Let's Nuts !(レッツ・ナッツ)その2

自分を怠けさせるのも、頑張らせるのも自分次第?
でも、自分でがんばるには限界もあるので、それなりの条件が必要?
例えば、自分が好きだと思える指導者や年上の人間には、自然、素直に従えるだろうか?
年上で知識の豊富なヒトであっても、尊敬できず、好きになれなくて反抗してしまうこともある。

逆に自分よりも後から生まれた人でも、自分よりも秀でた才能の持ち主であれば従うべきか?
年功序列が崩れ去り、年下の上司に使える機会が増え、
滑舌の悪くなってきた両親に、「老いては子に従え」などど言えるほど
立派に自立していない。
・・・と平日の真昼にPCを叩きながら思う。

9日(火)に夜の大学院で、修士論文の指導ゼミがあった。
相棒で某私立幼稚園後継者のTさんも遅れて参加し、険悪ムード漂う
Y教官とゆきんこの間に緩衝材としていてくれたので大助かり(ほっ)

そもそも、遡ること2006年6月、緘黙症に関心をもち、
社会心理学者のY先生に相談したところ、専門外の上に、
対象者もいない前代未聞の研究は、あなたのレベルでは到底無理!
とケンモホロロに却下され、7月から観察記録データを収集しはじめた。

それ以前から、生々流転の保育所でバーンアウトして、プーおばさんになり、
3月にY先生に紹介された転職先も蹴り倒したのだから、指導なんてしたくない憎たらしい徒弟であって仕方ないはずだ。

自分の儘ならない生活をぼやくのはいい加減にしよう!
それもこれも、「自己責任」なのだから・・・

それでも、コツコツ溜めたデータを只今、清書してまとめる作業に入ったが、ヒトも含めての動物の行動ときたら、なかなか「カテゴリー分類」しにくいものだ。
憎たらしい徒弟の稚拙なデータだろうと、納得のいかない中途半端尚且つ独りよがりで自分勝手な、「分類」というのは御法度になっている。

物理学に肖って、モノをココロに置換することによって始まった心理学は、常々「それはあなたの解釈でしょ?」
「自分勝手な思い込みでしょ?」
という突っ込みから免れない。
私の修士論文など、50%の架橋に入ってきて、「やっぱり稚拙だ・・幼年コースだもの。」
と自分の実力の限界や先行きが見通せてきたけど、自己満足に終わらない論文に仕上げるには、もうちょっとの辛抱が必要だ。

で、レッツ・ナッツのその2です。
プーおばさんの、エンゲル係数を下げる技。
でも、ゆきんこは単純に食べるのが大好き。
昨日も一駅電車に乗って、昨年会社の同僚だったKさんとランチしてから、付近の商店街をぶらついて、つい衝動買いしてしまった・・・
いけないな~、
煩悩を払って倹約しないといけないのに、
仕事の柵から解放されると、享楽的になってしまいます。

ゆきんこおすすめのナッツその2の紹介です。
「さかなっつハイ!」

日本人に不足しているカルシウムとマグネシウムが理想バランス(2:1)に近い形でバランスよく含まれています。
DHAもたっぷり含まれています!
カリッとアーモンドとあっさり脱脂ピーナッツ
国内産100%の小魚ミックスがとってもおいしい。

原材料名 
アーモンド、いわし、落花生、植物油脂、砂糖、食塩、ゴマ、トレハロース、水あめ、魚介パウダー、香辛料、香料、調味料(アミノ酸等)ビタミンD

内容量 10g×25袋

製造者 東洋ナッツ食品株式会社
    〒658-0023
    神戸市東灘区深江浜町30番地

この食品は、大学の図書室で気前よく知らない院生さんたちにもばら撒いて奉仕してしまい、あっという間になくなってしまいました。
そろそろ、夜の学校へ行かなくちゃ・・・

to be continued 「Let's Nuts その3」









スポンサーサイト

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する