日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
それでもトマトは実を付けた
2011年11月09日 (水) | 編集 |
今日も、秋の平凡な一日が終わろうとしています。

平凡なといっても、1日24時間のうちに何かしらやってるわけなので、諸々したためようと思えばできないこともないのですが、ダイジェストにしてみます。

新居を構えて1年半のK市は今年市制40年を迎え、しばしばイベントを開催している模様。
11月よりご当地キャラ入りのナンバープレートを市民に交付するという広報をかねてより見ていました。

そして、仕事も2連休の本日、ご当地キャラ入りナンバープレートをゲットしてきました。
去年、この地に転居をしたのを機に、母より譲渡されたバイクを乗りこなせるようになり早1年が経過しました。
バイクの用途といえば、隣接の市に所在する実家と新居を往復するのが殆どで、これまではナンバープレートを特に改める必要もなかったのですが、ご当地キャライラスト入りのナンバープレートについほだされたというわけです。

午前中に家事を済ませての正午過ぎ。
市役所の裏口から税務課へと向かう途中、男性からチラシを渡されました。
彼は、「毎週水曜日には市役所の地下1階でご当地キャライラスト入りの★ベーカリーの出張販売をしているので、是非覗いてください。」と私に宣伝しました。

そのことばに誘われ、地下へと降りてみると、なかなか美味しそうな焼きたてパンが並んでいました。
かなり売れたのか、既に品薄な状況でした。

新商品のさつまいもパンを2個買い、バイクのナンバープレートをドライバーで外すと、隣市行きの電車に乗りました。

午後1時。
故郷H市の市庁舎前はこの時期「菊フェスティバル」で賑わっています。
それを横目に軽自動車課へ、ナンバープレートを返却し、廃車の手続きを済ませました。

それから、すぐに引き返し、再び元のK市役所の税務課へ。
そこで、H市からもらってきた廃車申告書を提出し、ようやく★ちゃんナンバープレートをゲットしました。

これだけの手間ですが、約2時間、なんだか面倒くさかったです。
最も時間を要したのは不慣れなナンバープレートの付け替えで、30分以上も費やしてしまいました。

帰宅してバイクを駐輪すると、黄色いたんぽぽの花が季節外れに麒麟草と一緒に咲いていました。

ところで、
もうひとつのニュースも遅まきながら、季節はずれの発見です。
気づいたのは、10日くらい前でしょうか?
実は、4月に蒔いて猛暑には次々と花を咲かせていたベランダのミニトマトですが、
赤く熟して食べることができた実はたったのひとつだけでした。

その後も茎が伸び、花が咲き続けるのですが、全くと言っていいほど実にならず、やがて花と葉は枯れていってしまいました。
どうせなら、すっかり枯れてしまうまで栽培しようと水をやり続け、現在に至っています。

つまり、11月中旬にさしかかろうとしている現在も、トマトはまだ元気に花を咲かせているのです。
そして、それだけではなく、10月の終わりになって、8つほどのトマトが実になっていたことを発見しました!

何というか、こんな季節外れに、予想外に実をつけたトマトになんだかプチハッピーになりました。
そんなに驚かなくても、地球が温暖化してるいけない証拠なのかもしれませんけどね。




スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2011/11/09 22:18 | 季節、気象 | Comment (2) Trackback (0) | Top▲