FC2ブログ

かえがえのない「ヒト」の命

大型台風14号が九州地方に間もなく上陸し、また一波乱が懸念される。
それとリンクしたくないのに、わたしのやらかした出来事を境に
午後からは灰色の雨と雲に覆われるように最悪だった。

昨夜よく眠れなかったのと、定期的ないつもの痛みが重なって
しまったのもよくなかったかもしれない。
何を弁解しても、起こったことは、もう元には戻らない。

それを癒すべく、ブログに走る自分もそんなに強くないけど、
NHKクローズアップ現代に登場した「夜回り先生」が対象にしている
薬物に抹殺されていくティーンほど重篤でもない。

どんな仕事も楽じゃないけど、保育士という
仕事は、生まれて6年という人生はじまったばかりの
幼い、けれど、将来を託す人々の命を預かる職務の
重さに圧倒されそうになることが、何度もあった。
・・・つまり、そう感じなければならないほどの
大失敗を今日もまたわたしは犯しそうになったからだ。

昨晩、確かにわたしは浮かれてしまっていたのだ。
コメントなんて期待していなかったブログの主の
はじめてのコメントに、頭は「花咲かばあさん」になっていた。

一人暮らしを始めてみること、そして
これまで続けてきた保育士の仕事を今度こそ本当に
辞めてしまうのか、続けていくのか、
今、わたしはその岐路に立っている。

「好きならできる」
そうなのかな。
これは、わたしの天職だ。
自分にそう言い聞かせて、同業者になんと
罵られようと続けてきたけど、
どんなに目の前のこの子が可愛いと思っても、
命にかえられない親のわが子を思う気持ちに
勝るものはないのだ。

汚れのない澄んだ瞳に映し出されるわたしは、
貴方に相応しい養育者だろうか。

そして、自分以上にかけがえのない存在を生み出す勇気はないのだ。
無数の命を乗せた地球のどこかできっと誰かが泣いているだろうと
想像するだけで。

人は苦悩し、泣き叫び、悶え、誤る。
ゴキブリは、ゴソゴソと夜中に這いずる。
わたしは、人の命を重いと思う。
けれど、ゴキブリを踏み潰した。
ティッシュで潰れたゴキブリをつまんでくずかごに捨てた。
「ゴキブリちゃん、本当にごめんね。」
人ならこんなことでは、代わりに死んでも済まされない。
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts