ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨年12月に、中之島へ赴いた際、「教育実践学フォーラム」のゲストスピーカーとして京都大学教授 船橋新太郎先生の講演を拝聴することができた。

はっきりいって愚弟の私には十分にわかりかねる講演内容だった。
しかし、「ワーキングメモリ」ということばは、20年以上も前に学んだ当時の心理学の最先端用語であることを記憶に留めていた懐かしさもあり、船橋先生の著書を一度読んでみたいと思っていた。

そこで、図書館で取り寄せたのが、
『前頭葉の謎を解く』船橋新太郎著(2005 京都大学学術出版会)

裏表紙には、このような概説がある。
「人類は、動物の中で最も大脳が発達している。なかでも前頭葉はひときわ大きい。
それゆえ、この『前頭葉』こそが、「知性の座」ではないかと考えられた。
しかし、事故や病気で前頭葉に損傷を受けた人を見ても、知能や記憶力が衰えた様子はない。
これはどういうことだろうか?
 前頭葉は、これといった機能をもたない「沈黙野」なのだろうか?
 知れば知るほど、もっと知りたくなる脳の不思議な世界へようこそ。」

さて、日本の大脳生理学者の第1人者である船橋先生の240ページにも及ぶ内容をまとめるのは難しい。

まず、船橋先生の代表的なマカクザルを使ったODR(眼球運動を用いた遅延反応課題 oculomotor delayed-response task)と呼ばれる実験の数々で明らかにされたことと、未解明の課題とが連綿と続いています。
これを読むだけでも、一苦労だから、実際に、サルを実験室に慣らすところからはじめ、課題ができたごほうびには、オレンジジュースの好きなおサルさんもいれば、スポーツドリンクが好きなおサルさんもいて。
指さしできないおサルさんたちの機嫌をとりつつ、課題トレーニングの繰り返しの実験の歳月がいかに途方もない大変なことなんだろうかと想像しました。

これだけ果てしない実験を重ねてもなお、まだまだわからないことが増えていくとは、、、
研究者になる方々というのは、もって生まれた知性の前に、地道であきらめない根性が鍛錬された方々なんだろうなと思いました。

かつては第2次世界大戦頃、あからさまにやられてきた人体実験。
多くの戦死者や犠牲を払った方々に対して、その後の心理学やら医学の分野での実験が倫理的にいかがなものかということになって、今ではおサルさんやネズミさんが被験動物になったのです。

そして、今後の課題は、

前頭前野の入力情報のなかで、最も重要なのは、報酬系や情報系からの入力である。
その中枢のひとつとして、側頭葉の扁桃体が知られている。
扁桃体からの情動性情報が、帯状回の神経経路を通って前頭前野のニューロンにどのような影響を及ぼすのか?

前頭連合野のニューロン活動に大きく影響を与える伝達物質としては、
ドーパミン、ノルアドレナリン、アセチルコリン、セロトニンが考えられる。
なかでも、ドーパミンは報酬の有無、報酬出現への期待、注意などの機能と深くかかわることが知られている。
この作用の変化は、注意欠陥多動性障害や統合失調症などの関係することが知られている。

さらに、前頭連合野のニューロン活動の大きさや刺激に対する選択性が、
ドーパミンやノルアドレナリンの局所的な濃度変化により大きく影響されること、
ワーキングメモリ課題の実行に伴って、ドーパミンなどの伝達物質の放出量が前頭連合野内で変化すること、
前頭連合野内のこれらの伝達物質の濃度変化がワーキングメモリ課題の成績の良し悪しに影響すること、
などが明らかにされている。
しかしながら、その具体的仕組みはまだほとんど明らかにはなっていない。

今後の研究で、情動系からどのような情報が、どのようなタイミングで前頭連合野に入力されているのか、
ドーパミン、ノルアドレナリン、アセチルコリン、セロトニンは前頭連合野内での放出量はワーキングメモリ課題の時間的な流れによりどのように変化するのか、
前頭連合野ニューロンの出力はどのように変化するのか、
などを明らかにする必要があるだろう。

と記されています。


私が思うに、
現代社会において、ついていけない人や、困った人たちが、時代が進むにつれて増えていくのは当たり前のことだと思います。

サルや原始人ならシンプルな前頭葉だから、悩んだり困ったりする脳の部位もなく、その日その日をケセラセラで生きていた。
文明やら人間が自分で作ったルールに自分を合わせられなくて悲鳴をあげている脳。
そして、脳の神経回路で伝達物質が適当な分量間違ったりして交通マヒを起こしているのだと想像します。

つまりは、自然に還って、もっとシンプルに生きていければ、
現代社会の矛盾や、ついていけなさの中でもがかなくてもいいだろうにと思うのですが。
PC使いこなそうと、ワーキングメモリを出力してもがいている自分は、自分のコメントにも矛盾を感じています。
だから、悩んだり、困ったりするのも仕方ないですよね。
自然に還ったらいいんだっていいながら、還る勇気がないんです。(苦笑い)

結局、この専門本はきちんと読み切れなかったんだけど、
明日は図書館へ返却しに行くつもりです。
スポンサーサイト
喪中のイベントに備えて、事前に1週間連続して仕事を控えていましたが、明日には復帰する予定です。
毎月曜日は、近くのKスーパーが全品1割引きにしてくれるので、常習的に買い物しています。
昨日も午後から雨が降る中でかけてみると、雨のせいかいつもよりもお客さんの数は少なかったですが、
入り口前にはチョコレートを贈るラッピングサービスする特設コーナーがありました。

今日は朝から雨模様の火曜日。
あいにくのバレンタインデーとなりました。
晩御飯のおかずは、里芋のほくほくチーズ焼きと決めて、まずは下ゆでの最中です。

バレンタインデーに先んじて、ささやかながらお土産用のチョコレートを買っていました。
このチョコレートのパッケージは、赤と白のコントラストがなかなかいい感じで、キスマークのデザインが効いています。

来年は、同じものをプレゼントできるかどうかわかりません。
先々の予定を立てるのは好きですが、自分と相手の事情や体調によっては、何事も約束通りとはいかないものです。
なので、記念にといっては何ですが、
お菓子好きの私のコレクションとして附記しておきましょう。

TUDOR GOLD moment to tresure
ミルクチョコレートストロベリーチーズケーキ

名称 チョコレート
原材料名 砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、脱脂粉乳、乳糖、ココアバウダー、乳化剤、
     香料(原材料の一部に大豆を含む)
内容量  120g
原産国  マレーシア
輸入者  株式会社KGトレーディング
     大阪市西区京町堀1丁目10番8号

昨日、偶然見ていたチョコレートの歴史のTV番組によると、
チョコレートの原料のカカオはメキシコ原産で、
何世紀だったか、スペインが大航海時代を経て、南米を植民地支配下に治めた後、
王宮貴族の飲み物として楽しまれたのがチョコレートの発祥なのだとか。

その後、しばらくスペインの世界制覇が続いている間、チョコレートは知られざる飲み物で、広まっていませんした。
なんでも王宮は、チョコレートの存在を秘密にして、王宮だけで独占していたのだそうです。

原料のカカオのままでは、あまりにも油っこく、苦みが強かったのですが、
以後、バンホーテンとか、ネスレといったお菓子の技術者の改良を経て、
カカオバターとココアに分離したり、粉砕して再度練り直したりと、
現在の甘くてまろやかなチョコレートの開発されたのだそうです。

私たちって、時代の恩恵を受けて、誰も彼もが王宮貴族のように、当時よりもより洗練された美味しい
チョコレートを気軽に食べられるようになったんですよね!

さて、前もって買っておいたチョコレート。
今日はバレンタインデーだから、3時のおやつにスイートなひとときを過ごしましょう。
2月に入って、日本全国に大雪が降り、またもや被害続出というニュースが流れました。
ベランダのトマトも室内のポインセチアも、とうとう枯れてしまいました。

厳しい寒さとともに、一大イベントを控え、少し身構えていましたが、
昨日、雪のちらつく中、集まれる親族が集まって、和やかに終えることができました。
霊園から第2京阪を展望するに、見晴らしは良く、春の兆しが待ち遠しいです。

さて、2月に入って何をしていたかといえば、毎日の家事は当たり前ですが、
この日本中が凍てつく季節、私の場合、その当たり前が遂行できなくなってしまう腹立たしいいつもの持病が出てくるのが厄介です。

冬季は朝から筋肉が硬直し、がちがちに固まってしまいます。
加えて、一大イベントに備え、一際掃除に気合を入れていた先週、
腰がぎくっと疼き、また前傾姿勢のまま、戻らなくなりました。
幸い、今回は軽症で、最寄りのカイロプラクティック施術を受けて、少し楽になりましたが、
その後は一進一退。
腰がましになれば、今度は背中が疼き、
背中の痛みが和らげば、今度は首から肩にかけて引きつり感が持続する始末。

もともと姿勢が悪い上に、保育士時代の無理が祟って40代になると特に過重な動きをしたわけでもないのに、じっとしていても体のどこかが痛んでギシギシと体全体が軋んでいるような感じです。

暇があると、テレビ体操やちょっとしたストレッチをやってみるものの、
どうも長年の悪い姿勢の方が優勢のようです。
それで、自宅静養が続き、仕事も不調な2月上旬です。

・・・ということをダラダラ書きたいわけじゃなかったのですが、
ますますと日々の何てこともない生活や健康が基本中の基本だと痛感している次第です。

さて、くだらなくても書きたいことはいろいろありますが、最近はすっかりネットからご無沙汰気味です。意図的にそんなにのめり込みたくないということもあってPCを立ち上げることすらしていないので、うっすらと埃を被っています。


何を書きたいかというと、珍しいお菓子のこと。
去る12月に教育実践学フォーラムで再会したK先生に頂きました。
予めK先生のの了承を得た上で、転載いたします。

岩井温泉 ゆかむり煎餅

名称 焼菓子
原材料 小麦粉、砂糖、玉子、生姜
内容量 5枚×5包
製造者 一心堂 伊藤章忠
鳥取県岩美郡岩美町岩井343

岩井小唄
別れとてない岩井のお湯に
浮世忘れて一ト夜か二ト夜
さそう蛍の灯も招く

ゆかむり唄
初めてのおとよ 大阪京都や
中国四国に響き渡りし
岩井の温泉効能は
篤より承知の事なら
これからぼつぼつ八景口説だ
三つに四つは五つでも
六つ七んな八つは


はて、
この二つの唄はどんなメロディーなんでしょうね?

シンプルな和菓子煎餅の包紙の挿絵がコミカルなんです。
頭から手ぬぐいを被って、その上から柄杓でお湯をぶっかけている人の絵なんですけど、
ゆかむりというのは、お湯をあたまから被る→かむるということなのだそうです。
行ってみたいなあ~・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。