http://sateraito.blog20.fc2.com///ゆきんこの引き出し
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

2014/04/01 (Tue) 嘘じゃありません(仰げば尊し)
本日エイプリルフール。
しかし、嘘をついている暇はありませんでした。

本当に、今日から消費税は8%になってしまいました。
本当に、「笑っていいとも」は終わって、『バイキング』なる新番組が始まりました。

そういうのは、あまり私には関係ありませんが、
私の場合、今日から失業者になりました。

去年8月7日に採用されてから今日を待ちわびていましたから、本望です。
私には、いえ、ある自治体にとっては、パラダイムシフトが起こるほどの大変革の一翼を担うことになり、
正直、荷が重すぎて恐る恐るその町へ毎日通勤していました。

そして、昨日3月31日。
年度替わりでドタバタしている上司を足止めさせてしまいましたが、辛うじて退職のご挨拶をさせていただきました。
「また機会がありましたら、お力を貸してください。」
「自分なりに調べさせていただいておりました。お役に立つ機会がございましたら、よろしくお願い申し上げます。」

終始一貫、敬礼をしてくださいました。

でも、結局、そのことばはもちろん社交辞令です。
いえ、私にとっては身に余る光栄な8か月間でした。

45歳にしてようやく学校現場での職務に就くことができたは、このブロクをアーカイブしていただけたら、つながってくるのです。

私がそもそもこのブロクを綴り始めたきっかけは、社会人大学院での日々を公開したいと思ったからです。
大学院受験を志し、挑んでから10年が経ちました。

まさか、10年経って文部科学省のモデル事業の仕事をさせてもらうことになろうとは思いもしませんでした。
しかし、反対に言えば、教育現場は私のような「前代未聞の」職務者を投じることで、なんとか窮状を打破したいとの
文部科学省からの念願があったのです。

私が配属されたのは、学校現場における「火の見櫓」的な部署でした。
正直のところ、前職のコールセンターでの職務は性に合っていました。
だるくて重い不定愁訴と慢性腰痛を気遣ってくれる同年代の優しいおばちゃん集団が気に入っていました。

突如の真夏の出来事で、おばちゃんたちとお別れし、なじまない町でゼロから人間関係と信頼関係を築き直すことが、
はっきり言って転職回数が多すぎる私にはもうたくさんでした。
40代には、「ゆきんこさん」と呼ばれていたのに、再び「ゆきんこ先生」と呼ばれることになりました。
失礼なことに、中枢部署にて、私はまるで荒木村重に幽閉された「官兵衛」のような気持ちで8か月間を過ごしました。

けれども、その間もありがたいことに、元のコールセンターやら医療事務を習った仲間との親交は途絶えず、労いや励ましのメールに支えられていました。

しかし、悪いことばかりではありません。
今振り返ってみると、私の勤務態度がいけなかったのです。
大いに反省しました。

「ゆきんこ先生もやりにくかったでしょうね。突然の新しい誰もやったことがないお仕事ですものね。」
「ありがとうございます。そう思ってくださいますか?」
「お疲れ様でした。でも、私もゆきんこ先生に救われたのですよ。落ち込んでいた時に先生の書評を読んで、やる気が出せたのです。ありがとうございました。」
「そう言っていただけて、私も嬉しいです。転職してこちらに来た甲斐がありました。」
と、慮ってくださるF先生からのことばで、8か月間の緊張感がほどけました。

「え~!毎朝4時半起き!? よく通勤してますね」
「ありがとうございます。そう言ってくださるからがんばって早起きできます。」
と、花の世話をするSさんが声をかけてくださった。
毎朝、ピカピカに廊下やトイレを掃除して下さっていた清掃の方たちにも自分から挨拶をした。
昼休みには、厨房の配膳係のMさんと雑談をして親しくなった。

事務員さんも別れ際に、アドバイスしてくれた。
「せめて、教員免許更新だけでもしておいたら?」
「う・・・ん、そうですね。そのおかげでこちらで働かせていただけたのですから」

ブログにはこの辺で留めておいて、あまり詳しいことは職務上書けない。
故郷のK市の窓から山も川も見える。
春には鶯の囀りも聞こえる。


中学時代、ワンダーフォーゲル部で、近畿圏の山を登った。
ワンダーフォーゲルの語源は、「渡り鳥」だ。
その名の通り、私はどうやら一所に居つくのは難しいらしい。
おかげさまで、「前代未聞の」職務に就かせていただいたのは、これで3度目だ。
6歳から18歳までの特別支援を要する学齢期の児童生徒の方々にも接することができた。

80歳前の母も言ってくれた。
「あんたもいろんなところへ行っていろんな経験してるね。数奇な運命やね」
「そう思うよ」
スポンサーサイト

プロフィール

ゆきんこ

  • Author:ゆきんこ
  • 2005年8月23日にデビューして、ブログ歴12年目になりました。
    開設当初、障碍児加配保育士を経て、紆余曲折の3年間の夜間大学院の日々を綴ってきました。
    修了後も、失業と再就職を繰り返し、どうにかケセラセラでやってきました。
    出会いと別れの中で次第に専門分野への執着を捨て、遠ざかる日々です。

    独身時代の趣味は、旅行、水彩画、ハイキング、心理学系の読書、リコーダー演奏などでしたが、兼業主婦になってからは家事にまい進、心身とともに衰退しています。
    かなり前に流行った「どうぶつ占い」では「人気者のゾウ」ってことになってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。