ゆきんこの引き出し
日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースです!

本日、午後6時45分から約7分間。
NHK関西方面の番組で、地元O町商店街界隈がオンエア生中継されました。

驚きました!

この通りは、目下ゆきんこの担当地区で週1回は出没している地区。

明治時代からの老舗のお菓子屋さんに続いて現れたのは、
お隣のご主人様。ご先祖伝来の古式ゆかしき浮世絵を掲げて登場です!


そして、ゆきんこの上得意さまでした!
明日、明後日にでもご挨拶に行かなくちゃ!

やはり、全国ネットのマスコミの威力はスゴイです!
そして、ゆきんこはやはりミーハーです。
ですが、やっぱりヘタレだから、コソコソしているのが好き。

絶対、カミングアウトしたり被写体になったり、目立ったりしたくない。
そっとしておいて欲しい。
探さないで欲しい。

今日も夕暮れの観察は、人知れずコソコソ・・・

けれども、昨夜引いてみたセルフセラピーカードは、
「自立」と「リーダーシップ」

ネガティヴカードの「自立」の意味は、自分を与え続けるという決意や覚悟を怖れる。
それを解決するポジティヴカードは「リーダーシップ」の意味は、状況に対応できるヴィジョン。
誠実さを兼ね備えた抵抗しがたい魅力。自分の問題よりも、
人のことを大切にすること。


どうして、どうして、Oさんは3ヶ月で辞めさせられたの?
まだ入院しているKさんも、正式に退職になった。
どうして、私の隣にいた仲間は、どこに行ったの?
どうして支所長、いつも以上に高らかに笑うの?

おかしいでしょ?
病気になったり、ちょっと要領の悪い人をそんなにカンタンに
お払い箱にするなんて。

どうしてどうして、ゆきんこはこのままでいいの?
きっと今度は、今度はきっと私が辞める番だ。

昨夜、母がどこかから入手した「女性起業セミナー」の申し込み書を
FAX送信した。

グラグラと運命はオペラントに動き出す。
そんな胸騒ぎ

背中がゾクゾクして鳥肌が出てきた・・・
怖い!

スポンサーサイト

コメント

しっかり!怖くないよ!大丈夫!
「しんぱいするな なんとかなる」(一休禅師)これは私の客さんの座右の銘。自分を見失わないで、しっかり見つめて、歩を止めないで・・・人生、無駄な事はありません。
【2006/10/31 16:25】 URL | 小林 一弘 #-[ 編集]
小林さん、驚きです!
私の理想のタイプ、実は「一休宗純」ってご存知だったんですか!?

そうですね。こうしてやりとりできるって
生きて、行動している何よりの証拠です。
ありがとうございます!
【2006/11/03 11:44】 URL | ゆきんこ #-[ 編集]
理想のタイプは一休さん?・・・知ってましたよ!(うそです)

 お元気そうで何よりです。
【2006/11/07 06:38】 URL | 小林 一弘 #-[ 編集]
小林さん、いつもコメントありがとうございます。
そうなんです~!一休寺まで自転車で行ってしまうくらいに、世紀を超えたファンなんです。ヘタレになるけどお陰さまで、昨夜は熟眠できました。
誰も慰めても、励ましても、支えてもくれないから元気出さなくちゃ仕方ないですね。
でも、小林さんのコメント本当に心がアッタマリマス!ありがとうございます!
【2006/11/11 11:51】 URL | ゆきんこ #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ゆきんこ

  • Author:ゆきんこ
  • 2005年8月23日にデビューして、ブログ歴13年目になりました。
    開設当初、障碍児加配保育士を経て、紆余曲折の3年間の夜間大学院の日々を綴ってきました。
    修了後も、失業と再就職を繰り返し、どうにかケセラセラでやってきました。
    出会いと別れの中で次第に専門分野への執着を捨て、遠ざかる日々です。

    独身時代の趣味は、旅行、水彩画、ハイキング、心理学系の読書、リコーダー演奏などでしたが、兼業主婦になってからは家事にまい進、心身とともに衰退しています。
    かなり前に流行った「どうぶつ占い」では「人気者のゾウ」ってことになってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。