ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
11月はじめの社会人大学院。

先程、11時30分頃帰宅して、忘れないうちに書いておきたいけど、
眠気がさしてきた。

6時限目の特別支援教育基礎論では、キュートな年下講師のI先生の第4回目の特別支援教育の歴史の最終回。

第2次世界大戦後、日本はアメリカの占領下において戦前の誤った教育の改革を迫られた。
学校教育法の文言には、義務教育として盲・聾・養護学校が当たり前に
謳われるようになったが、施行は後からついてくるのが歴史の常である。

また、障碍種別によらず歴史に名を残す発端となってきたのは、
有史以来、社会的弱者であり続けてきた当事者自身よりも、その保護者たちの運動や提言によって、社会や歴史は動いてきたのだ。

これも、ABAにおいては、オペラント行動の最たる勇姿といえるのかもしれない。
あるいは、コミュニティ心理学的には、アドヴォカシー(代弁者による提唱活動)と換言できるだろうか??

講義終了後、タイムリーに私はカウンターから持ち出したチラシを講師に渡した。

「ああ、緘黙症ですね。F先生から聞いていますよ。
特殊教育学会で私は役員をしていましたが、当日シンポジウムは盛況でしたね。
私も学生時代、お会いしたことがありました。学校では全緘黙でしたね。」

「いつの時代も現代においても、日の当たらない分野というものがあるのですね。
チラシをこうして現職教員の方々に配布していますが、なかなか先生のように関心をもっていただけないのです。」

「そうですね。実際にかかわった経験がなければ、どうしても関心事に
ならないのかもしれませんね。」

「シンポジウムでは、是非、教職関係者の会員を募集したいと思って活動しています。どうぞ宜しく御願いします。」

ちょうど1年前にも類似した科目「障碍児心理学」の講座でも吃音の当事者会のことを学んだ際には、講師のT先生も既知のところとなっていて
「かんもくの会」の後ろ盾になってくださったF先生からの進言に
よるものだった。

さて、7時限目に厚かましく部外者でありながら出没しつづけている
居候3年目のFゼミ。

今夜、F先生は先週に比べるとかなりお疲れで笑顔の頻度が少なく
ややご機嫌斜めだ。

「・・・どうも、行動分析学的な思考回路が身についていないようですね。」
Fゼミの門下の院生のY先生とI先生が、事例の男の子が「暗闇を怖がる」
という問題行動の解決案を話し合った。

そこへ、ゆきんこが口を挟んで、
「トンネルを抜けるとそこには・・・」
「あ~、そんなんじゃ、ダメダメダメ!
もっとスモールステップ・スモールステップで確立操作を考えなくちゃ。系統的脱緩作法で、徐々に徐々に」

3人寄れば文殊の知恵といいたいが、
なかなか男の子の「暗闇恐怖症」へのアイデアが出てこない。
素人感覚は、課題分析やらスモールステップの段差を作るのが、
ABAのプロから見たら、粗すぎるのが常なのだ。


I先生が先週、F先生から拝借した研究の神器「ココロメーター」を
取り出した。

「ココロメーター」とは、
唾液中のアミラーゼ濃度を測定し、その測定値が高いほどストレスが
高くなるという、ストレスマネージメントに一躍買う測定器なのだ。

その場で、舌と下あごの間に、唾液を検出するチップを挟んで待つこと
30秒。

それから、ストレスチェック表のアンケートに記入し、測定値との
相関度を試してみた。

結果は、相関なし。
「つまり、ストレスの高い人はチェック欄の「はい」の数が多く、
ココロメーターの数値も高い。」
という仮説が実証されることが理想なんだけど、3人で試して数値の相関に一貫性がなかった。

「おかしいな~。」
「どっちがおかしいと思う?測定器か、チェック表か」
「メーターじゃないですか?」
「いや、チェック表のはずだ。」

今回、ゆきんこの突拍子もない(根拠のない)発言は、
F先生とまるでずれていた。
仕方がない。
まだまだ当てずっぽうなこと言っていたら、ABAのど初心者の域を出ていない。
あ~、これって無知の知なんだな~

そろそろ布団に入ります。
おやすみなさい。
スポンサーサイト

ゆきんこさん、こんばんは。
お世話になっております。

今日はお知らせがあります。

この度、ブログの引っ越しをしました。(∩.∩)
とらっぴぃ~日記は、記事が表示されないという現象が頻発しておりましたので、新しくZZ BUNNYというブログで書き始めることにしました。
内容は今までと同じようなものになると思います。
ご迷惑をおかけし、ほんとに申し訳ありません。m(__)m
今後ともよろしくお願いします。

2007.11.06 21:58 URL | とらっぴぃ~ #QUXM23xI [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/253-9f788a68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。