ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「おめでとうございます。」
という一生に一度あるかなきかの特別な祝辞に埋もれていた3月第1週。

2月の最終週は、戸籍謄本の申請と取り寄せ、論文資料作り。

そして、3月1日。
午後1時から5時まで、幼年教育コースの修士論文発表会が無事に終わった。
思いっきり自己満足だけど、シンプル イズ ベスト!の単純明快、起承転結のメリハリのある
発表になった。
だって、自分で言うのもなんだけど、締め切り前も、修正期間もいやというほど、自分で添削に添削を重ね、何回も訂正したのだ。
思い返せば、Y教授の「愛の鞭」でその完成度は自分だけで仕上がったものではないことが、読めば読むほどスルメのように味わうことができた。
ありがたや~。

質問も4者からうけた。
熱血同世代教官のS准教授からは、
「あなたの論文は発展的には後続研究としてワンワンパトロールを射程に入れているようだが、
具体的には『地域の教育力』をどのように展開する意義がありますか?」
「昨年、不登校支援の事例に、イヌを使って再登校を果たした報告がありました。
例えば、飼育動物として学校にイヌを持ち込めるかどうか、校庭解放できるかは、今後の学校社会の受け入れ次第だと思いますが、イヌを使った地域の教育力を発揮できる可能性は、欧米では多くの知見が残されていて日本ではまだまだ研究の余地は大いにあると思います。」

夕刻、学校から最寄のレストランを貸しきって、懇親会と謝恩会
座席の向かいは同じYゼミで、台湾からの留学生ママのGさん。
同じゼミだけど、Gさんは昼間のキャンパスに通学していたので、実質殆ど初対面だった。
「私、今回の論文、日本に文献がなくて英語も訳しました。日本語で書くのは大変だったでしょう?」
「そうですね。ひらがなとカタカナもあるし。」
「ADHDの研究なら、日本は欧米よりもまだ遅れていますが、どうして日本に留学したのですか?」
「アメリカは遠いし、日本が大好きなの。留学すれば日本語も勉強できるでしょう?」
「そうですか。私、日本語教師の勉強もしたのですよ。」
「うわ!そうなんだ。ところで、あなたケッコンしてますか?」
「それが実は、3日にします。」
「え?3日って?」
「あさって。3月3日です。」
「え!?ウソ!ホント?」
「ホントです。」

するとGさんのリアクションに同じテーブルのゼミ生たちがどよめいた。
「センパイ!おめでとうございます!キャ~!ステキ!ステキです~!」
どうしてご本人よりも周りがこんなにオーバーリアクションなんだろう・・・

おばさんになりかかってくると、当事者のせいか、はたまた研究した人間のクールさが身についたのか、周りの反応の方が面白かった。
「論文よりも、結婚の方が大学院に入った大収穫だったんじゃないか?」
「先生、失礼な・・・論文に決まってるじゃないですか!」

2日はどうしていたのか、溜まったメールに目を通していたら1日はあっという間に過ぎた。
Pさんが夜やってきて、独身最後の1日を過ごした。

3日、午前9時から馴染みのご近所さんたちがカメラ持参でドヤドヤとやってきた。
「ちょっと!9時半っていったでしょう!まだ化粧も何にもしてないやん。」
ドサクサに自分でメイクして、2階でドレスに着替えた。
このウェディングドレスは、偶然3週間前に母が知人のKさんからお下がりを譲ってもらった。
もちろん、いただいた時点ではその3週間後に、入籍をする予定など全くなかったのだけど。

そして、Pさんがスーツ姿でやってきた。
居間の奥にヴェールをつけたドレス姿の私にPさんの驚き様といったらなかった。
驚く間もなく、ご近所さんたちが年増の新郎新婦にシャッターを切った。

10時過ぎには、ご近所さんたちは速やかに各々の自宅に戻っていった。
母とPさんと私でK神社にお参りし、車で隣町の市役所へ出かけた。
「ねえ、離婚届もここで提出するんだ。」
「婚姻届出しにきたのに、そんなこと言うなよ。」

まあ、仕方ないです。
バツイチの娘で、Pさんが現れなかったら結婚しなかっただろう・・・
それから、料亭に移動し、Pさんのご両親と合流した。

ここは、1年前に営業所のN所長の勤続25周年祝いをした同じ料亭。
そして、向かいにはPさんと初めて出会ったファミリーレストランがあった。
何せ、将来危ういプー太郎同士の紙切れ婚。
昨年は一つ屋根の下に生活を共にした私たちだけど、しばらくはパラサイトの別居婚が続くため、
否応なく、親の過干渉が続く・・・
昔の鍋釜下げてという時代に比べたら、親の庇護が受けられるなんてある意味幸せだし、
それだけ、親の財力に依存し続けることは、恥なのか?それとも、リストラの弊害を被った1例なのか?

夕方、双方の親と別れて、Pさんの思い出の地にドライブに出かけた。

翌日から本格的にPさんの姓を名乗り出したとはいえ、生まれてこの方使い慣れた旧姓とのギャップにしばらくは違和感を感じるのかもしれない?

それでも、6日には就職面接のため、履歴書は新姓に書き換えて再提出、印鑑も新しく買わなくてはならなかった。
7日、8日と外出先では、大学院仲間に早速Pさんが作ってくれたできたてほやほや名刺も新しい姓で提出した。
新しい名刺のデザインは、右端にコーヒーカップのイラスト入り。
「なんだか、リラックスできそうなイメージでしょ?」

入籍して4日後、Pさんと再会し、喫茶店で当日の写真をもらった。
どの写真も年増の私には「おばさんにも衣装」、我流メイクは「おてもやん」だったけど、
2人で一番気に入ったのは、婚姻届を提出直後、市役所前で撮った1枚だった。
「二人ともなんだか夫婦面だね。」

前途多難な門出にただ嬉しいだけじゃない。
それは、ぐずつく雨が降ったりやんだりの不安定な弥生の空模様に象徴されている気がしている。
私たちの前途も、この雨空の下、ぬかるんでいるのだろう。
雨が降る日があっても、私たちの記念日は日本全国の女の子が幸せを願う桃の節句だ。

スポンサーサイト

おめでとうございます とっても うれしです うまく うてないので 短いけど うれしです

2008.03.09 17:42 URL | ひろみ #- [ 編集 ]

ご結婚おめでとうございます!
なんか読んでてうるうる来てしまいました。
よかったですね。
すごく嬉しいですv-237
実は今、偶然にも結婚式をテーマにした
パズルの仕事をしていまして・・・
12日までなので、大変なんです。
えへへf(^ー^;

Pさんといつまでもお幸せにe-51

2008.03.09 21:53 URL | とらっぴぃ~ #QUXM23xI [ 編集 ]

おめでとうございます。
ほんとにびっくりして、祝福の言葉が見つかりません。(笑)
雨もぬかるみも皆、意味のある必要な事ですよ。
お二人とご両家の皆様の末長いお幸せをお祈りいたします。v-278

2008.03.10 09:56 URL | 小林 一弘 #- [ 編集 ]

おめでとうございま~す!

とにかく、びっくりしましたよ。
末永くお幸せにねe-53

2008.03.10 11:59 URL | ともこ #- [ 編集 ]

ひろみさん
心の篭ったお祝いとても嬉しいです。ありがとうございます。

とらっぴぃ~さん
なんだか本人以上に感激してもらったみたいで、恥ずかしいです。ビンボウなので式はしていませんが、12日の結婚式の御題がんばってくださいね!

小林さん
いつもここぞというコメントに何だか、お兄さんみたいで頼りにしています。
4月から畑仕事に従事しますので、今後とも宜しく
御願いします。夫婦円満の秘訣も教えてくださいね。

ともこさん
びっくりさせてしまいました。
幸せを持続させるのも一苦労ですが、今のところは
別居しているのが相乗効果らしいです。

みなさんのコメントにびっくりしてしまいました!本当にありがとうございます。

2008.03.10 17:37 URL | ゆきんこ #- [ 編集 ]

ご無沙汰しております。
ご無沙汰していた間に・・・びっくりです!!

ご結婚、おめでとうございます!
そうかあ、そうだったんですね、そういうことだったんですね(笑)
会のHPで知り、こちらに飛んできた次第です。

ゆきんこさんは、いろんなパワーを秘めている人だと思います。
きっとこの結婚もすべて糧としてパワーアップされることでしょうi-214

お二人の末永い幸せをお祈りしておりますi-189

2008.04.03 16:35 URL | るい #uvrEXygI [ 編集 ]

ご無沙汰しています。
るいさんにも祝福のコメントをいただき、嬉しいです。
Pさんが誰なのか知っているのは、るいさんと野ウサギ。さんかもしれませんね。
巷では、ブログがきっかけだったと言うと、
「へ~、若いね!」と冷やかされております。
るいさんの話も知りたいので、また暇を作って遊びにいきますね。どうぞ家族でお花見をお楽しみください。

2008.04.04 22:00 URL | ゆきんこ #- [ 編集 ]

しばらくご無沙汰している間に、ご結婚されていたなんて!!
もう~!!!ゆきんこさんったら、やるじゃないですか☆
本当に驚きました!!

ブログきっかけで運命の人と出会えたなんて素敵ですよ。
私はゆきんこさんとPさんとのやりとりを見てて、
何となくいいんじゃない?と思った時もありましたのよ、実は。
って、ご結婚されたからそう思うのかもしれないですけどね(笑)。

とにかくおめでとうございます!!私もとっても嬉しいです☆
末永くお幸せに!!!

2008.04.13 20:57 URL | 野ウサギ。 #/zy8Dfp2 [ 編集 ]

野ウサギ。さん、お忙しいなかご祝辞をありがとうございます。
ブログと現実は重なり合うものなのでしょうか?
書くことはいくらでも修正したり、削除したりできますが、
実物同士はなかなかごまかしなどきかないものですね。
結婚暦の長い野ウサギ。さんにも夫婦円満の秘訣など教えていただきたいです。

2008.04.14 20:54 URL | ゆきんこ #- [ 編集 ]

壁紙 ありがとうございました。
時々 訪問させてもらってました。
とっても 見やすくなってます♪
この頃 老眼が きてるもので・・・(笑)

そっか Pさんって 言うんですね。
キッカケは ブログであっても 結婚は 縁だと思います。
長く続く秘訣は 思いやりかな?
もっとも 我が家には もう ないようですが(苦笑)

お幸せに♪



2008.04.20 22:04 URL | のひめ #nD0tPMwI [ 編集 ]

のひめさん

初めてコメントを頂戴したと思います。
これまでも、何度かアクセスしてくださっていたとのことでありがとうございます。
やはり、「Pさん」の表現ではわからなかったでしょう?
アドレスの頭文字にしてみました。
まあ、あちらのHPやらブログは盛況ですし、結婚を公表したから
隠すこともないですから。
のひめさんも、「我が家にはもうないようです」とおっしゃる前に、
のろけていただけると励みになります。

壁紙のリクエストにすぐに応じられずにすみませんでした。
アクセスが少なくても、訪問者のことも考えて書かないといけませんね。

2008.04.23 21:47 URL | ゆきんこ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/267-ec15daf6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。