日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
保険のお勉強2
2006年02月16日 (木) | 編集 |
今週に入って、春の気配を感じる。
週明けの確か13日(月)のニュースで、ねこやなぎが芽を出したと
言っていた。

昨日も今日も雨で、かっぱ姿で自転車通勤。

夜の大学院も昨夜で最後の集中講義が無事に終わった。
4月7日までは、後期休業になる。
「大学教官はいいな~休みで」と、一般の皆さんは思うかもしれない。
でも、そうではない。大学の先生は、誰も教えてくれないことを、
常に研究開発していなければならなくて、実質、侵食はもちろん、命を削るような多忙振りである。そうしてまでも、好きでなければ、できない。あるのは誰にもできないという使命感とか、ステイタスとか。


しつこいようだけど、10年以上も続けてきた障害児業界には
まだ未練たらたらで、それでも未知の生命保険業界を何となく
楽しんでいる自分もいる。

22日の「生命保険一般課程試験」テスト当日まで、あと一週間。
知らなかった生保の世界が徐々にクリアになってきた。

10時に出勤して、午前中2時間、休憩を挟んで午後2時間で3時までの研修だ。
トイレ休憩の僅かな時間に、手を洗いながら同期の新入社員の女性同士でよもやま話。

「あの、お子さんは?」
「私、独身なのよ。ここ数年そう言われているから、やっぱり子どもがいるように見えるのね。」
「そうですか!なんだかお母さんって感じがします。」
「今まで保育士をしてきたせいかな?」
「私も、この前男の子にオバサンって言われてショックでした。」
「初めて言われるときってそうでしょう?子どもいる友達は、
オバサンじゃなくて、○チャンのママって呼んでもらったり、
私もゆきちゃんて、ファーストネームで呼んでもらってるの。」

女性の顔触れも色々。保育士の世界よりも以前の職業がバラエティに
富んでいる。
工場で作業員をしていた人、司法書士を目指していたけど、断念した人
子どものために学費や生活費が必要になった人。
脱フリーターかな?みたいな若い女性たちなどなど。

教育係りの男性管理職の目も何となくシビアに光っているけど、
共通しているのは、どなたも通常町で見かけるオーソドックスな
男性に比べると、遥かに紳士で女性の扱いや社交に長けている。
充分、学校の先生になれる素養を持っている。多分、現職教員よりもずっと。。。
それだけ、社員教育と人材育成に投資できるお金と時間の余裕が
たっぷりあることが、追い詰められている教育業界に比べても
明らかだった。

なぜ、面白いと感じる余裕があるのかは、以前の障害児業界よりも
ずっと肉体的、精神的、経済的に全てに於いてラクチンだからだ。
尚且つ、生保の世界にもABAで学んだことは其処ここに見え隠れしていた。
何と言っても美しい人間関係のよさ。これに尽きる。

人間関係が良ければ、少々の仕事のしんどいことは乗り越えていける。
そうでないのは、夫婦でも家族でも親子でも最悪。
だから続かない。

福祉や教育界という人とかかわる仕事に於いて関係の悪さから逃れられなくなってしまうのは、耐えられなかった。
もちろん、どんな仕事に就いたってあらゆる人間関係から逃れられる筈はない。だから少しでも良くしていこうという努力や歩み寄りが
どこまでできるのか。

それが、新しい職場での私自身の課題のように思う。

午後には第1回目の模擬テストが60分制限であった。
採点は、83点。
正誤の間違い探しで、ことばの綾を見つけ出すのにケアレスミスが
いくつかあった。
合格点は90点以上だから、自宅に帰って練習ドリルをしながら誤答問題の再確認もした。

「なんか子どもにテストの点悪くても、偉そうに叱ったりでけへんわ。」
私の斜め向かいの女性が答案を見ながら笑って言った。

昨日から確定申告も始まったので、母と頭を突き合わせて、所定用紙に
数字を書き込んだ。

平成17年度の私の所得は、過去最悪だった。
女性の収入は結婚したり、仕事を辞めたりするとどんなにがんばってみても男性の半分にもならない。
改めて所得の少なさに、母にこう言った。

「今だから言えるけど、前の市職員たちが辞めた方がいいと言ってくれたのは、善意だったかも知れないね。」
「そうでしょう。この欄を見て。配偶者控除とか、寡婦、寡夫控除は
あるけど、独身の場合はないわよ。結婚しないと損だってことじゃない。」
「うん。保険の特約も、配偶者が優遇されてるよ。」

睡眠時間も少なくなった。今までが寝すぎだったんだけどね。
でも、今までの仕事とこれからの仕事、どうにかしてつなぎ併せたい。

さて、そろそろ寝ます。
お休みなさい。





スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2006/02/16 22:23 | お仕事 | Comment (1) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
みてみて!
こんにちは!sagamiです。
オススメサイトを紹介しますー。

「よめろぐ」 http://yome-log.jp/ha

お嫁さん専用のブログです。
僕は残念ながら男なので、登録はできませんが、最近よく見にいってます。

姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
お嫁さんて大変なんだなぁーって勉強になります。
普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?


独身女性はこちらをどうぞ!⇒ http://femi-log.jp



次はこちら!

「大人のブログ」http://oto-log.jp/ha

18歳未満の方は見ちゃいけないようなので、ご注意を!!
大人の方のエッチな体験談などがいっぱいです!
他では言えない大人の話をしたい方にはオススメです
2006/02/18(土) 23:55:59 | URL | sagami #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。