日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
アムロの訃報
2008年02月13日 (水) | 編集 |
午後12時5分。
自宅の電話が鳴った。

「もしもし。」
「あ、Iさん、お久しぶりです。アムロ元気?」
「それがね・・・死んでしまってん、9日に。」
「ええっ!!今日、明日にでも会いに行こうと思ってたのに!!」
「死ぬ間際まで元気にしてたんだけどね・・・」

しまった!!
もっと早く会いに行けばよかった!

昨日までずっと泣いていた飼い主のIさんの話をダイジェストすると、
アムロは享年13年と4ヶ月で大型犬としては長寿だった。
アムロは、センパイ犬のクロと2匹で飼われていたが、2006年11月にクロが身罷ってから、急に老け込んでいた。

2007年の4月には近所の神社で桜の花見のバーベキューを楽しむ人々の間を巡回して、そこで出会った人々にもかわいがられたりしていた。

最近では、散歩する距離も短くなって、家でじっとしていることがすっかり増えていたらしい。そのためかなり肥満になり、オシメをつけて飼い主のIさんにお尻を拭いてもらうという「介護犬」になってしまっていた。

「あの子は本当に賢い親孝行だったよ。『アムロ、いつまでも元気で長生きするか、死ぬときはポックリいくんだよ。」

すると、アムロは飼い主のIさんに言われたとおりにしたのだろうか。

雪が降り積もった9日の午前のこと。
Iさんがアムロのお尻を拭いて消毒し、それから水を飲ませようとしたとき、アムロはペロリとIさんの手のひらから水を舌でひと舐めすると、
そのまま眠るように目を閉じた。

慌ててIさんと居候のDさんがアムロを揺さぶり起こそうとしたが、そのまま逝ってしまった。。。。

Iさんの電話の向こう側の涙声を慮って、母は身支度をすると、出かけていった。
「最近、Iさん宅に行ってなかったわ!アムロも元気にしてたから、
でも、もうすっかり老犬やったんやわ。」

アムロとクロは、保育士仲間同士の母とIさんの傍で小さい子どもたちを
見守ってくれていた。

そして、今回の研究論文にはなくてはならない存在だった。
私も何だか、泣けてきた。

アムロ、クロ、ありがとう!
おしゃべりなんかはできなくても、2匹共かけがえのない大切な友達だったよ。

いやなことや辛いことがあっても、2匹に会って一緒に散歩したら、なんだかスッキリして幸せな気分になれたよ。

千の風になったら、また一緒に楽しく散歩しようね。
そして、ギクシャクしている人間関係を和やかにするのに協力してよ!



スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2008/02/13 12:35 | 仲間 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック