日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
ゆきんこの引き出しの誕生日
2006年08月23日 (水) | 編集 |
ああ~、今日も暑かった。
残暑も厳しい自転車営業は、いくら日焼け止めのメイクしても、
汗かいてファンデーションが取れたら、
カンカンに紫外線浴びて、すっかりドカタ焼けです。

夜の学校が2ヶ月間、夏期休暇中なので、今日は8時まで残業しました。
残業しても残業手当はありません。
出来高払いの自営扱いで、売り上げに応じて給与受取額は毎月違います。

「それでも、本当に自営業ならもっともっと大変だよね・・・」
そう言って、お給料袋を覗き込み、喜怒哀楽の表情様々。

昨日誕生日だった隣の席のNさんと金額を比べた。
「どうして金額が違うの?Nさんあんなに売り上げあったのに。」
「う~ん、私は経験者だから処遇が新人扱いじゃないんだ。」
「会社の査定のことはよくわからないけど、、、
Nさん、貴女のために私、隣にいるよ。いるだけでいいの?」
「ありがとう~!ゆきんこちゃん、好きよ!私には奥さんがいるのよ!」

あの、、、Nさん、旦那さんと誕生日お祝いしたんでしょ?


本日のちょっとした出来事。
もたもたと活動準備を終えて、一番最後に★営業所を出た。
自転車の隣に日焼けした小学生の男の子。
もちろん初対面だ。
「もうすぐ、パパがくるよ。」
突然、少年は私に話しかけ、その抑揚と人懐っこさに違和感を覚えた。

彼は最寄駅のホームの高架下の階段を指差した。
「あの人?」
「ううん、まだ・・・・あ、来た。」
「あの人がパパだ。」
「うん、そう。僕ね、ドイツにいたんだ。」
「ドイツにいたの?いいなあ~。日本は暑いでしょう?」
「うん、暑いね。」
「ドイツはどうだった?」
「北海道みたい。」
「そう、北海道みたいなんだ。へえ~。
ねえ、日本とドイツどっちがいい?」
「ん~~?」
「ちょっとドイツ語で何かしゃべってみてよ。」
「○△■★~~~。」
「うわ、ペラペラだ上手だね~!!」

ドイツ語がネイティブ並みに話せる少年と出会えるなんて、
異文化交流好きのゆきんことしては、大満足。

「それじゃ、さようなら。」
「さようなら。」
少年と後から合流したお父さんと二人のきょうだいは
手を振ってさわやかに歩き出した。

さようならって挨拶。なんだか日本語なのに新鮮!

自転車に乗って考えているうち、
毎朝、お弁当を作りながら聞き流していたラジオドイツ語講座の
その、お決まり文句を思い出したその瞬間、
信号待ちをしていた家族に再び、追いついた。

「え~と、ドイツ語でさようならは、アウフヴィーダージーエン!」
「そうです。アウフヴィーダージーエン!」
日本語に直訳すると、「また会いましょう!」


通りすがりのI町や、寺院が地域のなかにある地区では、
提灯が飾られて「子どものための地蔵盆」という催しも
本日開催されていた模様。

しかし、営業シングル族には、いささか参加しにくい行事だ。
寂しいな~。

さて、それとは関係ないけれど、
今日はゆきんこのブログ日記の1周年記念。

ご興味のある方は、2005年8月のアーカイブを御覧下さい。
去年の今頃、ブログを書いていることも、
前職の保育士を辞めて、保険の外交員になったことも、
自分の予想外の人生でした。

ゆきんこの由来については、2回書かせてもらいました。

タイトルに使った「引き出し」の由来についてですが、
昨年の同日、集中講義の最中にブログを開設しようと決心し、
「引き出し」を思いつきました。

なぜなら、日本語で「教育」と訳されている英語の
EDUCATIONの語源は、「引き出す」という意味に端を発していることを
集中講義のなかで学んだからです。

子どもが持っている未知数の可能性に満ちた引き出し。
好奇心満々の子ども心で、引き出したい。
「うわ、びっくり!君はドイツと日本の架け橋になれる引き出しをもってるんだ!」

この引き出しを引いてくださる誰かのために、
お役に立っていればいいのですけれどね・・・

では、アウフヴィーダージーエン!


スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2006/08/23 22:11 | お仕事 | Comment (8) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます!
ブログ開設一周年おめでとうございます。
ちょうどこないだ僕のブログの一周年もお祝いしてくれましたね。
一年がこれほど早く感じたことはないぐらいでした。
ゆきんこさんも思いもよらぬ変化のあった一年だったようですね。
これからもお互いよろしくお願いします。
2006/08/23(水) 22:24:27 | URL | 弥生桜 #QFfX2vZ6[ 編集]
ありがとうございます!
一年、一年が早くなるのは、加齢に伴い仕方がないのでしょうか?
そうですね。
弥生桜さんに出会ったことも、私には思いもよらぬことでした。
2周年記念もお互いにお祝いできるようにブログが続くといいですね。1年後どうなっているか、お楽しみです。
2006/08/24(木) 20:56:58 | URL | ゆきんこ #-[ 編集]
一周年おめでとうございます。
「ゆきんこの引き出し」・・・なるほど。
 私など、ブログを初めてまだ2ヶ月くらい?人間、歳を重ねるたびに、加速度的に時間の流れが速くなるのは本当でした。
 この先一年、また張り切っていきましょう!v-275
2006/08/25(金) 08:59:00 | URL | 小林 一弘 #-[ 編集]
小林さん、ありがとうございます!
お祝いのおことばありがとうございます。
加齢に伴い、時の経つのが早く感じるのはどうしてでしょうね?
人間科学の領域で解明されているのかしら?
小林さんのブログも1年後のアクセス数が楽しみですね。その時はお祝いのコメントをさせていただきます。
わたしのは不人気で、固定のコメンター
が極小なので、嬉しいです。
2006/08/25(金) 20:07:49 | URL | ゆきんこ #-[ 編集]
おめでとう1周年
ゆきんこさんお久しぶりです。覚えてくれていますか?保険のお仕事に変わられたのも知らない私ですので、どれだけお久しぶりかということにもなりますね。ごめんなさい。ブログ1周年おめでとうございます。何でも継続することは大変ですね。私も、9月で1周年を迎えます。これからも自分の奇跡を残せるように書き続けていきたいとおもいます。
お仕事大変そうですが、頑張ってくださいね。また、時々寄せてもらいます。
2006/08/26(土) 16:40:37 | URL | オリオリ #-[ 編集]
オリオリ先生、ありがとうございます。
オリオリ先生、ご無沙汰しております。
ご多忙のところ、お祝いのコメントいただき、とても嬉しいです。私も先生のブログにご無沙汰していましたので、またコメントさせていただきます。
先生と生徒がお互いの立場を尊重しつつ、
明日の教育が善処されることを願って止みません。残暑が厳しいですが、来る2学期に備えて夏休みのラストウィークを満喫なさってください。
2006/08/26(土) 20:58:03 | URL | ゆきんこ #-[ 編集]
遅ればせながら・・・
遅ればせながら、ブログ1周年、おめでとうございます!
「引き出し」・・・考えれば考えるほどいろんな「引き出し」が
世の中にはあるような気がします。

ゆきんこさんのコメントにはハッとさせられることが
多い私ですが、きっとゆきんこさんに引き出されているのかも。

これからもよろしくお願いします!
2006/08/28(月) 08:55:45 | URL | るい #uvrEXygI[ 編集]
ハッとしてhahaha!
るいさん、年始の誕生日のお祝いに続いてありがとうございます。
私のコメント、そんなにハッとしますか?
弥生桜さんも時々困ってるみたい・・・
(弥生桜さんごめんなさいね)
はっとしたら後は、そのまま「hahaha」と続けてみてください。楽しくなるかも?
るいさんの引き出しはよく活用させてもらって
います。それでは今夜も宜しくね。
るいさんのブログ誕生日も是非お祝いさせてくださいね。
2006/08/28(月) 21:29:26 | URL | ゆきんこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。