どうする?ゆきんこ

北京オリンピックが開幕して8日目は、63回目の終戦記念日。

大半のスポーツシップがない日本国民にとっては、お盆のシーズン。
耐えがたきを耐え、忍び難きを忍んだ過去は、戦争を知らない世代にとって
「そんなのカンケーネー」というギャグで交わされがちだ。

スポーツ音痴の私でも、連日オリンピックを放送されることで次第にテレビに釘付けになるのだから
日々のコツコツとした取り組みが大成することもあれば、瞬時に台無しになる事象の瞬間瞬間に、
飽きもせずABA的な発見で少しでもクールにしようと試してみたいのだが・・・

ワーク☆での、辞職騒動はO氏から一転してゆきんこにダイレクトにふりかかってきた。
4月から気力と足りない体力で重度重複障害の方々の支援に粉骨砕身してきたが、
いよいよ急ピッチに展開した。

「オレ、8月末で辞めるから」と言っていたO氏。
施設長のY女史の説得で心の変容が起こったらしく、
「辞めるのやめたんだ。」
どう考えても、多動の他、諸々の問題行動満載のN君と、精神安定剤を減量し始めたI君が
いつ暴動を始めないかと冷や冷やハラハラしながらの支援は、障害者入所更正施設における輝かしいキャリアを積んできたO氏以外に代行できる職員はいない。

オリンピックの開会式が始まる前の金曜日の夕刻。
利用者の皆さんを無事に送り届け、トイレ掃除をしていた私に施設長がしゃがみ込んで話し始めた。
「ゆきんこさん、送迎車の添乗のことだけど、あなたが添乗したときにトラブルが起こるのはどうしてなのか、検証しないといけないわね。」

施設長は来る監査報告のための準備をしている。
そこで、事故報告書に目を通し、私にこんな問いかけをしたのだ。
「開所以来、あなたの報告書が一番多いの。こういう報告書は大きな事故が起こらないようにするための大切な資料になるんだけど、それにしても、どうしてあなたの報告が一番多いのかしら?」
「先生、実は私もこの仕事をずっと続けていけるかどうか気がかりなのはそのことです。
私が担当しているのは、片時も目を話せない利用者の方々です。でも、そうでなくても私は女性で、この通り華奢な体格ですから、成人に達した利用者の方々の大半ががっしりした体格でとても互角ではありません。何か事があったときには、自分ではセーブできないギリギリの物事が何度もありました。」
「あなたを見ていると、思いやりがあって優しく親切にかかわっているのがわかります。でも、授産施設では利用者さんと時には身体をはって闘わなくてはならないときもあります。これまでのあなたの履歴や適性から判断しても、この障害者施設は合ってないかもしれないわね。」
「やはり、先生もそう思いますか?」
「事故が起こってからでは取り返しがつきません。あなたにとっても相応しい職場を探しなおすほうがいいかもしれないわね。」
「そう言ってくださって何だかほっとしました・・・結婚しても、離婚することだってできるのですものね」

こんな話の流れのまま、8月の第2週は終わった。
私から現在の仕事を継続する自信がないことは、相談したが辞職を明言した覚えはなかった。

週明けの11日。午前中から常務理事のM氏も出勤していたので、施設長の口添えで夕刻に相談の機会を設けてもらった。
「そういうことなら8月末日にしたらどう?」
「でも、就職活動もやり直しになりますし、求人もすぐ見つかるかわからないので今すぐってわけでもないのですが・・・」
「遅かれ早かれの話なら、ダラダラしないで時間に区切りをつけた方がいいでしょう。もうしばらくなんだから、あなたも気楽にやればいいよ。この仕事は張り詰めすぎていては続かない。」
「折角、採用していただいたのに残念です。利用者さんにも情がありますし・・・体力と気力さえ何とかなれば。」
「残念だね。まあ、そういう理由で辞職する人が大半ですよ。」

確かに、O氏とゆきんこではキャリアも技能もまるで違う。
生活介護といっても、子どもの保育と障害者の身辺自立の支援も似て非なるところが大きかった。
施設長が早速、求人公募の手続きをしたらしく、ほっとした反面、何だか腑に落ちないところもあった。

支援員の胸中に関係なく、利用者さんは高らかに笑ったり泣いたり、洗面所で水遊びに興じる。
飽きるとふらりと室内を出て、引き止められることでかかわりを求める行動に翻弄される。
送迎車のなかで、突然、誰かが誰かを小突く、注意するとへへへと笑う。

施設外部のゆきんこの周辺の人々は、私の窮状を察して心配してくれた。
盲目の最重度の障害のある人に、就労支援の方法など思いつかないのも無理はないし、
身辺自立もしていない人に労働させるなんておかしいと
私の辞職理由に反対する人はなかった。

ママになったヤワラちゃんだって、いつまでも金メダルを取り続けることはできない。
自分でもそもそも無謀だった障害児・者の支援にかなりの歳月を費やしたことにもう悔いはない。

今さらの別居新婚と、今すぐ死ぬわけにも、働かないわけにもいかない四十路の進路変更は相変わらず、闇雲のなかだった。
そんな最中、ようやく私の手中には、日本の行動分析学者たちによって約された
『科学と人間行動』(B.Fスキナー著)があった。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する