夢想花(揺れて・迷って・流離って)

失業の憂さ晴らしに3月から無料体験ダンヨガに通い出した私は、結局、1年コース会員になることを決めた。

日曜日の午前中は、夜勤明けの初対面の女性も加わって、和やかにいつもと同じメンバーと、
いつもと違うメンバーが手をつなぎ輪になって、股関節エクササイズに取り組んだ。
「うわ~~!いたあぁぁぁぁい!!」
ヨガに関心があって始めた人たちの動機は、類似していた。
今のヘタレな自分を克服し、少しでもよりよい健康で幸せに自分らしく生きたいと願う素朴な善良さを感じた。
そして、基本的に真面目な人たちだ。

「今日はいつもの振動よりも、自由に踊ってみましょうか」
始めは立つこともできずに床をゴロゴロと横転していた。
前夜、ファン・ジニの最終回で、自由な庶民派の踊り子として貫いた生涯を見終わった。
そのせいか、気分はすっかりファン・ジニで誰よりも楽しく大胆に回転したり、ジャンプしたりと
自由に快活に踊っていた。
「私って誰よりも我がままだし、阻止されずに自由に生きたいとい願望があるんだなあ・・・」
宇宙の塵が浮遊する様を想像しながら、このカラダさえもどこまで自由ってわけじゃない。
手を伸ばしても、それ以上は伸びない。
ジャンプしても、重力のある限り、必ず、地に足がつく。
などということも感じていた。

インストラクターが囁いた。
「自分の心を見つめてください。あなたは今、何を思っていますか?」
私はPさんの心身の健康を思うと、背中と胸が痛くなり涙が滲んだ。

しかし、入会を決めたとはいっても決めきれない諸悪の根源はどこにあるのか、
この10年間、ハローワークと数々の職場を転々として、気がついたこと。
彷徨って行き場のないヘロヘロになった季節外れの蝶のような自分だ。
何かを決断し、行動に移そうとすれば、母の横槍が入りなし崩しになる。

ダンヨガの入会は1年まとめての年払いで安くない。
「同じ値段なら、1週間の海外旅行に行けるじゃない。こっちの方がよほど有意義よ。」
旅行パンフレットを見ながら母が昨日のバトルなど意に介さないで言った。
「自分の価値観押し付けないでよ!」

昨日29日、レッスンを終えて、帰宅し夕食を取りながら母と話した。
「私、1年間ヨガに通うから。今日お金も納めてきた。」
「はい、どうぞ。それで、いくらかかるの?」
私が金額を言った途端、母の血相が変わった。
「そんなところにそんな高い金額払うなんて、あんたの金銭感覚どうなってんの!!」
「私が働いたお金なのに、なんでいちいち干渉してくるのよ!」
しかも、失業中にもかかわらず、無職者が支払う額ではないと、猛烈に怒りを露にした。

私は私で、私の交友関係から職業選択、外出先、帰宅時間、果ては金銭の使途にまで何もかもに干渉され続ける半生にブチ切れた。
「ヨガに払うお金あるなら、私に食費を払いなさい!ここに住まわせてもらってなんという口の利き方をしてるの!!」
「生まれたくて生まれたんじゃない!仕事なかったら出て行けないもん!!」
「今まで3つも大学行かせてもらって好きなことして、何言ってるの!?」
「そうだよ。習いたい先生がいてやりたい勉強がしたかったから。
でも、仕事には結びつかないんだもん。母親に怒鳴りつけたり、仕事が空回りしないために、Pさんに元気になってもらうためにも、失業中だから、ヨガをがんばれば上手くいくようになるってインストラクターが言ってくれたんだもの。」
「そんなこと!誰だって口車に乗せてお金欲しさにいいことを言うのよ。だから、オレオレ詐欺だって増えてるんでしょ。どうせ、明日ドロンされているわ。」
「もうわかった!そんなに言うなら、私じゃなくて責任者に直接、文句言って今からお金を返してもらおう!」

即座に、ダンヨガに電話をかけた。
インストラクターたちは母の剣幕に半分呆れつつも、返金することを承諾した。
ダンヨガに限ったことではなく、最近の私は、母の言動にことあるごとに反抗しては八つ当たりしていた。
それは、白髪が生えても飛び立てない鳥のようだった。

3月の毎土曜日には3週連続の「新創業塾ビジネスプランセミナー」に参加した。
2006年12月に女性起業家セミナーに参加して、2年4ヶ月ぶりに商工会議所に出かけた。
参加者30名中、男性諸氏が8割で、業種もさまざま。

建築リフォーム・認知症の方たちのためのグループホーム・蝋細工のアートフラワー・教職員塾・ペーパードライバー教習
自然食レストラン・ネット販売・ベトナムコーヒー・フランスパンベーカリーなどなど。
将来を度外視すれば、異業種交流は、単純に楽しかった。
2年前の女性起業家セミナーの内容はすっかり忘れているけれど、
男性諸氏に混じってのセミナーとの違いとして、印象に残ったのは、より現実的で具体性があったことだった。
「日本一明るい経済新聞」の編集長のイケテルオーナーの特徴とか、
「只今、創業真っ最中!」の若手美容師の経験談
最終日は、事業計画書や、専門的な簿記とやりくりの方法など。

保育や心理学では「もうかりまっか?」という話題は出てこない。
男性は古来の本能が、現代ビジネス感覚に影響しているのか、
それとも、歴代の習慣がそうさせるのか、
黙々と楽しげにPCを叩いて、経営シュミレーションに耽る姿は、
女性起業家セミナーでは見られない光景だった。

夢を具体的にどのように実現するのかの熱気は、3日間静かな会議室の中に充満していた。
プログラムは、予め司会進行の中小企業診断士のW先生が考案した、フォーマットに、
それぞれの創業プランをできるだけ具体的に明記し、最終回はそれを公表することで修了した。
私の場合、シングルでPさんと出会った直後の2年半前と比べると、その構想は半分くらいズレていた。

2年前には、かんもく児のための専門クリニックの構想があった。
しかし、その構想は、半分歪んで、社会的に孤立しがちな人たちが、
最初の一歩を踏み出すための気軽なコミュニティ・カフェへと変化した。
最終回で参加者全員がプレゼンテーションを3分間で披露した。

「私は、ドッグ・コミュニティ・カフェを創業したいです。
現在、ひきこもりなど社会的に孤立している寂しい方たちが増えています。
私はこれまで障がいをもつ方たちとのかかわりが多かったので、
そうした人たちと、愛犬家の方たちがイヌを連れて入ることができ、仲良くなれるコミュニティ・カフェをつくりたいです。
どちらかといえば、営利目的でなく、友だちや仲間づくりのきっかけにしてもらい、そのついでに
飲食を楽しんでもらうという感じです。
私はイヌが好きで、愛犬家の方とコミュニティを作り、学校の登下校時のワンワンパトロールや
アニマル・セラピーの活動をするための、居場所作りをしたいと思いました。
立地条件は、店舗つき住宅。
必ずしも駅前でなくても構わないのですが、イヌの散歩のついでに立ち寄れる公園付近で、
数台の駐車場があることです。
商品は、作業所などで製造しているクッキーやケーキとハーブティーのセットを500円~1000円で値段設定します。
ワンワンパトロールやドッグセラピーの活動機関誌を発行したり、オリジナルグッズの販売で、活動資金も作りたいです。
是非、遊びにきてください!」

拍手をもらい、隣席で既に創業者のM氏からは、
「あなたのアイデア、うまくいきますよ。ニーズがあるのに事業にはなってないからね。」
「創業者のMさんからそう言っていただけると励みになります。
去年、社会人大学院で論文を書いたのでそれを実現させたいと思いました。」
「そうなの?どこの大学院ですか?僕もMBPの称号を得ました。」
「名乗るほどじゃないです。合格したから行っただけですから。
でも、苦肉の策なのですよ。
従来の女性の仕事なんてどれもアンペイドワーク。奴隷制です。
自分で食べていくには、自分の関心事をなんとかビジネスラインに乗っけなくては。
もう10年もハローワークを行き来してるんです。」
「そういう時が、チャンスですよ。僕もこの2~3年は踏ん切りつけて船出する時期でした。
でも、漕ぎ出してみると案外、周りが加勢してくれるものですよ。」
いかにも紳士的で面倒見の良さそうな面長のM氏は、名刺を差し出してくれた。

しかし、帰宅した途端、夢ははかなく打ち砕かれてしまう。
「一体、何を創業するっていうの?そんなの、不良債権抱えてすぐに経営破たんするのがオチだわ!」
「おもしろいアイデアだから上手くいくって、創業者の皆さんたちには言ってもらったよ。
どうして、頭ごなしにできないって決め付けるのよ!
私をいつまでも子ども扱いしないでよ!」
「新しい作業所ができるらしいから、そこに就職させてもらえばいいじゃない。」
「いや!私の人生は自分で決めます!指図は受けません!」
「家族なら、意見して当然よ。自分で自立して食費も入れてないのに、親に楯突くんじゃありません。」

どうやら、あまりにも卑近で影響力最大の母の過保護の弊害が人生を阻んでいる気がしてならない。
どうして20年前に乗り越えられなかったんだろう。
母は、私をいつまで子どものまま、自立させてくれないんだろう。
乳飲み子の私と実家に帰れなかった自分の代わりに、私を路頭に迷わせまいとする間違った過保護なんじゃないだろうか。

さっきは銀行から電話がかかってきた。
「住宅ローンの説明会がありますが、いかがでしょうか?」
「ありがとうございます。勉強させてください。最近、住宅情報チラシを見ていました。」
「失礼ですが、現在の年収はいくらくらいでしょうか?」
「失業しています。」
「住宅ローンを借りるには、正職員で3年以上勤務していらっしゃることが条件となっておりますが。」
「創業を考えていまして、店舗つき住宅はどうですか?」
「未経験者の方ですと経営破たんの可能性もありますし、磐石な経営実績がありませんと該当しません。」

私も子ども扱いを受けても仕方ないのだろうか。
失業者は、所詮、社会人として全く信用がないようだ。
しかし、もう保育士には戻らないとして、
これからどう生きていけばいいのか、
本当に途方に暮れていた。

途方に暮れてはいるものの、あきらめたわけじゃない。
凹みきらないだけの希望を持続させる力はまだ残っている。
ダンヨガのお気に入りの癒しBGMが私に夢想を誘う。
花畑にひらひらと舞う蝶を。
スポンサーサイト

テーマ : ゆるゆる人生 - ジャンル : 日記

コメント

NO TITLE

世の中、ホント厳しい・・・
住宅ローンと言えば、自営業の我が家はようやく決まりました。
創業5年。安定した黒字続きでも、銀行は全てダメでした。
審査に1ヶ月を要し、何度も面接を繰り返した挙句・・・

でも、Mさんとの出会いに何だかホッとしました。
素敵な方ですね。

私もMさんと同じく上手くいくと思いますよ(*^_^*)

これからもダンヨガには通うのかしら?

良い夢ですね。

お久しぶりです。いつの間にブログ再開・・って前からかしら・・^^;

良い、夢ですね(^^)
夢を現実にするのも、しないのも自分次第だし、
今の現実を作っているのも自分だと考えると、さてどうでしょうね(*^_^*)ってえらそうにですが・・
あんたは・・(-_-;)って言われそうですね。
今度、1坪ほどの手作り委託ショップを開く事になりました。これが夢かどうか?と聞かれたら、夢に近づくために一歩と言うところかもですが・・現在作家さん探し中です。ハハ
又、これとは別に、貸し店舗の空きがあって、入ってくださる方を探し中です。
>自然食レストラン・ベトナムコーヒー・フランスパンベーカリー
さんのところで反応してしまいました。^^;
ドックはちょっとですが・・(^^;)住宅はついてないし~うちの家貸すぐらいかしらハハハ

又、お会いしたいですね。

Re: ポップさんへ

住宅ローン、決まってよかったですね。
しかし、返済も大変です。
やはり、面接は避けられない関所なんですね~

> でも、Mさんとの出会いに何だかホッとしました。
> 素敵な方ですね。
>
> 私もMさんと同じく上手くいくと思いますよ(*^_^*)

M氏は頼れるナイスな取締役です。

> これからもダンヨガには通うのかしら?

もちろん、通います。
納得できない人生に不完全燃焼のまま、成仏できませんからね。

Re: 良い夢ですね。

かずっちさん、お久しぶりです。
ブログはこんな感じでずっと更新してましたよ。

> 良い、夢ですね(^^)
> 夢を現実にするのも、しないのも自分次第だし、
> 今の現実を作っているのも自分だと考えると、さてどうでしょうね(*^_^*)ってえらそうにですが・・

ありがとうございます。
かずっちさんの仰る通りですね。もっとしっかりしないと!っていつも思ってるのですが。
忌憚のないアドバイス、嬉しく、励みになりました。

> 今度、1坪ほどの手作り委託ショップを開く事になりました。
おめでとうございます。一度訪問したいです。

> 又、これとは別に、貸し店舗の空きがあって、入ってくださる方を探し中です。
そうですか。
今回の創業者のメンバー同士でメーリングリストを作りました。
よければ、紹介しても構いませんか?

> 又、お会いしたいですね。
そうですね。またお会いできるのを楽しみにしています。

是非、紹介してください。

MLいいですね。
私たちもしたかったですわ~^^;

是非、紹介してください。
とてもうれしいです(*^_^*)
ついでに、手作りされている作家さんいらしゃったらお願いします。(かなり焦り中)

お問合せは私のHPからでも・・^^;
まだ、それ専用のHP出来てないもので・・

ドックカフェが交野(私市かな)にも出来たようで・・私が見たときはもう好くオープンでしたが・・

昨日、調べものをしていたら、そこのブログにいっぱいドックカフェ関係のことが書いてあったので、へ~いっぱいあるんだ~と思っていました。

Re: 是非、紹介してください。

かずっちさんへ
返信ありがとうございました。

> MLいいですね。
> 私たちもしたかったですわ~^^;

そうですね。
よければ、リストに加われるように発起人の方に聞いてみましょうか?
>
> 是非、紹介してください。
> とてもうれしいです(*^_^*)
> ついでに、手作りされている作家さんいらしゃったらお願いします。(かなり焦り中)
近所に手作りキルトのお店がありますが。

> ドックカフェが交野(私市かな)にも出来たようで・・私が見たときはもう好くオープンでしたが・・
>
> 昨日、調べものをしていたら、そこのブログにいっぱいドックカフェ関係のことが書いてあったので、へ~いっぱいあるんだ~と思っていました。

そうですか~、
私ももう少しよく調べないと・・・
いろいろ情報提供ありがとうございました。
是非是非、近日中にお会いしたいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する