ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
実感はまるでないけど、一応新婚さんのゆきんことPさん

戦没者追悼式典も終わった午後、のんびりとした盆休みの3日目を迎えている。
母はタイムリーに「靖国」という映画鑑賞に出かけた。
終戦当時、10歳だった母には戦争は忘れられない過去とあって、オリンピック中継よりも
戦争もの番組に見入っている。

かたや、別居のPさんはどうやら自分との戦いの真っ最中のようだ。
携帯で「うちにきますか?」と誘ったところ、あっさり断られた。

昨年、確か盆休みらしい盆休みはなく、週3日の非常勤だった。
仕事内容は何をしていたのか覚えていない。

今年は、とりあえず人並みに3日間の盆休みと土日で5連休になった。
1日目の13日には午後から婚家のPさん宅へ出かけて、お墓参りに参上した。
ちょうどPさんのお祖父さんが他界されて30周年の命日だそうだ。
お墓に参る前に、応接間で若かりし頃のお祖父さんのモノクロ写真を拝見した。

もう一枚は、お祖母さんが嘗て東京の一等地でサンゴ宝石店を営んでいた頃の資料を見せていただいた。
お祖母さんは付近のケアハウスに入居していらっしゃるとのことで、墓参りの後に結婚の報告に出かけるのが、スケジュールとなった。

お墓参りの前にPさんがLIVEで女子バドミントンの試合を見たいというので、応接間で視聴した。
スエマエが韓国ペアと対戦したが、敗れた瞬間、Pさんもガックリきていた。

それから、お義母さんの準備を手伝って4人でお祖父さんの眠る墓地へ向かった。
見晴らしのいい小高い新興の墓地からは、隣町のH市から河川の向こうの山々まで一望できた。
お祖父さんの眠るお墓にPさんと並んで手を合わせて拝んだ。

続いて、ケアハウスのお祖母さんを訪ねた。
お祖母さんもケアハウスに入居されてまだ半年も経っていらっしゃらないのだが、
職員が親切で優しいので、快適に生活されているとのことだった。
お祖母さんの部屋壁には、宝石商時代の写真が飾られ、昔の思い出話も聞かせていただいた。
「そんな話じゃなかったでしょう。」
とお義父さんがお祖母さんの話を訂正した。
「認知心理学の本には、記憶の変容について書いてあったよ。これだな。」

高齢者福祉施設には、意外とご縁のなかった私には、ケアハウスの雰囲気も興味の対象だった。
入居者の半数以上は女性が占めているから、食堂や廊下のカーテン模様も花柄が目立った。
1階デイケアルームの入り口には、電動乗馬セラピーの機械も設置されていた。
玄関には、セキセイインコとイヌのももちゃんも飼育されていて、アニマルセラピーも活用しているらしかった。

午後6時には再びPさん宅に戻って、お義母さんの夕餉の支度を手伝うことになった。
「今までは誰も手伝ってくれなかったでしょう・・・」
しかし、ヨメ意識など微塵もない私が手伝いになるのか、足手まといになるのか、
おしゃべりの方が多くなってしまい、いつもより晩御飯の時間は遅くなってしまった。

私が今の職場で仕事を長続きさせられそうもないことを婚家も気にして聞いてくれる。
「結婚してもしなくても、仕事はもちろん続けます。だけど、自分のキャリアを振り返り、
仕事を選びなおす上で安定していて長続きすることが大切だと思うんです。
Pさんとも早く一緒に暮らしたいです。」

食卓に沈黙が流れた。

話題は、自動車運転免許の条件や「紅葉マーク」で盛り上がり、午後9時過ぎに退席した。
「最後にちょっと見せたいものがあるの。」
最寄り駅に車が着いた途端、思い出したようにリュックからオレンジの分厚い専門本を取り出した。
「これが、元祖スキナー博士の名著。翻訳者には、F先生の名前もあるでしょう?
アテネオリンピックの時に、紀伊国屋で立ち読みしてたのだけど、その時には全然わからなかった。
受験のときからもっと簡単なABAの入門書やK先生が監訳された本から読み進めて今、原著の訳本を読んでみると、なんとか読めるようになったな~。」
「へえ、もう修了したのに、まだ専門書読んでるなんてすごいな。」
「やっぱり、まだ被れてるんだね。」

Pさんと手を振って別れたはいいが、お義母さんのお土産を車に置き忘れてしまった。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/296-62aba840

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。