http://sateraito.blog20.fc2.com///ゆきんこの引き出し
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

2006/05/05 (Fri) こどもの日だけど・・・
本日もP-カンのGW中盤、子どもの日です。
皆さん、楽しんでいらっしゃいますか?

私は、ひとりぼっちなのをいいことに、少々凹んでおります。
調子が良すぎると、体調も崩れたりしますからね。

ちょっと無理して頑張りすぎると、忘れた頃に
全身がバリバリの神経痛になったり、胃酸過多になってくることが
あります。

調子のいい時は昔の辛かったことも思い出すこともないのに、
セルフセラピーカードを引いてから
2階の窓から青い空や白い雲を、ぼけ~っと見ていた・・・

「ハートブレイク」

職種をガラリと変えたつもりでも、
3日くらい目先の忙しさから解放されてみると、
「私の人生、これでいいんだろうか?」
と悶々としてくるものです。

遠い未来の展望に失望しそうになる時、
目先のことに囚われて、大事なことを見失いそうになってやしないか?
もう1人の自分が警告するからかもしれない・・・

ABAのI先生は、5月3日終日大阪での特別支援教育士養成セミナーでの
ご講演を終えたことをブログに記録されていた。

それとこれとは、関連あるのかわからないけど、
3連休のせいなのか、週明けの試験勉強に身が入らない。

「何のために?」
この資格を必死に取ろうとしてきたのか?
とてもことばでは言い表せない。

自分で自分を必死に慰めるとしたら、
人生はやり直せるし、無駄なことなんて何一つないってことだ。

日本LD学会から定期的に贈られてくる学会誌やセミナーの案内が
PCの隣にあっても、どうにもならないんだ。
資格を取っても、どうにもならないんだ。
だって初めから今の今まで、はみだしているのだもの。

どうして涙が出るのかな。

日本に生まれた子どもたちは労働に従事させられたり、兵士にされることは、法律で禁じられ守られている。
しかし、地球のどこかには、「子どもの日」なんて知らない子どもたちもいる。そして教育を受ける権利さえもっていない子も。

私は子どものいないおばさんだ。
子どもみたいにおばさんになることを拒んで遊び呆けてもきた。

昨日と今日と連日で2005年5月20日から2006年2月まで放映されていた
アニメ「雪の女王」の総集編を3時間視聴した。

ゲルダってすごいよね~。
「どうにもならないときは、自分にできることをする!」
そう言って、前人未踏の北の果てまで、幼なじみのカイに会うために
一歩、また一歩と吹雪に抗って足を出す。

雪の女王の鏡の破片が目に突き刺さったために、記憶を失ったカイの心を呼び覚ましたのは、ゲルダの一途な想いだった。(泣けます!)

ついつい自分を癒すのに、ファンタジーに陶酔して、現実直視を避けちゃうんだよな~。
お気に入りのハイジのお菓子食べて、やっぱり勉強しよう。

品名 パン・ド・デセール(いちじく)
(株)スイス菓子ハイジ
神戸市灘区浜田町1-1-27
フリーダイヤル0120-222486

ハイジさん、震災を乗り越えて営業していてくださった
お陰で、私の口においしいお菓子が入ります。いただきま~す!


















スポンサーサイト






雪の女王、偶然1日目の放送を見たのだけど、2日目の放送は見そびれました(>_<)偶然目にしたので詳しくわからないのですが、アンデルセンのお話なので、マッチ売りの少女とか出てきたりしましたね。なかなかおもしろかったので、2日目を見なかったのは残念です。

アニメのタッチが、「エースをねらえ!」っぽいのが気になりました(笑)勘違いかもしれませんけど。ラギが宗方コーチに見えました(笑)
2006/05/09 10:17 | URL | るい [ 編集 ]

駅前の公衆トイレ前のアーチに紅白の薔薇が美しく咲いています。
私は「エースをねらえ!」の藤堂さんが好きです。声優の森 功至さんの声が好きで、漫画研究会時代はまっていたのが、「はいからさんが通る」の伊集院忍少尉でした。
いずれも、お婆さんになっても何度も見たいですね。(笑)
2006/05/13 13:07 | URL | ゆきんこ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


トラックバックurl

→http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/153-70ffa13a

プロフィール

ゆきんこ

  • Author:ゆきんこ
  • 2005年8月23日にデビューして、ブログ歴12年目になりました。
    開設当初、障碍児加配保育士を経て、紆余曲折の3年間の夜間大学院の日々を綴ってきました。
    修了後も、失業と再就職を繰り返し、どうにかケセラセラでやってきました。
    出会いと別れの中で次第に専門分野への執着を捨て、遠ざかる日々です。

    独身時代の趣味は、旅行、水彩画、ハイキング、心理学系の読書、リコーダー演奏などでしたが、兼業主婦になってからは家事にまい進、心身とともに衰退しています。
    かなり前に流行った「どうぶつ占い」では「人気者のゾウ」ってことになってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。