http://sateraito.blog20.fc2.com///ゆきんこの引き出し
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

2006/02/06 (Mon) 2月入社 入社説明会
2月第2週目の月曜日。午前中は雪がチラツク。

午後3時40分。只今、名曲スケッチ
ロッシーニ作曲「ウィリアムテル序曲」を聴いてます。
何となくモリモリ志気が高まるなあ~

生まれてこの方H市民のゆきんこにとって、H市という世間は狭い。
けれども、今日の初体験は、まさに「灯台下暗し」の新発見。
「このビルは、素通りで一度も入ったことなかったなあ~。」

午前10時30分、市庁舎の斜め向かいに建つその茶色いビルの5階に
集った女性たちは約30名。

プログラムの概要は以下の通り
北海道稚内支店からやってきた、いかにも明朗快活なT氏がプレゼンターだ。

① 開会・互礼 
「当社は、あいさつ、マナー、身だしなみに力を入れて教育しています。語先後礼(ごせんごれい)と言って、先にことばを言ってから、
後から礼をします。では、見本を見せますのでやってみましょう。
おはようございます!」

② S生命の概要
生命保険の加入状況は、1世帯あたり4・6件 加入率90%
今年度上期(2005年4月~9月)販売件数は4大生保NO.1
介護保険や医療保障の充実の顧客が増加している。
生命保険はどんどんよくなっている。


ここで、ブレイクの頭の体操テストでリフレッシュ
両手の指先を合わせて、まず両人差し指を擦れ合わないように
くるくると回転させる。
これが、クリアできれば、今度は薬指同士を回転させる。
案外難しくなる。

因みにゆきんこは、この指体操は既知のものだった。
薬指は、脳の分化が難しいところで、人によっては、小指が付随して
動いてしまう。
だから、左右の指の動きがバラバラなピアニストやギタリストというのは、最も認知症になりにくいトレーニングをしている人と言える。

③でも、私にできるかしら?
話し上手より聞き上手

大切なのは、気持ちと行動
成功者のタイプは、言われたことをすぐやってみる人
職場選びのポイントは、安定、成長、社会貢献、働きやすさ、仲間
御願いしたいことは、
毎日出勤、休まず出勤、ご家族への心配り、感謝
自分と家族の健康管理

④先輩社員の入社体験談 2005年7月入社Kさん
 「子どもを預けていた保育所の保護者仲間に誘われました。
楽しく勉強させてもらいました。もともとおしゃべりは好きだったので
すぐに仲良くなってもらいました。
『貴方が保険をしているのなら、御願いしたい。』と言ってもらったことが嬉しかったです。
何ヶ月に1回かある大会も楽しいし、同期生の頑張りが励みになります。


とにかく慣れ、トレーニングと豪語するのも、「ABAやんな」と
納得してしまう。

⑤「入社面接表」へ記入
明日は10時に支社長面接がある。その事前のアンケートみたいなものだ。

⑥K南支部長より歓迎挨拶
「30年前は不安でどきどきでした。29歳で入社し、59歳になりました。
30年間続けられたのは、落ち込んだときの仲間の励ましが有り難かったことです。どちらかといえば、負け組みタイプの私が、悔しさをバネにして失敗して、再挑戦させてもらえたし、何度でもチャンスをくれました。成功も失敗も重ねて有意義な人生を送ってください。」

⑦勤務条件概要の説明
 これは、会社の就業規則みたいなもの。
年次有給休暇や給与体系の説明と
お金を着服しない。破産宣告を受けた従業員は、解雇などの鉄則だ。
ちなみに初任給は、高卒以上で一律14万円。
但し、複数の生保経験者は、13万円になる。
その理由は、正職員になる前の段階で、研修費用だけを目的にしている
人が稀にいるからだそうだ。

⑧「チャレンジテスト」制限時間15分間で、漢字の読み書きと
簡単な中学程度の算数があった。
こういうのはちょっとした頭の体操でいい。
契約とか、国際連合、低額国債、約款、会釈、為替などの読み書きと、
算数は、2分の1÷6分の( )=3とかいう方程式も出題された。

ブランクが10年以上にもなると、苦手な数学はすっかり鈍っているな
と感じる。

⑨最後に明日の入社説明会の予告と
⑩閉会・互礼で正午に解散した。

S所長が、新入の2名を近くのレストランに誘ってくれた。
夜の教職員対象の学校では、論文の「仲間入り行動」の話も弾まなくて、つまらないと感じていた。
さすがは、勧誘のプロ!

「私、失業していて、もしも声をかけてくれたのが、Bさんじゃなかったら、お誘いを受けていなかったと思います。私は障碍のある人々と
これまでかかわってきましたから。
それに、所長が高校の先輩で、保育士だったとか、同期のOさんが、
同い年で同級生の従姉と言うのも、不思議なご縁ですよね。」
「本当ね。仲良くやっていきましょう。うちの営業所、本当に仲が
いいでしょう?報われない保育士の仕事のしんどさよりも、営業は学歴不問の実力主義だからね。」
「そのシステムも公平でアルバイトだった私には、附に落ちるところがありました。
それに、優秀な方は、意外とマジメでコツコツした営業向きじゃなさそうな方だというのも。」
「本当にそうなのよ。私だって気がつけば、14年。それも、初めは
家事の片手間だったのが、今は所長だものね。」
「宝石つけて、ブランドの鞄もオシャレだし、保育所ではそんなこと
できませんから。」

何が嬉しいといって、年月を重ねなくても、すぐに解り合える関係に
安心感があった。

あ、時間だ。
そろそろ学校へ行こう!






スポンサーサイト






ゆきんこさん、こんばんは。弥生桜です。
いつもコメントありがとうございます。

あの、僕のブログへいただいたコメントへのお返事に書いたこと読んでもらったでしょうか?
そこに書いたんですけど、僕は鈍感なので、ゆきんこさんがコメントでおっしゃってくださることが、本意でおっしゃってるのか、ブログでの社交辞令でおっしゃっているのかちょっとわからなかったりするんですよ。
先日、こぐまクリニックの家庭教師のお話しをされたときに、もしよければ直接お会いして、緘黙症のことについてざっくばらんにお話しでもしましょうかと言いました。
それで、「空港で待ち合わせしましょう」とおっしゃったのは、お会いしようと意味でおっしゃっているのでしょうか?
お互いブログの上でのお付き合いですので、もし本意でおっしゃっているのでなければ、それはそれでけっこうですので、どういうご主旨で発言されているのかお教えいただけませんか?
僕はこのままブログ上でお話しさせてもらうだけでもじゅうぶん嬉しいですので、無理にお会いしていただくことはないですよ。

変なコメントになってしまってすみません。
ちょっと僕のほうが混乱しちゃっているので。
本当にお会いすることをおっしゃっているならこちらのメールアドレスなどお教えします。
それでは。
2006/02/06 22:17 | URL | 弥生桜 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


トラックバックurl

→http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/117-06dce1c6

プロフィール

ゆきんこ

  • Author:ゆきんこ
  • 2005年8月23日にデビューして、ブログ歴12年目になりました。
    開設当初、障碍児加配保育士を経て、紆余曲折の3年間の夜間大学院の日々を綴ってきました。
    修了後も、失業と再就職を繰り返し、どうにかケセラセラでやってきました。
    出会いと別れの中で次第に専門分野への執着を捨て、遠ざかる日々です。

    独身時代の趣味は、旅行、水彩画、ハイキング、心理学系の読書、リコーダー演奏などでしたが、兼業主婦になってからは家事にまい進、心身とともに衰退しています。
    かなり前に流行った「どうぶつ占い」では「人気者のゾウ」ってことになってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。