その間、図書館に予約していた村上春樹の話題小説『1Q84』もようやく入手したというのに、殆ど読み進むことなく返却期限が来てしまった。また借り直し。
一昨日、2月3日から私の後任には、私と全く同じルートの職業訓練校経由の実習生だったYさんが、4ヶ月遅れで研修生としてやってきた。
1月中、2回も熱を出しても休まず長時間労働に耐えた若きチーフは、逞しさを増してか、Yさんの教育にも熱を入れなおし、更にはパートに左遷間際のゆきんこのお仕置きにもぬかりはなかった。
今日も、Yさんの目の前で
「質問は代行処理した人に確認して、他の人にきいてもわからなくなるって言うたやん!?」
「ね?おこられちゃった」
「Yさんに救いを求めてどうすんの?眉間に皺が寄ってるから、私に質問しにくいのはわかるけど。」
「チーフはまだ若いから戻りますよ。私の方がホントに眉間に皺刻まれてます。」

私はもう40過ぎのおばさんだ。
仕事上ではいくら指図できても、私の人生行路にまで指図されては御免被る。
しかし、まだ40代のはじめでもある。
ぎっくり腰でまた倒れるわけにもいかないし、何より、未来予想があった。
「私はこんな大きな、一見栄えあるカウンターで生き埋めになるわけにいかない。
きっと、将来どこか他に行くところがあるんだ。」

Pさんと私の新居は未だ決まらない。
今日は、名ばかりの立春も桜の咲くころには違う展望が見えてくるかもしれない。
2月までお預けにしていた、ご褒美は1日5時間勤務2時に開放される退勤時の爽快感としてもらっている。

1日と3日は中学時代の恩師の個展にかけつけ、懐かしい旧友に会うことができた。
2日にはSちゃんと待ち合わせてアロママッサージの初体験。
3日はヨガで新しい経絡をほぐすポーズを教わり、コロンビアへ旅立ったというフシギな女性と再会した。
4日は、資格スクールの無料セミナーを受講中。
爽快に過ごせたのは、減俸になってもアロマやヨガに自己投資して自分を癒したり楽しませる天分が蘇ってきたから
という気がしている。

「なんだか、熱出してもどんなにストレスたまっても放棄しないで責任を果たしているTさんが痛々しくて。そんな人の部下でいるのもいやでね。自分の過去を見てるようで・・・」
お局歴15年のSちゃんが言った。
「今の彼女に何を言っても無駄だし、言える立場でも義理もないよ。そういう中間管理職で、責任感強すぎる人は、ぶっ倒れて再起不能にならなきゃもう自分でブレーキかけられないんだよ。私も孤独で、わかっていても、仕事の渦に巻き込まれてどうしようもない時期があった。こんなに犠牲を払っても、会社って使い物にならなくなった途端、とても冷たいの。こわれた健康は、仕事やめたって取り戻せないし、会社はそこまで人生を背負ってくれない。どうせパートなんだから無理してがまんすることないよ。」

たった4ヶ月の付き合いの若い上司より20年以上の付き合いに及んだ旧友の進言が私の脳ミソに沁み込んだ。

そして、明日5日の仕事が終わるとPさんと会う約束になった。
先週、不意に元祖理系のPさんにこんなことを発言した。
「私、気がついたの。『星は光ってる』『太陽は燃えている』って一般的にいうけど、太陽は地球にもっとも近い星だという認識はなかった。でも、星って実は太陽と同じように燃えているんだよね?」
「うん、そうだね。」
「星はあんなに遠いところで燃えているんだ。でも、どうして光ってるっていうんだろう?」

P家の皆さんにはそれぞれ異変が起こったものの、なんとか無事に週末が迎えられそうだ。
当分、一緒に暮らせないアラフォー夫婦でもまあまあ仲良く幸せみたい。
そして、明日の午後がまたやってくるのが楽しみだ。

プロフィール

ゆきんこ

  • Author:ゆきんこ
  • 2005年8月23日にデビューして、ブログ歴12年目になりました。
    開設当初、障碍児加配保育士を経て、紆余曲折の3年間の夜間大学院の日々を綴ってきました。
    修了後も、失業と再就職を繰り返し、どうにかケセラセラでやってきました。
    出会いと別れの中で次第に専門分野への執着を捨て、遠ざかる日々です。

    独身時代の趣味は、旅行、水彩画、ハイキング、心理学系の読書、リコーダー演奏などでしたが、兼業主婦になってからは家事にまい進、心身とともに衰退しています。
    かなり前に流行った「どうぶつ占い」では「人気者のゾウ」ってことになってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。