ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
買い物に行くたび、次々と期間限定のグラノーラや
その他諸々の商品が開発されています。
ですので、際限なくアップするのは無理かなと思ってますが、、、
(他の日常些細なネタも書きたいし)
で、今回もグラノーラ(シリアル)シリーズです。
こちらは、初めてかもしれませんが、
外国産のシリアルです。

Berde
NATURA
Bran Flakes
ENRIQUECIDOS CON

以下に、和訳の裏面を転載します。

7種のブランミックスシリアル
・名称 朝食シリアル
・原材料:小麦フレーク(全粒粉、コーングリッツ、その他)、
      穀物フレーク(小麦、大麦、えん麦、ライ麦、トリティカーレ)、
      チョコライスクリスプ(粗挽米、小麦粉、砂糖、異性化液糖、
      ココア粉末、ミルクチョコレート、その他)、着色料(麦芽抽出物)、
      乳化剤、V.C、香料、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、
      葉酸、V.B12、(原材料の一部に大豆を含む)
・内容量:225g
・原産国名:リトアニア
・輸入者:株式会社 神戸物産
      兵庫県加古郡稲美町中一色883番地
※トリティカーレ:小麦とライ麦の交配種です。

栄養成分表示(推定値) 100g当たり
●エネルギー355Kcal
●たんぱく質10.3g
●脂質    1.6g
●炭水化物 73.6g
●ナトリウム 197mg

私の素人目で見る限り、
100g当たりに10g以上たんぱく質が含まれているとは、
殆ど穀物なのに、すごく栄養バランスいい感じがしました。

因みに、
最近、筋肉不足じゃないかと気にして肉や魚もどちらかは毎日摂るようにしています。
昨晩のメインディッシュは鯛の刺身とタン塩レモン、
今晩は豚ステーキでした。

いずれも半額とか値引き品ですけど、
お安くても栄養のあるもの目敏く見つけてお買い得してます。
スポンサーサイト
先週の土曜日12日で、ペーパードライバー教習は全11回を終了しました。
ラストは、昨年1年間、通院し続けたS整骨院へ、高速道路を使って走行しました。
最終回はベテランのH先生で安心感いっぱいで運転できました。
逆に言えば、やっぱり実力じゃないです。
だって、助手席にサイドブレーキもあるし、先生の指示通りに、ハンドル切ったり、加速したらいいだけですから。
高速道路の走行は思った以上に簡単、楽ちんでしたけど。
やっぱり、自分独りじゃ、怖くて不安。

そして、翌日から教習車ではなく、愛車のmocoを使ってリアルなドライバーを目指し、
まだまだトレーニングが続きます。
今日は雨模様のため、当然、車通勤しませんでした。

当分の間、車庫入れトレーニングに励み、
まずは身近な道路で運転に慣れていきたいと思います。

今日は思いがけないギフトをいただきました。
実は、夏休みの初め頃、同僚のOさんに厚かましくリクエストしていた品です。

夏のある日、Oさんが事務所に会社のキャラクターの「ヤー坊」を持ってきました。
ヤー坊の作り主は、Oさんの息子さんです。
息子さんは、専門学校でモノ造りのエキスパートを目指しているそうです。
手先の器用な彼は、粘土細工で小さなヤー坊を作ってくれました。
私はその出来栄えの素晴らしさに感動し、
「私、おじゃる丸が大好きなの。息子さんにおじゃるの粘土細工作ってもらえないかな?」
と、厚かましくもおねだりしたのでした。

それから3か月以上も経ち、リクエストに応じてもらえないものと
そのままフェイドアウトしていました。

ところが、先週Oさんから
「ゆきんこさん、大変お待たせしましたが、できましたよ。」
と予告があり、本日、立体的おじゃる丸を頂戴しました。

Oさんはお菓子の段ボール箱におじゃる丸だけでなく、
更に本格的な大きなサイズのヤー坊の粘土細工まで
持参してくれ、スタッフの皆々から大絶賛を受けていました。

私も掌サイズのツインのおじゃるに大満足です!
Oさんによれば、一体目は少し失敗したので、
もう一体作ってくれたとのこと。
よく見ると、ほっぺたのふくらみ具合や、ピンクの杓を持つ手の角度が
少し違うくらいで、双子のような精度の高さです。

因みに、こうした才覚のあるOさんの息子さんの
将来の夢は、ジュエリーデザイナーとか。
夢がかなって、お母さんにオリジナルの宝飾を
プレゼントできるといいですね!

ありがとう。
大事に飾らせていただき、おじゃるに癒してもらいます。
正午前から雨が降り続いています。
今日は予め、バイトをオフにしていました。
更年期障害のため、最近、月末から翌月初めは体調が悪いです。
余裕を作って休養がてら夜の自動車教習に備えています。

さて、本題に入るとして、長年心理学オタクであった私です。
今朝も妙な夢を見ました。

目覚めた途端、ほとんどの夢は記憶にのこっていません。
ですので、アップしてるのも、
珍しくちゃんと記憶できていて、自分にとって意味深なのかも、
と感じたときだけです。

夢の内容は、心理学の古典的アプローチである
精神分析がテーマでした。
以下は、夢のストーリーです。

夢の中で、私は50にしてやっと本家本元の心理学を生かした
セラピストに採用されていました。
私を採用した上司は、精神分析を用いて、臨床の成果を上げている
女性の大学の先生です。
先生は、私の過去履歴をもったいないと評してくれ、
たとえ専門分野が違っても、本来の資質を生かして心理臨床家として
活躍することを大いに期待してくれました。

とはいっても、精神分析なんて古典的で、今更時代遅れじゃない?
と内心思いながら、先生の3名の助手が紹介されました。
この女性3名の先輩方が、私を手取り足取り心理臨床のエキスパートに
仕立てあげるというのです。

その3名の中に、なんと親友のSちゃんがいるではありませんか!
「Sちゃんが私を教えてくれるの?」
「そうだよ。やっと一緒に働けるね。」

私は心理学を共に学んだSちゃんと一緒に働けるという歓喜で
目が覚めました。

ということで、
実際、誕生日が1週間違い。
同じ小学校に入学し、
同じ校庭にいたことなど気づきもしないで、
2年生になるとそれぞれ転向してしまいました。
さすがにこの年になると、小学校のクラスメートは覚えていません。
再会したっておじさん、おばさんでわかりません。
その後、偶然、大学で心理学の友となって、
気が付いたら、共にアラフィフになっていた
Sちゃんの存在の大きさに気づかされたのでした。

Sちゃんと私は、同じ職場で同僚になったことなどありません。
ですが、私たちの人生はなんとなく近似していたかもしれないです。
私の願望なんでしょうか?
アラフィフにして、慣れないことにチャレンジというのは厳しいものです。

前々回に予告していた通り、11月に入って隣町までペーパードライバー教習に通い始めました。
遠い昔、卒業前の最後の春休みに通ったY教習所で、一体、どんな練習したのか、
ほとんど忘れて、5年ぶりに運転席に座り、ハンドルを握りました。

「ゆきんこさん、免許証を拝見します。」
「今回の運転の目的をお聞かせください。」
「母親の介護が必要になりまして。認知症のため、独りで外出できなくなりました。通院や買い物などの外出に
同行したいと思います。」
初回は、所内でイケメンの先生が助手席でやさしく指示をしてくれるので、職場の上司の指示とは大違いでした。
「運転がうまいからと言って、運転を教えるのが上手という訳ではないですよね」
「よく知っている道を繰り返し回数を重ねて、自分のペースで毎日短時間でも練習したらいいですよ。」
などと、過去の数々の失敗を聞き出し、苦手意識を克服できるようサポートしてくれるのが
ありがたかったです。

しかし、ちょっとした疑問もあります。
指導の先生は日替わりで、イケメン先生にあたるとるんるんだったりしますが、
毎回、「はじめまして、よろしくお願いします。」のご挨拶。
そして、各々の先生によって助言は随分違うものだなと感じました。

昨日5日と一昨日、2日続けて車庫入れの重点課題に挑みました。
一昨日4日担当のS先生のアドバイスはアバウトながら、自分にしっくりきました。
「最初のうちは車庫から離れた場所からなるべく縦方向に車体を出しましょう。
一度でラインと平行に入らなかったら、また前に出して正面の車と向かい合わせに修正しながら下がるんです。」

一方、昨日のK先生は見るからにきっちりした几帳面そうなベテラン指導員です。
「まず、なるべく車体を停めたい場所のラインに近づけます。
停めたい場所と隣りの車の中央に来たら、斜め前に車体を出して、
サイドミラーから隣の車体の先端が見えたら、バックします。
ハンドルはどこを向いて、このままだとどうなりますか?
ミラーから見える車体の角度とハンドルの向きの感覚をつかみましょう。
窓から外の状況もよく見ながら、ミラーの角度だけに気をとられないように・・・」
などなど、きめ細かすぎて・・・

「すみません、先生、よくわかりません・・・」
「最初はね。だんだんわかるようになります。」
と言ってもらったけど、なんだか苦笑い。

そもそも、ミラーみながらなんてあんまり運転してないし。
なんとなくわかったのは、
バイクよりも、周囲に目配りするのは死角が多い車の方が重要なんだと
わかりました。

教習所の勧めで夕方から日暮れ、夜にかけての4時から6時に
視界の悪い状況で、5回終了しました。

順調にいけば、明日の午前中に6回目。
12日の土曜日に2時間連続の高速道路の教習で最終回です。
行先は、お世話になったS接骨院と決めました。
これまでは、専ら助手席が指定席でしたが、
果たして、親孝行ドライブは実現するでしょうか?
乞うご期待!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。