http://sateraito.blog20.fc2.com///ゆきんこの引き出し
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

2007/01/03 (Wed) 全然、ゆきんこらしくない新年2007
数少ない、(5人未満?)常連ゆきんこファンのみなさま

新年、明けましておめでとうございます。
今年も時々、遊びにきてください。よろしく御願いします。

それから、今年も年賀状を下さった現実で既知のみなさま。
変わらぬ新年のご挨拶をありがとうございました。

皆様のご多幸を心からお祈りしております。

喪中でもないのに、あまりの忙しさに年賀状を書けず、本当にごめんなさい。(だったらブログを休止した方がよかったですが)
私は表裏ともいつも手書きで差し上げていたので、どうしても時間を捻出できませんでした。


本日、午後6時過ぎに帰宅してさっきから気になっていたことがあった。

「ANBELIEVABLEのスペルが間違っている。」

ちゃんと直したもんね。

いいじゃないの、まちがいのない人生なんてないんだから!
このように何気なく言い放たれたことばというのは、
受け手を大いに惑わせたり悩ませたり、いろいろの解釈がなされる。

これが、認知心理学においては、極端には「偏見」へとつながっていく。

自分よりも遥かにIQの高い対象に、
大抵の人間は何の文句のつけようもなくなる。
文句つけられるのは、権威をもっているか、または
ソシャルスキルに問題のある方々のような例外。

そして、なぜだか、向き合った人間同士は、
「自分は相手にどう思われているんだろう」
「自分は相手にどんなリアクションしたらいいんだろう。」

その初回から数回においては、すごい緊張してしまうわけだ・・・
それを克服するには、地道な努力の積み重ねしかない。

もう何年、10年という付き合いの旧知の仲ならどうってこともない。
だけど、プライベートゾーンに入ろうとする時には、
私はこれまでずっと慎重派だった。

それで、か弱いゆきんこの方略は、相手にスキを与えて
徹底的にピエロになろうと、「努力」しているのです!

新年早々、全然意味不明の書き出しで申し訳ありません。

明日は悲しいことに仕事初めで、★営業所に出勤。
3が日くらい大好きなお布団に囲まれて、寝正月。ぼ~っとナマケモノに
なりたい。。。と夢見ていた。

初夢はまだ見ていません。基本的にあんまり夢を見ない方。

元旦は、紅白歌合戦が終わると、即座に徒歩5分のK神社に初詣。
願い事は、大学院受験のための予備校時代も含めると3年連続同じかな。
「まともな仕事が見つかりますように。
論文無事に書けますように。。。」

次にひいたおみくじ。

第45番 吉

こう名はほまれをあらわさんと おもう心ありてなり
いまだ知行や禄は行く先々に有りても 手にいらぬなり
目上のかたの ひきたてにあづかり こう名をあらわすとなり
行くさき一面に香華生じて 知行を得て身の上さかゆるなり

▲このみくじにあたる人は、物事十分なるかたちなり、
十分なればかならずかくることあり、
よろづつつしみてひかえめにすればますますよろし
▲あらそいごと勝つとも相手をいたわるべし
▲待人くる少し遅し
▲病人本ぷくす
▲よろこびごとよし
▲えんだんは近き方よし
▲家うつりふしんよろし
▲旅立ち大いによし
▲商売は木か糸に縁あることたるべし
▲子に縁深し、苦労することあれど後大いによし
▲失物出づべし、急にさがして出ざれば時を経て出づべし

それから、恒例の干支の土鈴を買いました。

例年と違うのは、母の馴染みのご近所さんたちが、数名参道の端に並んで新年の挨拶を交わしたことだ。
「明けましておめでとうございます。」
「まだ、親の脛かじってます。」
「今年も就職祈願です・・・」

遅い午後に母と二人でシンプルなおせち料理とお雑煮を
食べてから隣のTVの笑点をBGMにお気に入りブログを眺めていたら、
何となく夜が更けていた。

そろそろ明日の計画の打ち合わせをしないとな・・・
と、お相手にメールを書いている最中、携帯のベルが鳴った。

元旦の夜、手先の器用な母は、紙粘土の製作を始めた。
できあがった作品を見て、初笑い!
「かわいいね! ウリボウ。」
初詣で買った土鈴の猪の子どもを7匹も作ったのでした!

翌朝2日は、予報通り小雨が降っていた。
身支度をして午前9時半に家を飛び出したが、最寄のバス停に走っている
最中に、バスが通過してしまった。
「あ~!新年早々遅刻か!」

即座に携帯ですみませんコール

「雨降ると、正月でも遅れるからヤキモキしますね。」
「駅でお待たせしているので、余計に・・・」
などと一緒にバスを待つ未知の年配の女性と初会話。

正月3が日で道路は混んでいなかったが、
お相手は、乗るはずだった電車をちょうど見送って、ぽつんとホームの端で待っていてくださった。
「明けましておめでとうございます。」
「明けましておめでとうございます。」

私の人生の予定には、2006年の10日前までは、こんなことになるスケジュールなんてなかったのだ。

行き先は、京都・北野天満宮。
高校か、大学受験以来、実に実に久しぶり。京都市内のどこに位置しているのかも知らない。

移動のバスは同じ行き先を目指す乗客が徐々に乗り合わせて増えていった。

傘を射しながら参道を歩いた。参道は意外に狭く、
端から端まで、ズラリと屋台が立ち並んでいたが、
殆ど目に留まらずに、境内へと傘の波に准じて足を進めた。

小雨にもかかわらず、境内は受験生とその家族の集団で賑わっていた。
本堂を探して、傘を脇に置くと、拍手を打った。
「緘黙の会がうまく運行していきますように。」

それから、学業に精進できるように牛さんのアタマをなでなでしたり、
お香の煙をアタマにかけたり、

学問の神様、菅原道真公を祀る天満宮ですることといえば、
当然、絵馬に祈願の筆入れをすること。

それで、全然持っていない久しぶりの毛筆で一筆書きました。

「修士論文 完成! ゆきんこ」

参拝者は年配の方々もいらっしゃるのですが、合格祈願を
この年代でしているのは、10代の現役受験生以外では
我々だけかも・・・
手本どおりに絵馬に年齢書かなくて、よかった~~

それから、ちょっと疲れたので喫茶店でレモンティーを飲みました。
おなかがなかなか空かないので、気がついたら2時間くらいしゃべっていた。

どうしてこんなにしゃべっているんだろう??????
今まで全然知らなかったわけじゃないけど、
私に対してあまりにも、オープンマインド過ぎるんじゃないか?

かの有名な「哲学の道」も、3年ぶりに歩いてみた。
実は、歩いている最中、結構緊張していて、殆ど頭の中は真っ白だった。

隣のお相手はかなり疲れたらしく、特急電車に乗り込むと
本当にすやすやと寝入ってしまった。
信じられない・・・・なんという無防備。
こっちは、昨夜だって「浅い眠り」だったんだから…

午後7時前に帰宅したら、母が伯母のところで一泊したので、
その夜は心置きなく 快適な一人暮らしを謳歌できるはずだった。

来週の10日には、保険のむずむずかしい応用試験が控えていて、
あ~、なんでこんな束になった問題集なんて、正月番組みたいのに、、、

それよりも、なによりも、
私のティッシュペーパー並みの軟弱な感受性は、
私を時間差攻撃してくる。

喫茶店で交わした会話がリフレインした。
「寂しい・・・」
私は「寂しい」ということばに過敏だ。
「じゃあ、私でも傍にいたら寂しくないの?」

だけど、人間って我侭だから、いくら寂しいと言ったって
傍にいて欲しい相手は、選り好みするはずなのだ。

私に会うまで、どれくらい寂しかったのだろう・・・

それを想像すると、母がいない居間で、
新年早々じわわわ~~と、3回も初泣きした。

3日は神戸・三宮へ繰り出しました。
昨年から、いつか暇を作って「オルセー美術館」を鑑賞したいと
前売りチケットを財布に携帯していましたが、
明日から仕事初めで、最終日の1月8日までに見る機会を逃がしそうなので、一人でも絶対、見に行くぞ!と買った時から決めていた。

お正月の芸術鑑賞も初体験だったけど、多分、もう2度としないだろう。
料金アップなのに、寿司詰めの館内で、3時間みっちり鑑賞した。
いつもなら、ストレス解消に、作品に見入っているうち、
脳ミソがスカ~っとしてくるのを実感できるんだけど、作品よりも、人混みが気になって仕方がなかった。


昨日ご一緒したお相手が、同行を快諾してくださったので、
結局、新年早々、まだ5回しかお目にかかっていないのに、
2日連続で15時間も一緒に時を過ごしたのだ。

私だって、「寂しい」からって誰とでも並んで歩きたいわけじゃないのだ。

どうしてなのか、ABA的に行動の現象だけで叙述するのは、
3年目の信奉者には、そんなに難しいことじゃない。

だけど、今年の3が日はやっぱり有り得ない格別の幕開けだったんだ。
そして、この両者の関係をどのようにカテゴライズしてよいか、
私は、数日悶々とする。
悶々としても仕方がないから、明日のためにお布団しいて寝ましょう。


新年早々、意味不明の文章ですが、
わざわざ意味不明に書いております。
何卒、ご了承ください。

猪突猛進せずに、一歩一歩前進できる良き1年でありますように。

ゆきんこの今年の抱負 決まりました!
>「親しき仲にも 礼儀あり」strong>






スポンサーサイト






あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 今日は仕事始めでしょうか?今年もがんばって行きましょう!
年末、もちの発送が終わってからというもの、アルコールが切れず、今日は久しぶりにすっきりとしています。
 
 ゆきんこさんのような賢い女性は理想のタイプですけど、理想と現実はギャップがあるものですな。
 私も今年の抱負は「親しき仲にも 礼儀あり」にさせていただきます。
2007/01/04 15:21 | URL | 小林 一弘 [ 編集 ]

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

ゆきんこさん、今年もお忙しい1年になりそうですね。
お体だけは気をつけて下さいね。

初夢・・・そういえば昨年のお正月も
初夢の話題が出たような気が・・・。
今年の野ウサギ。の初夢は好きな俳優さんが
出てきましたよ(笑)。
2007/01/04 20:56 | URL | 野ウサギ。 [ 編集 ]

小林一弘さま、明けましておめでとうございます。
私はそんなに賢くなんてないです。(照)褒めすぎですよ。(座布団1枚どうぞ)

それではせめて理想のゆきんこを夢見ていてください。実物見るとゲンナリするかもね~。

今年の抱負は小林さんと一緒ですね!
共に業界は違っても、自営業者として逞しく2007年を
意義深いものにしたいですね。

今年も仲良く宜しく御願いします。
2007/01/05 19:29 | URL | ゆきんこ [ 編集 ]

野ウサギ。さん、初コメントありがとうございます。
今年も仲良く宜しく御願いします。
私にとっては、ブログで大人気の野ウサギ。さんが憧れなんですけどね~。

早速、初夢みたのですね。好きな俳優さんってどなたかしら?現実でお会いするのでしょうか?
去年の「こぐまクリニック」の初夢を憶えていてくださったのですね。あの夢はいつか正夢にしたいと思う今日この頃です。

でも今年の初夢はまだなので、初夢みたらアップします
ね。
野ウサギ。さんも、お体に気をつけて、いい1年でありますように・・・
2007/01/05 19:37 | URL | ゆきんこ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


トラックバックurl

→http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/218-931e31ba

プロフィール

ゆきんこ

  • Author:ゆきんこ
  • 2005年8月23日にデビューして、ブログ歴12年目になりました。
    開設当初、障碍児加配保育士を経て、紆余曲折の3年間の夜間大学院の日々を綴ってきました。
    修了後も、失業と再就職を繰り返し、どうにかケセラセラでやってきました。
    出会いと別れの中で次第に専門分野への執着を捨て、遠ざかる日々です。

    独身時代の趣味は、旅行、水彩画、ハイキング、心理学系の読書、リコーダー演奏などでしたが、兼業主婦になってからは家事にまい進、心身とともに衰退しています。
    かなり前に流行った「どうぶつ占い」では「人気者のゾウ」ってことになってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。