大相撲初観戦

3月もあと1週間となりました。
桜もちらほら咲き始めましたが、まだまだ寒い。
しかも、先週は汗ばむほどのぽかぽか陽気だったのに、
昨日から寒の戻りで、最高気温も10度きっています。

選抜高校野球は始まって5日目ですが、入れ替わりに大相撲春場所は、終わりました。
その春場所。待ちに待って2月からチケット予約していました。
幸い、21日春分の日当日チケットが入手でき、
念願かなって、千秋楽の前日の午後、大阪府立体育館のその席に着きました。

体育館入り口付近は大賑わいで戸惑いました。
係の人に案内してもらい、
「白鵬関が来るのを待ち構えているんですよ」
と教えてもらいました。

大相撲の観戦は初めてですから、もともと苦手な人混みの中で
白鵬関を拝もうなんてとんでもない。

会場に入ると、斜め下にあのTVでお馴染みの土俵がお目見えしました。
既に、十両の序盤から中盤にさしかかり、中入りだった聞き覚えのある力士の名前も
連なっていました。

さて、4時前に幕内力士の土俵入りです。
さすがに後部座席のため、遠目では、しかも、最近ひたひたと老眼が進んで
化粧まわしの柄模様も力士の顔も霞んでよく見えませんでした。

でも、TVと違うのは、なんといっても場の雰囲気。
まさに臨場感です。
お客さんのどよめき、雑談、声援。
これは生で、びんびんと直に響いてきます。

私はずいぶん過去に甲子園高校野球の観戦の経験がありました。
しかし、スポーツの種類によって雰囲気は全然違いました。
野球は9回戦の長丁場の試合ですから、ヒットやホームランが出ないとなんだか間延びしてしまいますが、
大相撲は、分刻みで、力士が入れ替わり立ち替わり。
土俵にお目当ての力士が上がると、声援が沸き起こり、
行司が仕切ると、観客の一斉に土俵に視線が集中し、静まり返ります。
そのなんともいえない緊迫感。
そして、拍手喝采。
このメリハリの繰り返しが、たぶん、他のスポーツよりもリズミカルなのです。

昨年の大阪場所と比べてみても、
恐らく、大阪出身
わが地元力士の勢関と隣町の大関豪栄道関への声援は、大きく轟いていたでしょう!!
私も日頃、大声を出す機会もありませんので、ストレス発散に
「いきおい~!!」
「ゴーエードー」
と声援を送り、気分爽快!
私の声も両力士の耳に響いたでしょうか?

勢関は凌ぐように勝ち、勝ち越しを決めました。
しかし、実際に活躍が目立つのは、日本生まれの力士よりもはっきり言って
モンゴル出身の力士たちです。

3人の横綱はじめ、照ノ富士関への声援も大きく、
目玉の対逸ノ城との一戦は、一度、休憩が入ったほど。
体育館じゅうが最も白熱しました。
会場は照ノ富士の声援が優勢でしたが、私は、逸の城関を応援しました。
しかし、翌日の千秋楽では、日馬富士関を応援しました。
だって、優勝決定戦で、少しくらいは白鵬関も冷や汗をかくところが見たかったです。
そして、白鵬関に匹敵する力士が出てくれば、
大相撲自体がますます面白くなるじゃないですか。

テレビ越しでは、こういう言い表しようのない熱気や緊迫感というのは味わえません。
相撲の歴史は長く、テレビ中継のない時代からの伝統ある国技。
でも、やっぱりテレビのある時代に楽しめて幸せです。

本当なら、観戦直後にアップするべきでしたが、
どうもダラダラしていて、4日経ってしまいました。
慢性腰痛のせいにしておきます。

こうして、2015年の夢は早くも実現してラッキーでした。
新年早々には、誕生日にずっと欲しかった書類整理チェストも購入しました。
その割には、リビングは、あまりスッキリとはしていませんが。。。

余談ですが、大相撲観戦した感激を伝えたくて、
海外で活躍中の従妹にやっと手紙を書きました。
従妹の母、つまり、実母の妹によると、
TV番組のスタッフとして、取材に多忙な日々を送っているとか。
毎週放送されるBS番組のエンディングに従妹の名前を見つけては、
嬉々とする私なのです。

手紙には、大相撲の生写真を添えるつもりです。
スポンサーサイト

もうすぐ春ですね(おかげさまにて7周年)

3月に入って、更新です。
三寒四温の今日この頃ですが、まだまだダウンジャケットにマフラー、手袋は外出時の必需品です。

2月は何してたかなあ・・・
基本リア充な私ですから、PCそのものを毎日マメに立ち上げて、ネットサーフィンという性質ではありません。
ですので、キーボード操作の運指が少しのろくなっている気がします。
やっぱり台所に立って、炊事や洗い物の時間が長い。
年末の大掃除の延長で、年明けも、年内やり遂げられなかったピンポイント掃除に励んでいました。
排水溝やレンジフード、窓の冊子、鍋の焦げ付きなどのガンコ汚れ落としなどです。
そうそう、バレンタインデーには、チョコブラウニーを作りました。

3月1日からご馳走を作る機会が続きました。
日曜日には、東京からのゲストを招いて晩餐をしました。
前日の土曜日から、いつもより念入りに部屋の隅々を掃除して、
メニューを考えて、買い物、調理、おもてなしのエトセトラ。。。
といっても、大したことできませんが、自分独りでプロデュースですから、一仕事です。

それなりに心を込めて、やれるだけのことをやったので満足でした。
終日雨模様でしたが、初対面のお客さんにも喜んでもらえて幸いな日曜日の夜でした。

3月から現職のパートの仕事のシフトを変更してみました。
昨年10月末にダブルワークのうちのひとつの会社が倒産し、
以前からほそぼそと勤続してきた方の会社に、11月以降週3日で1週たり11時間ペースで
勤務していましたが、試行錯誤で週2回×1日5時間で週10時間にトライしています。
昨年3月末までのフルタイムが身に堪え、長時間勤務になると、慢性疲労が辛く、
更年期やら腰痛やらでいつも体調不良。
どうしても月末にはダウンして休みがちになっていました。

今年に入ってからは、リベンジ精神で、まずは皆勤を目標にして、
代わりにシフトは少なく、でも体調が悪くても、シフトを入れれば必ず務めあげると決めました。
週2回にすることで、実質の勤務時間は1週あたり1時間減りますが、同時に通勤時間1往復分も余暇に
充てることができ、その分余裕が生まれます。

時々刻々の家事は嫌いじゃないけど、ある意味生きていく以上、やらねばならない主婦のアンペイドワークです。
それとは別に、自分の趣味をやりたいと思いつつ、そこはまだリア充とは言い切れません。
そこまでの時間とお金の余裕もまだありません。

暇があったら、寝るかテレビを見流しているか、
明らかに運動不足。
これでは、健康的とは言い難い。
相変わらず、整骨院通いも継続中です。

1月14日より、10年前に勤務していた保育所付近のK駅の商店街沿いのT整骨院に変えました。
変えてみて、もっと早く知りたかった、ずっと我慢してI整骨院に通院していた3年間が無駄に思えました。
もちろん、I先生なりには自分の持てる技術を駆使して、施術してくださったこととは思いますが、
結局、人柄も含めて、T先生の施術の技量の高さが圧倒的であることが、患者としては一目瞭然でした。

子ども時代から、捻じれて歪んでいた背骨とO脚は、ある程度、矯正はこの3年かけて進みました。
しかし、T先生は私の体を診て、開口一番
「背骨と筋肉に引っ張られて内臓も歪んでいる。」
「自分で思う以上に体が冷えている。」
「膀胱が縮んで、頻尿になっている。腎臓も悪い」
「心臓も弱っている。アレルギー体質で、副鼻腔も炎症を起こしている」
「自律神経に支障がある」
と、指摘を受けて、思っていた以上に悪いのだとプチショック。
でも、やっぱり体調悪いのは、気のせいではなかったと
わかってもらえた感謝の気持ちの方が大きかったです。

普通どこにでもある、整骨院ではあくまで対象は、骨と筋肉ですから、
普通の整体師さんでは当然こんなこと言ってくれないと思います。

自宅から遠方にはなりましたが、一応、隣町にあるので、まだ通える範囲です。
T整骨院に週2回通院する時間も交通と、待ち時間も含めてだいたい3時間は確保する必要があるのですが、
おかげさまで、体調はずいぶん楽になってきました。

まず、夜中にトイレで目覚めることが毎晩だったのが、翌朝まで熟睡できるようになりました。
なんとなく、イライラして、ちょっと物にあたると、異常に痛覚が過敏に反応していたのが、和らぎました。
上り坂や何でもない時の息切れや胸の鈍痛がなくなりました。
そして、1月以降、ダウンすることなく、シフトも皆勤を維持しています。
そういう訳で、おもてなしも無難にこなせたのです。
つまりは、伊勢神宮の参拝で、祈願した「健康回復」は成就したのです!

こういったいわゆる不定愁訴や、未病の状態を的確に診て、施術してくださるのは、
T先生が初めてでした。

さて、昨日は桃の節句のひなまつり。
保育所で子どもたちと「♪うれしいひなまつり」を歌っていた日々は遠ざかります。

それでも、バレンタインデーを過ぎて、実家のガラス書棚に立ち雛を飾りました。
実母はそもそも独身時代から私の幼少期には現役幼稚園教諭でしたので、
認知症になっても、季節の行事を忘れずにいて欲しいと願ってのことです。

昨夏、症状が悪化したり、ガンの疑い、不審者侵入などで、夏から秋にかけて
不穏な状態に陥りましたが、母本人もよく独り暮らしを維持しているなあと感心します。

具体的な取り組みを詳述したいのですが、
あまりにも詳しすぎることで、特定されるのは困ります。

町内の自治会サークルの同世代ご近所の方々の不即不離のおつきあいが何よりです。
そこで、日頃の感謝を表したいと奮起しました。
月曜日には、シフト勤務を夜8時に終えて、夕食後、クッキー作りを始めました。
そもそも不器用で、製菓の手際が悪いです。
バターをこねて、砂糖、粉をふるって混ぜるだけで1時間半かかりました。

翌朝3日には、いつもより1時間早起きして、冷蔵庫に寝かせていたクッキーを焼きました。
全部で40枚。これを袋に分けて10人分。
「いつもありがとうございます」とメッセージも10人分書いて、添付して、袋に詰め、
ゴミ出しして、バイクにまたがり、実家のあるM町の自治会館へ向かいました。

サークル活動が終わって後片付けしていたところ、ギリギリセーフで、
お仲間の皆様に手渡しすることができました。
「私のはないの?」と母。
「ちょうど10人分つくるのがやっとだった。お母さんも入れて11人とは聞いてなかったしね。また作ってあげる。」
と宥めておきました。

3時前に実家を出て、4駅向こうのT整骨院へ。
「今日は、Kさんと一緒?」
「え?いいえ?」
「あら、ゆきんこさん、来てたの?」
「君たち、縁があるんだね。」
「そうみたいです。おばさんになってから再会したのも整骨院だったものね。」

先に施術を終えて、向かいのケーキやさんでひなまつり限定いちごのモンブランを2つ買いました。
帰宅して、前夜からクッキーつくりで放置した洗い場の食器の山を洗って、
ひととき、お茶とケーキの時間です。

それから、また台所で、今度はちらし寿司、筍と椎茸の煮物、味噌汁の3品を作りました。

こんな平凡な主婦の1日はあっという間です。
でも、私にとっては平凡でも特別な記念日。
だから、いつもより料理もお菓子も念入りに作りました。
ひなまつりは女の子の幸福を願う日です。
もうおばさんになりましたが、もちろん幸せに過ごせた1日でした。

7年前のひなまつり。天気は雨模様でした。
天気予報では、夕方から夜、明日にかけて全国的に雨だったのですが、
幸い、雨が上がり、今日4日は洗濯日和になりました。