ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
一体、何度目だろう?の失業第1週目。
1日から3日までは、自宅でPCとにらめっこや本を読んで過ごした。
「NLP理論」という本を借りたまま、読めずにいた。
天気は雨が降ったり、やんだりでなんとなく出かけるにも億劫なぐつついた空模様。

この年になると、良くも悪くも失恋や失業の繰り返しに呆れてドライになる感じ。
それというのも、もともとは私は決してドライどころか、結構喜怒哀楽ははっきりしているタイプなのに、
時代や環境の変化で「またか・・・」と鈍化させられるという始末だ。

家の中でじっとしていてもくさくさしてくるので、3日の夜になって翌日は出かけようと決めた。
明けて昨日の4日は星占いによると、ベストは山羊座生まれだと報じていたそうだ。
天気もココロ模様も曇りのち晴れとなるか?

先週までの午前4時40分起床から今週の起床時間はだいたい8時前後
それから家を出たのは、10時前。

まず立ち寄ったのは、(電動)自転車で10分ほどのO先生の自宅。
インターホンを押すと部屋の奥から「は~い」と主の声が聞こえた。
「おはようございます。朝から突然に押しかけまして。」
ワーク☆やそれ以前のゆきんこの人生行路の仕掛け人といったら聞こえが悪いかもしれないが、
実際にはそのようなキーパーソンである就職斡旋のO先生に、電話で事後報告するわけにいかなかった。

「すみません。せっかく先生にご縁をいただいたのに、この猛暑で身体が続かず先月末で退職しました。」
「そう・・・僕も一度見学をと思っていたけど、残念だったな。」
「施設は順調です。先生の教え子さんも作業を毎日がんばっていますし、オープンしたばかりということで、卒業生の様子を見学に養護学校の先生方にもたくさんおいでいただきました。
ただ、私は施設内で最重度の方々の支援を任されて、結局バーンアウトした次第です。
申し訳ありませんでした。」

次に向かったのは、そこから自転車でさらに数分のサプリMという施設。
廃校になったM小学校の各教室をNPO団体に開放し、ボランティア活動が展開されている。
私は、主に失業中の平日にふらりとやってきた場所だ。

6月の下旬に一度訪問して以来2度目のNPOを再訪した。
「おはようございます。突然きましたが、仲間に入れてくださいますか?」
「どうぞ、じゃあ、あなたも作業に加わってください。」

このNPOは、野菜の皮などの生ゴミを再生肥料にする取り組みと、家庭菜園などを趣味にしている
人々のボランティアだ。
ワーク☆での農作業の取り組みの一助にならないか?尚且つ、個人レベルの趣味でもお金をかけずにエコロジカル・全くの人畜無害そうなシニアのメンバーが気に入って、仲間入りした。
作業も至ってシンプルで、大きな盥に米ぬかと糖蜜をひたすらかき混ぜるだけ。
これなら、利用者さんにも大丈夫だろうと思った。
前回6月21日に初参加の時にも、メンバーの方々は授産施設の窮状に親身に傾聴してくださり、タダでたまねぎやヤーコンという珍種の野菜まで株分けしていただいた。

「こうやってかきまぜるだけでも手のひらがツルツルするから、顔にもつけたらいいと思うのよ。」
初対面のシニアの女性と並んでかき混ぜながら会話も弾む。
「そうですね。」

「その後、お仕事はどうですか?」
代表のYさんが質問してくれた。
「ありがとうございます。前にお話したことを覚えていてくださったのですね。
実は、この猛暑で身体がもたなくなってしまい、8月末日で退職しました。
また仕事を見つけるまで、参加させてもらっていいですか?」
「どうぞ。お母さんにもお声をかけてモニターになってくださると嬉しいです。」

11時30分頃になると、ゴーヤや紫たまねぎを持ち寄り、昼食のおかずの下拵えの手伝いを始めた。
結婚したとはいえ、殆ど有名無実。
台所仕事はやっぱり苦手だけど、こんなとき初老の男性陣は自ずと遠巻きの観覧者になる。
おまけに、いよいよ出来上がりの正午には、次なる目的地へ行くために退散することになった。

それでも親切な皆さん方だ。
「今度はお母さんとゆっくりおいで。」
「これ、荷物になるかもしれんけど、持っていき。」
とまたもや自家栽培のゴーヤと滅多に市販していない珍しい中国野菜もお土産にいただいた。

次なる目的地は8月以降数回訪問しているI医院。
I医院では小規模で私の疾患は治せないと診断された。
紹介状を書いてもらい、転院先を手配してもらった。
故郷には、駅前にとても立派な医科大学の付属病院がある。
にもかかわらず、I医院の系列大学医学部とは学閥が違うので、
地理的には目と鼻の先に隣接しているからといって、利便性のよい病院に紹介状を書いてもらえない
らしい。

ってことは、紹介状なくして患者の得手勝手で医師も病院も選べないのか~~?
「前回の女医さんには、3ヵ月後の再診と言われたのですが、失業しましたし、
やっぱり患部にひきつったような違和感があります。はじめの医院でどうして誤診されたのかと
思うと、早く処置して欲しいです。」
「ここではっきりわかったんだから、それでいいじゃないか。」

次いで、会計担当者には、
「紹介状は書きますが、他院をご希望ならここから紹介する次の医院を経由して手続きしてくださいね。」

なんと・・・紹介状1枚で1000円か~
失業者には弱り目に祟り目じゃ・・・

それから、急いで図書館に借りていた本の気に入ったことばをメモして返却。
新しく読みたい専門書を2冊リクエスト。9月はせっかくだからひとまず読書の秋としよう。
K百貨店の地下でバウムクーヘンを買った。

最後の目的地は駅前にほど近いマンションの一室。
インターホンを押すと、懐かしいKちゃんの声が返ってきた。
「は~い。どうぞ~。」

自分が何者でもなかった学生時代の友達は本当にいいな~
何でも話せる友だち。
正直、私にはこのブログで書き綴ってきたことなど、必要ないのかもしれない。
旧友たちと、「うんうん」と数時間もお菓子食べながら語り合えば、80%くらいは報告が済んでしまうのだった。

「じゃあ、また仕事探さなくちゃいけないね。」
それ以上に、Kちゃんだけでなく、メールなどのやりとりで、何人かの友だちが
私の近況のなかでも、今回の疾患をとても心配してくれたのだった。
とても嬉しくてありがたかった。
お金は仕方がないとして、友だちに恵まれたのは私のかけがえのない宝物だ。

失業したのはともかく、やっぱり放っておけないよね、これ以上。。。
MRIという検査まで受けたくらいなのだから、大した疾患なんだろうなあ~。

病気や怪我・悩み事というのは、私の場合、自分以外の人々に余計なお節介をするというのが、
私の身についた業みたいなものだった。
もしかすると、自分自身のことは一番後回しだったのかもしれませんな。

夏休みが終わって、小麦色に焼けた小2のK君と小4のYちゃんが帰ってきた。
私が大学院へ行ったり、一時この町を離れていて2年以上会っていなかったので、
二人は嬉しそうにはにかんで、ママのKちゃんと私の会話に聞き入り、気もそぞろという感じだった。
「ねえ、2人共、小学生だから私と遊ぶのはつまんないかな?」
「・・・・」
「Yは最近、『ガラスの仮面』にはまってるの。」
「へ~!そういえば、Yちゃん漫画家になりたいって言ってたよね?」
「今はケーキ屋さん。」
「また変わったんだ。」

帰宅間もなく猫かぶりしていたYちゃん。
Kちゃんが晩御飯の支度を私と一緒に始めると、自分も手伝うとヤル気満々になった。
「へえ~、ママのお手伝いでハンバーグも作るんだ!」
「気が向いたときだけよ。Yちゃん、きれいにこねて!」
「もう、わかってるってば~!!」
「かわいいし、うらやましいね。自分の娘とお料理なんて。」
「でしょ?ゆきちゃんも今からそうしたら?」
「私はよそ様のお世話だけで、今更、余裕ないよ。」

YちゃんとKちゃんにとって、ゆきんこはママの仲良し友だちで家族モドキという認識だろう。
「Yちゃん、ママのお誕生日のカードに『世界一大好きなママ』って書いてある。
でも、Yちゃんが生まれる前から私だってずっとママの友だちだよ。」

最近は、自分の子どもでもかわいくなくて、児童養護施設は子どもたちで満杯だそうだ。
かけがえのない学齢期を他愛無く遊べる子ども時代に禍根を残した私は、
結構、児童養護施設に無意識の抵抗感がある。

夕食後も宿題を後回しにして私を遊びに誘う2人のきょうだいに別れを告げて
8時には帰宅した。

偶然、嫁して半年の共通の旧友Oちゃんからも連絡があったので、「スカイプ」でよもやま話を
2時間も楽しんだ。
「ブログ見てたよ~。ゆっくり休んで・・・」なんて
タイムリーに慰めのメールも舞いこんできた。

20年以上続いた友情は、年月を重ねた分だけ確かなものになったと実感できる。
こんなとき、私は素直に幸せを実感できる。
そして、そんなのは嘘だ。信じられないという誰かに、
そんなことないというメッセージを
何となくのゆきんこ流のブログで伝えたい。

おしつけがましくなく、ありのままの自然体で・・・
セルフ・セラピーカードは『真実』を告げた。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/301-6ce5f441

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。