日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
伊丹スカイパーク
2009年08月15日 (土) | 編集 |
失業して半年経ちました。
でも、64年前の今日を迎えた当時の日本の皆様や戦没者の方々の無念さを想像すれば、戦争経験もなくて当たり前の平和ボケ世代としては、平穏無事な2009年8月15日です。

周囲の親族は猛暑のなかお墓参りを済ませたようですが、今年は参列の必要もなくGW並みの気分でお盆を迎えました。

13日から16日まで人並みにお盆休みをいただき、昨日14日午後から久しぶりにPさんと日帰りドライブへ出かけました。
行き先は、伊丹スカイパーク。

2~3年前に創設された憩いの公園ですが、それまでは、伊丹空港のフェンス沿いに田んぼや空き地もあって飛行機マニアの方たちの観光スポットとして知られていた穴場だそうです。

飛行機といえば、専ら国内外旅行の乗客として利用する立場にあり、空港のフェンス越しに間近で見物目的で鑑賞したのは、はじめての経験でした。

スカイパークは、フェンスに沿って整然と設計されていて、子ども連れの家族も大型固定遊具や噴水で水浴びしながらちょっとしたレジャーも楽しめるように工夫されていました。

お盆前のせいか、離着陸する飛行機は5分おきの感覚で次々と滑走路を行き交います。
昨日は熱風が心地よく終始吹いていて、晴天に恵まれ、飛行機見物にはいい日和になりました。

「青い空、緑の大地、YONEXの世界だ~!!」

中学高校時代、(遠い昔)バドミントンメーカーのYONEXのCMのシーンにJALやANAの国内便が
さわやかに滑空する模様は、時間を忘れて見飽きない。

途中、見物スポットを変えてスカイパークを出て移動しました。
伊丹市と豊中市の県境を徒歩で15分ほど移動して、飛行機マニア御用達のスポットに着くと、
さっきよりも本格的なマニアの皆さんが、千里川沿いのフェンスに面して本格的なカメラや三脚をセットして待ち構えていました。

「ほら、滑走路に鏡みたいに景色が写ってる。蜃気楼だ。」
「はじめてみたよ!」

スカイパークでは庇に日陰があったけど、このマニアスポットは直射日光がじりじりと皮膚をこがしつけた。

「今年は梅雨が長引いたせいか、入道雲が見えないね。」
「あっ、来た!」
空の彼方から光る物体が接近してきた。
飛行機と可視できる大きさから、どんどん自分に向かって突き進んでくる。
もう少しでぶつかりそう!!

うわああああああ~~!!
頭上、スレスレ200メートルもしない高さを飛行機のお腹が風をきった。
真上を仰いで振り返り、フェンスを越えて滑走路に突入すると数秒後、飛行機は無事着地した。


確かにこのスポットでなくちゃ、このド迫力、この5体で感じるジェット噴射の音と風は味わえない。

管制塔からの導きで、パイロットは正確な空路の上を滑って、プロペラ機や小型機は右側へ、大型機は左側の滑走路へと舞い降りていった。

真後ろから離陸する飛行機を眺めるのも面白い。
スピード感を殆ど感じない。
すべるように遠ざかりだんだん小さくなっていったかと思うと、山並みに向かってふわりと上昇した。
山を越えたら、くるりと緩やかに旋回して、2分もしないうちに米粒大になり、空の彼方へ吸い込まれるように見えなくなっていった。

「なんだか、飛行機がうらやましいね。乗りたくなっちゃった。」

200年前には、こんな空飛ぶ物体は地球上にはなかったんだな。
それが、100年もしないうちに、二つの大きな戦争で大活躍するようになり、多くの戦死者を増産する武器にもなった。

空は平和で、飛行機は鳥のように私たちを運ぶ道具であって欲しいです。
スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2009/08/15 15:10 | 日常の発見 | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
No title
ご無沙汰してしまいました。
今回の記事も、最高ですね。
私も飛行機大好き!世の中で一番好きな乗り物は飛行機!
戦闘機のパイロットかF-1のパイロットに本気でなりたかったよ。
戦争の無い平和な空を自由に飛びまわるなんて、それ以上贅沢なことは無いのかも知れない。
2009/08/16(日) 16:02:57 | URL | 小林 一弘 #-[ 編集]
Re: 小林さんへ
こちらこそ、ご無沙汰しています。
コメントありがとうございました。
先日、小林さんのブログにコメント入れたのですが、誤操作のせいかうまく送信できませんでした。
m(__)m

飛行機は最もロマンティックな乗り物ですね~!
> 戦闘機のパイロットかF-1のパイロットに本気でなりたかったよ。
> 戦争の無い平和な空を自由に飛びまわるなんて、それ以上贅沢なことは無いのかも知れない。

それは、Pさんといいお話し相手になるかも?です。
関西に営業の際には、是非、行ってみてください。
それとも、小林さんの地域内にも最寄の飛行場に類似したマニアのスポットがあるかもしれませんね。
もし発見したら、ご自身のブログにアップして紹介してくださいね!
2009/08/16(日) 17:52:58 | URL | ゆきんこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。