ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
結婚して2ヶ月あまり。

大河ドラマの篤姫さまも、将軍さまの妻になって大儀なことである。

私の場合、未だに結婚した実感が殆どない。
大学院修了後、4月から本格的に障害者授産施設の介護生活支援員として働き出したので、
週5日8時間労働に費やしている時間の方が、1週間の主要な時間を占有していること、
実家では、パラサイトシングル時代と何ら変わらぬ、家事免除状態が維持されていること、
そして、何より未だに親族への挨拶さえもまともにやっていないこと
などなどがその理由。

世間一般からすると、結婚していないのに同棲していた2007年と
結婚したのに一緒に住んでいない2008年の狭間で、
とりあえず、無神経に恙無くやり過ごしている五月雨の3連休になった。

婚家と実家は隣町でまあまあ近距離なので、慌てず当分、週末別居婚が進行中。
しかし、婚家のお父さんもPさんに新居探しを促しているらしい。
伯母たちも、Pさんと私の「ど貧乏紙切れ婚」にブーイングを唱えた。
それで、今日、先月末の竣工式の振り替え休日をもらって3連休にした代わりに
伯母たちを実家に招待してPさんと挨拶を交わすことになった。

伯母たちがやってくる前日に従姉妹から新たに大きな花束が宅急便で届き、
母と私は、まずは手狭な部屋を掃除することから始めた。

伯母たちの心配も無理はない。
実質、ゆきんこの母方の一族というのは、強烈な母系社会で男性親族が少ない。
自然、男性親族は大人しく隅に追いやられているというのが、母方親族の集いの風景だった。
おまけに、私が生まれる以前の母と父との交際、結婚から結婚生活、離婚、その後の母子家庭まで
彼是40年以上も見守ってきた伯母たちにとっては、私の結婚が単純な紙切れで済まなかったことを
実感したのだった。

午後10時30分にPさんがスーツ姿でやってきたと同時に小雨が降り出した。
5分したかしなかったかで御母さんから携帯の電話が入り、お菓子を持って馳せ参じるといってきた。
それから15分くらいして、御母さんがかけつけてお菓子を届けにきた。
Pさんが付近の駐車場に車を停めに行き、そうこうしている間に、伯母たちが到着した。
雨が少し強くなり、母を間に挟んだ老いた3姉妹とPさんの御母さんが狭い居間に勢揃いして
恭しく正座して、深々と礼を交わした。

今時の若い衆には、面倒くさい儀礼だけど、心あるからこそ親族が遥遥駆けつけてくれたのだなあと
改めて感謝の気持ちがわいた。

「結婚してもしなくても、もちろん私は仕事を続けますが、、、」
「当然です!」

伯母たちは口にこそ明言しなかったが、
Pさんと私がこれから無事に生計を立てていけるのかに関心が集中していた。
30代を不安定雇用者として過ごしたことと、仕事が激務であるのに低収入であること、
夫は目下、報酬のない仕事に従事していることは、相変わらずの世間一般の不安材料であった。

新しい施設では、利用者の方々を送迎する年配の運転士さんと仲良くなった。
「あんたも苦労だね~」
と私の仕事振りとか、近況を話しながら労ってくれる。
「男は、妻が働きすぎだと怠けるんだよ。」
「・・・・そうですかね・・・」
「わしなんかは、母親を10歳でなくしたけど、妻の両親と同居して、最期まで面倒見たんだ。
あんたの新婚生活をみとったら、あんたがバカをみてるだけじゃないか。
しかも、仕事だって担当している人たちは、みんな大きな赤ちゃんみたいなもんじゃないか。」

そういって、代弁してくれる人がいるから、なんとかもちこたえているのかもしれない。
それに、母よりも年上の運転士さんが達観したことをいつも車の中で言ってくれる。
「金持ちじゃなんじゃといったってな、天変地異でも起こって死んでしまったらどうにもならんのじゃ。
まあ、少々給料が安くても相手に喜ばれる仕事をしとるんじゃから、いいじゃないか。
今は、障害児さまさまのご時世じゃから、昔とはくらべものにならんよ。」
「確かに福祉の充実は経済の発展に裏打ちされています。おかげで、私もご飯を食べられるわけで・・・」

通勤に路線バスと自転車を併用して田んぼの中を通勤しているところ、
梅雨明けには、自宅から電動自転車通勤を検討中。

「おんボロの中古車でいいから買って通勤すればいいじゃないか」
とPさんに進言され、本音をいえないので、ここに愚痴っておこう。

誰かに便乗はしても、自らは地球温暖化に拍車をかけたくないというエコ・レジスタンスは、私をがんこなペーパードライバーにし、雨の日も、寒暖の激しい日も自転車を愛用してきた。
考えすぎかもしれないが、往復1時間かけて町外れの山奥に居住する利用者さんを送迎するために、
どれだけのガソリンを消耗しているのだろうか?

そのことが、巡り巡って北極の白くまさんを餓死させていることにいたたまれない私は、
やはりバカなんだろうか?

そして、事例研究できない日々刻々のPさんの変容ぶりを密かに恭悦至極としている私は、やっぱりバカなんだろう。
憂いの中に、笑顔を携えているのがゆきんこ流。

さて、明日も5時起床でいきましょう!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/283-b7d764dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。