日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
I have a dream.ゆきんこの場合
2009年02月12日 (木) | 編集 |
マスコミで報道されていることは、あまり他人事だとは思わないのが、私の思考回路。
そして、それとはあまり乖離しないところで夢想家であるのも、私の好いところでも悪いところでもある。

少々、辛いと思える状況でもある種ドラマティックに気分転換すれば、「難波のことも夢のまた夢」
そのうち、宇宙のなかでいつどこでどんなふうに生きてきたのかどうかさえ、確かめることもできないほど、何万光年も時は過ぎ去っていく。

すると、失業中に限って私は、自然、「現実逃避」をするのか、
哲学書を読んだり、はたまた、何もしないで無為にしていたりする。
自宅の中やブログのなかでは、自分を愛し、誰にも迷惑をかけるでなし。

コモンセンスのなかで普通に適応しているマジョリティの方々には、少数派故の目に見えない苦しみや悲しみは、なかなか理解してもらえない。
あまりに切実感のない一生懸命さは、上司にとって苛々の要因になっているだろう。
「つりバカ日誌」の主役ハマちゃんが、かわいがってもらえたのは景気がいいときだけの話。

表面、能面みたいに平静を装って、実はかなり焦っている。
過去の度重ねての経験からいって、ジタバタ行動に移して、支離滅裂になりそうな気配を感じている。

景気の良し悪しがあるのは、お金が地球をかけめぐっているから。
お金の種類の数だけ、国があるのかな?
すると、密林のジャングルではないのかな?
カブトムシは黒いダイヤ・珍獣も都会に連れてくれば、動物園やペットショップで高価な値段がつく。

お金のない国もある。
昨晩、キング牧師の公民権運動のドキュメンタリーを視聴した。
いつ、どんな時代も良くなったり悪くなったりで、時代のピンチにヒーローが現れるのが、
歴史の法則なんだろうかね?
末路は、多喜二もキング牧師も同じなのかしらね?
その意味では、科学技術は躍進したのだろうけど、果たして人類ってどれだけ進歩したんでしょうか?

人間がもっと進化したなら、お金のない文明がやってくると思います。
お金があるから、ある人とない人の間に格差が生まれる。
お金があればできるのに、なければできない。
お金のある人だけが生き残る。
それを繰り返していたら、オリンピックと同じこと。
金メダルはたった一人しかもらえない。
お金もたった一人だけが自分一人で誰にも遠慮なく使う。

そして、誰もいなくなってしまう。
お金はあってもひとりぼっち。
つまんないです。

地球というかけがえのない星もお金みたいなもの。
たった一人の人間が欲しいままに使いたい放題になったら、
最後にはその人間も死んでしまい、何も残っていなくて、宇宙の塵になっているだろう。

一昨日、アムロの飼い主さんに会いに行きました。
オレンジピンクの薔薇の鉢植えを手向けました。
飼い主のIさん夫妻が「アムロの命日、覚えていてくれたんだね。」
「アムロのこと、忘れるもんですか!」
生前の散歩が大好きで、誰にでも人懐こいアムロの話をしました。
Iさんは、私の失業についてコメントしました。
「あんたも不運だね。でも、辛抱が足りなかったんじゃないか?今は、非常勤の方が正職員以上に
成果をあげないとすぐに怠け者扱いされるんだよ。」
「だから、蟹工船なんですよ。」
そんな話をしながら、Iさんは手作りのお寿司と白菜・長ネギなどをおみやげにくださいました。

お金は大事だけど、もっと大事なものがある。
いつかは、宇宙の塵になってしまう私たちを誰がいくらで買うのでしょうか?
いえ、買ってしまっていいのでしょうか?
どう思いますか、キング牧師?
スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2009/02/12 17:22 | 悶々 | Comment (3) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
お金なんて要らない世の中がくればよいのにね。
いつか、昔のように物々交換!ホントに公平な世の中に戻っていくしかないんじゃないかと思う。

>お金は大事だけど、もっと大事なものがある。

もちろんそのとおり!ぶれないように生きましょう。
2009/02/13(金) 15:20:58 | URL | 小林 一弘 #-[ 編集]
私も小林 一弘さんの意見にひかれます。札束(金)有れば何でも出来るとは思えない。

物々交換は一番理にかなっていると思う。金で株や投信で儲けるのは、実態の無いマネーゲームにしか過ぎない。実態の有る自然界と交わる事が無ければ人間は生きて行けない。

人と人との関係も同じ。自然界の声の中で感情が伝わる。また、意見も合う。平等だから同じ負担(金)を払えと言うのは平等だと思えない。お金の無い人は自然界に奉仕する。お金に余裕の有る人は、お金の無い人にサービスする事が平等だと思う、

たった一つの地球は閉じられた自然の中でバランスしている。人間だけが好き放題をしたら、バランスが崩れてしまうのは自明の理だ。

自然界が恵みを呉れたらそれに感謝し、自然界にお返しをする。誰もお金を持って天国へは行けないにだから・・・・・・・。

我々も地球の自然界の一員なのだから、自然界のバランスの中でしか生きられない。
2009/02/18(水) 21:34:11 | URL | tom jerry #4ARdecsc[ 編集]
Re: タイトルなし
tom jerryさんへ

> 私も小林 一弘さんの意見にひかれます。札束(金)有れば何でも出来るとは思えない。

小林さんは、憧れのかっこいいお兄さんですよ。
お米もとってもおいしかったです。
そういえば、メタボ対策メジャーと、お米は物々交換でしたね?

> 自然界が恵みを呉れたらそれに感謝し、自然界にお返しをする。誰もお金を持って天国へは行けないにだから・・・・・・・。
> 我々も地球の自然界の一員なのだから、自然界のバランスの中でしか生きられない。

1ヶ月ほど前のニュースを思い出しました。自宅の庭に埋めていた3億円を盗まれた被害者の方は、犯人が見つかる前に冥途へ行ってしまいましたね。
古代アテネ国家は徹底した民主主義で、権力や富を持ちすぎた者は、四半世紀追放という厳罰を科せられたそうです。
・・・とすれば、現代社会は、後世には何時代って評価されるんでしょうか?
自然を支配し、抗って無理に生きようと、誰もがどこかしら半病人なのですよね。
tom jerryさんの書き込みに、ボランティアや自然散策へ出かけてみようと思いました。
ありがとうございます!
2009/02/19(木) 12:46:28 | URL | ゆきんこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。