ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は、朝から終日雨模様。
カテゴリーに夢を設けたものの、滅多に夢をみない性分なので、
たまに見た夢を記録することにしている。

断片的にしか、覚えていないが、夢の状況は、飛行場へ向かう大型バスの中だ。
恐らく、修学旅行か何かに出かけ、丁度空港へ到着した。
全ての生徒が降りて、登場口へ向かうのを確認してから、私は最終確認と手短に打ち合わせを行い「了解しました。」とか何とか言い置いて、運転士の真後ろに座っていた席を降り立ち、タラップへ向かった。

・・・ということは、私はバスガイドかはたまた旅行引率者?


元来、父親譲りで旅行は大好き!
修士論文を書き終えたら、10年パスポートの期限が切れる前に、
また旅行へ出かけたいと思っている。

しかし、夢の中では一体、どんな方々を引率しているというのだろう?
9月のシンポジウムでは、Fゼミの修了生のセンパイだった仲良しの現役保育士Kちゃんから耳寄り情報を得たことを思い出した。

2004年から幻影を追っかけてきた憧憬のI准教授は、来春、いずこかの他大学へ赴任されるのだそうだ。
2000年ごろから教育臨床心理界で一世を風靡したH大学の行動療法の面々(Gメン?)の大活躍が功を奏し、その立役者として日本に名を轟かせた
I先生の新天地での益々の活躍が期待されるところだ。

まだ、H大学に在籍していらっしゃる間に、そして、ゆきんこがしがない
プーおばさん大学院生として在籍している間に、悪あがきでもう一度くらい追っかけしてみようか・・・・
それとも、9月の特殊教育学会のように、12月の行動療法学会で偶然、お会いできるギャンブルに賭けるか?(何の賭けなんだろ??)

イヌと遭遇してコミュニケーションが発生する確立とどっちが高いでしょう!?

ふとyumingの♪「航海日誌」が頭を過ぎった。
BGMにして、論文に取り掛かろう。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/249-8a51004a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。