FC2ブログ

私が仕えた方々

2009年も早第4週。
試用期間2ヶ月目に入ってもまだまだ気が抜けません。

それなのに、成人の日以降職場ではカゼが流行し、14日には自分で計画していた友人たちとの集いを断ってしまった・・・
一品持ち寄ってSちゃん宅でのホームパーティーを一緒に楽しむはずが、用意していたパイシチューを
自分で平らげてしまう始末。

マスク姿で出勤するのもなんだか気兼ねしてしまう第3週を過ごした。
結婚すると、自然それだけでやさしい人間関係が広がっていくものだなとまだ現在完了進行形で感じる。


仕事と家庭、公私は分けて然るべきものだけど、公私の身近なところで結婚間近な話題が浮上していると、なかなか厳格な線引きはできないものだ。
私が今のポストに納まらせてもらったのは、前任者が結婚のために遠方へ転居することになったからだ。


上司は、一回り以上も若い前任者と後任の私をシビアに比較するだろう。
ハローワークでも事務職の求職倍率は高く難関だ。
上司は対外的には柔和な表情を演出しても、部下で年増の私には容赦ない指導が入る。
ここで、アタマをクールにしてみると・・

否応なくダラダラとした履歴の数だけ、多くの上司に仕え、多くの先生に師事したゆきんこ。
その殆どが、必ずしも尊敬に値する人格者や人徳を備えていると感じたことはなかった。
寧ろその逆で、「何でこの人が管理職なんだ?!」と驚愕し、絶望して退職せざるを得ない窮地に追い込まれることもしばしばだった。
つまりは、パワハラ&リストラの繰り返しだった。

しかし、このご時世の50代管理職世代とは、どういった特徴があるんだろうか?
「アラフォー」と比べてもなんとなくピンとこない世代だ。

私が自閉症の療育施設で副主任という役割を担ったのは、バブル経済が崩壊して数年後のころだった。
次々と同僚が寿退社して、たったの4年でまだ20代にして最年長者になっていた。
1990年代に勤務していたその施設での平均勤続年数は3年足らず、平均年齢は25歳だった。
当時、歴代の主任も平均年齢は30歳前後だった。
私は昔から、人に先んじて威張っている人々に嫌悪感を持ち続けてきた。
だから、自分が若くして主任になったことに罪悪感を持ち、1年半で辞職した。
大学教員であろうと、医師や社会的地位の高い存在にどこか畏怖の念が抜けずにいた。
転職先で次々と従属した上司は皆、知性に反比例するのか、どこか居丈高だった。
それは、人間がヒエラルキーの社会構造のなかに存在し続ける種である限り、
誰にでも生涯つきまとう不快感に違いない。

新卒時の初任給よりも今の給与は明らかに低くなったが、処遇に文句はつけられない。
自然、自分が嫌悪してきた上司になることよりも部下という地位を無意識に選んだ。
先週末は雪が少し積もったようだ。
今週はなぜだかデスクワークで運動不足のせいか、背中が強張ってまっすぐ伸ばせなくなってしまった。どうも、ぎっくり腰の前兆を感じる。。。

昨晩仕事の帰りがけ、昔なじみのIさんのお勧めで整骨院へ出かけた。
「イテテテテテ・・・!そこ、すごく痛いです。」
「フフフ、ぜんぜん押してませんよ。しばらく通ってください。こんなに凝り固まっていては整体は無理です。」

前の生活支援員に比べたら、ずっと楽になったはずなんだけどな~・・・
やっぱり、若い「つもり」の年齢になっちゃったのかなぁ。
ブログも毎日更新しなくなったし、なんだかボチボチモードにはなったかも。
上司にいやがられるひとつには、私の風貌がぼ~っとした天然キャラにある。
一生けんめいのつもりが、見た目がどうしても緊迫感がない。
確かに鏡をのぞいても、その天性は仕事でいくら注意されても直らない。
しょうがいを直せって言われているのにも近いけど、理解の乏しい上司ほど、
余計にきつくあたるものだ。
そうやって部下に厳しくあたったり、弱音を吐けず素直になれなかったり、プライドが邪魔して孤立している管理職ってホントはストレスフルで寂しいのかもしれない・・・

もちろん、過去には尊敬できる素敵な憧れの上司・恩師との出会いもあった。
社会的地位を与えられ、一層精進して人徳を得るのか否かは本人の心がけ次第だし、
どれだけ部下や臣下に慕われるのか、支持されるかがそのバロメーターに違いない。
それと、年齢とは全く相関はないように思えるが、私の主観では相手に対する思いやりや慈愛がどれだけあるのかが、社会的貢献度との相関はあるんじゃないかと思っている。
そういう類のリーダーシップの研究ってあるかな?

なぜだか、私の心は穏やかだ。
その理由には、私には愛情を注げる確たる対象があって、溢れているイメージがあるからだ。
今年に入って、帰宅すると余暇には新聞広告の住宅情報に目を凝らす時間が増えた。
3年通った夜間大学院の日々は充実していたけど、なんだかぼ~っと呆けている今が幸せだ。

とにかく、ストレス解消、健康第一で明日も仕事がんばろう!
スポンサーサイト



Comment

tom jerry #4ARdecsc

仕事場での躁鬱の悩み

職場で、精神的な病気の人がそれを隠そうとするのはどうかと思います。勇気を持って、職場の上司に自分の病気の事を素直に告白出来ればと思います。以外と理解をしてくれ、それとなく回りに気配りをしくれる可能性が高いと思います。
私の場合は、上司(部長級)で躁鬱1型でした。そうの時は、部門長や部下に当たり散らしていました。
今は定年退職し、ボラティア活動をしています。逆にボラティアの理事長や、仲間に私の病気を告白して、皆さんはそれを理解して協力してくれています。

PS:私も絵が好きで、水彩画サークル3年、パステル画教室4年やりましたが、何故か飽きてしまい昨年から1枚も描いていません。しかし、絵を見るのが好きなので、美術館、街の画廊巡りを楽しんでいます。

2009/02/01 (Sun) 23:02 | URL | 編集 | 返信
ゆきんこ #-

tom jerryさんへ

tom jerryさま

いつも親身で入念なコメントありがとうございます。
コメントが遅くなりました。
tom jerryさんの助言には頭が下がります。
自称心理学オタクで、確かに身近なところでさまざまな困難を抱える方たちに接する機会は多かったです。
ですが、私自身は心理臨床家から異常を認められたことはありません。
もちろん、精神状態は誰でもカゼやぎっくり腰のようによくなったり悪くなったりするので他人事と思いません。誰もが、難局の時代ですね。
そんなに強くない私ですが、せめて弱い立場の方たちに当り散らさないよう、ストレス解消に芸術鑑賞も有効に活用したいです。
どうぞご自愛ください。

2009/02/10 (Tue) 13:18 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts