http://sateraito.blog20.fc2.com///ゆきんこの引き出し
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

2009/12/31 (Thu) どうぞ、よいお年を!
仕事納めは、28日(月)でなんとか無事に終わりました。
カウンター越しに予期せぬ難問・珍問に迅速にお応えしないといけない底なし沼業務の一員になって3ヶ月。
最終日は、公休と、ついにインフルエンザで病欠の人員が2名不足という非常事態でしたが、
表面的には、恙無く(ホントはひっきりなしの余裕のない)28日でした。
たまったメモをおさらいしてみると、まあまあこなせてはきたようです。

しかし、何かしら達成感が得られずへとへとになってしまうのは、トドノツマリ、
『クレーム対応』係りだから・・・
年明け早々、私の誕生日と近接して2回目の年女を迎えるチーフのTさんの、
胃の痛みをこらえて数多の方方に健気に笑顔をふりまく姿がとっても嫌悪刺激。
クリスマス当日には、10月に入ってお出ましになったブラックリストに載った男性がとうとう常軌を逸して、
こっぴどくどやされていらっしゃいました。

仕事納めの午後2時過ぎのこと。
あるシニア男性の相談に応じました。
私も恐る恐る(?)対応しないといけません。
「研修中」の名札をぶら提げているのも今日限り。
成り立て3ヶ月の派遣社員といっても、組織の一員として何か問題が起こると最後まで見届けて責任を果たすのがこの組織の掟です。
なので、若干社会人4年目のチーフのお達しは、ジグソーパズル状態でバラバラにインプットされた業務内容をつなげて流れをつかもう。
わからない箇所をわからないままにせず、しつこくわかるようにつなぎあわせよう。
わからないからと途中で投げ出し、先輩に尻拭いさせるのではなく、最後まで処理せよ。
でなければいつまでも自分のカベを打ち破ることはできない。
との硬派な手厳しい指令です。

しかし、例えば、「電話で受ける質問の傾向と対策」について尋ねたところ、
「グレーゾーンのわが部署にそんなのはない。臨機応変に。」
と実に参考にならない返答だった。

さて、問題のシニア男性の訴えは、一度断られた要望を私の介添えでなんとかしてもらえないかということでした。
各部署では、お相手の要望をすんなりとは受け入れていませんから、まずはやんわりお断りという第1手段を取る。
シニア男性はすんなり要望を受け入れてもらうには、それに必要な書類を持っていませんでした。
そこで、掟破りのお相手に抗ってみたり、あるいは便宜を計らったりを瞬時にしないといけないのが、私の配属先の任務であります。

男性の足跡を辿り直して駆けずり回りました。
今回の関所は低かったのか、幸い、私の代弁で男性の要望は通り、30分以内に一件落着しました。
この対策処理は、初めて先輩の手を借りずに自分だけで終えられました。
私としては、自己満足な「終わりよければ全て良し」の仕事納めになったわけです。

その後も最終日だからといって、お相手の数が一向に減る気配なし。
夜7時30分からの忘年会も予定時刻よりも遅れて8時から10時30分までにぎやかに行われました。
「仕事納めにインフルエンザ発症とは、気の毒な・・・」
「日頃の行いよね。」
私が参入するまでシンガリだったO氏がいかに虐げられているか、この一言でよくわかる。

業務を離れて私服でフランクにしゃぶしゃぶ鍋に興じると各々の素顔が見えてきます。
去年はどこでどうしていたか、わからない、明日をも知れぬ派遣社員の運命やいかに?
来年は同じメンバーで忘年会できるのかな?
去年のメンバーで今年も残っているのは2名だというから、危うい予感がしています。

8月の実習中に教育係りだったベテラン社員のO氏も私と入れ替わりに配属替えになったばかりでしたが、
その夜は、日頃の仕事の憂さを述懐する台詞もチラホラ。
30代前半のお嫁さん欲しい働き盛りのO氏もなかなか婚活が上手くいかないらしい。
20代はしばらくフリーター時代を過ごしたため、既に要職には就けない。
社会的地位が限定されているから、きつい業務命令があっても昇進はしないそうだ。
そうした、難しいめんどくさい絡まった釣り糸をほぐしても、褒めても認めてももらえないのが派遣社員。
できなければ、他に代わりはいくらでもいるんだからとお払い箱。
時代の憂き目に遭い、自分のせいじゃないのに、人柄や職能に特に問題があるわけじゃないのに、
派遣社員でも、格差という階層が見え隠れする。
なので、当面、見えない鉄火面を被って装うのも予防線の一手段だ。

翌日、29日の午後にはPさんのリクエストで梅田に繰り出した。
去年、新建設された高層ビルの頂上から摩天楼展望するのが、今回の目的。
週間天気予報では、29日までは温かい快晴だが、年度の節目は荒れ模様だと報じていて実際、その通りになった。
33階建ての真新しい白いビルから一望する大阪は、ぎっしりと無数のビルがひしめくようにそびえていた。
そして、向こうには生駒の山並み。真っ青な清清しい空が広がっていて、真下には交差点を整然とミニカーみたいな車たちが順序良く走り抜けていく。ちっぽけな自分が立体地図を眺めているかのようだ。

「この景色、豊臣秀吉も驚くだろうね!100年後にはこんな景色なんだろうか?」
「今だけだろうな。」

この空は、時空間の連なりの中に今年から来年へと時々刻々とつながっています。
私の命も今のところはこうして、生きおおせていますが、未来のことはケセラセラ。

梅田から福島を経て中之島界隈をブラブラしてロイヤルホテルの屋上も探訪してみました。
年末の結婚式場は、誰もいなくて二人で無料の貸切状態。
たそがれのビルに写るビルの影を観察するのも風情がありますなぁ~・・・

いつもの地元の市街地のスタバのソファを陣取って、なんてこともない話をしていたらなぜか楽しい時間はすぐに過ぎていきました。
「まだ3年しかつきあってないけど、もっと長い時間一緒にいた気もするね。」
「そうだね。」
「なかなか新居を持てないけど、お互い実家があってよかったよね。」
「うん。。。。。」

余談ですが、この自宅に引っ越してきたのは12年前のことでした。
以来、毎年初詣にはK神社で干支の土鈴を買ってきました。
2009年丑年で、全ての干支が揃い、昨日12年前に初めて買った寅の土鈴を飾りなおしました。
幼少期から、引越しが多くて一時、Pさんと同棲したことを除けば12年間過ごしてきたボロイ実家には、愛着もひとしお。
家賃もなしで、暴風雨や熱風も凌げちゃう。
このご時世にはとってもありがたいことです。

忘年会のシーズンには気の合う何でも話せて笑い合える人々に労ってもらったり、癒されたりしてハッピーな年末を過ごしました。
「旧友と共に年を重ねていけるのが、お金や仕事には換えられない幸せなのかもね。」
「おばあさんになっても、今と同じようにお茶しているところがイメージできたよ。」
「ええ!?それって、そうなるまで私たち生きているってこと?」
「そう、ずっと元気でね。だから仕事なんて生きる手段だから2の次でいいのよ。仕事のために身体こわすことないんだから。ゆきちゃんも、無理しちゃダメよ。」
「そうだね。無理せず、流れに身を任せるのもいいかな。」
「私たち、ここまで真面目にがんばってきたけど、会社や組織には正当に評価してもらえない。だったら、自分で自分を褒めて大切にできるのは自分しかないもの。」

今年は、寒いのと疲れたのとで年末の大掃除と年賀状はさぼってしまいました。
傍らには、世紀を越えたバロック時代のヴィヴァルディの名曲♪「四季」が心地よく流れています。
そして、どうぞよいお年を・・・
スポンサーサイト






このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/31 16:50 | | [ 編集 ]

あけましておめでとうございます。

気がつくと明けてしまったという感じです。
なんだかんだとバタバタした昨年です。
今年は家族も増えたことだし、もっとドタバタと過ぎていきそうな予感です。

お正月休みは今日まででしょうか?
また忙しい日々が始まりますが、Pさんのおっしゃる通り、お身体を最優先にゆきんこさんペースで一年を楽しんでください。

笑顔いっぱい素敵な一年を♪
2010/01/04 17:12 | URL | ポップ [ 編集 ]

人妻だけどセ・フレ募集しちゃいます!こんな女嫌かなぁ?新しい刺激欲しいし旦那以外の男性としてみたいな。Hのテクはそれなりに自信あるよ、フェラとか上手いってよく褒められます。年上は何歳まででもOKだけど年下は18歳までが限界かな、楽しみたい人いたら気軽によろしくね♪ enjoy-smile.of.happiness@docomo.ne.jp
2010/01/09 06:22 | URL | まゆみ [ 編集 ]

ポップさん、初コメントありがとうございました。

> 気がつくと明けてしまったという感じです。
> 今年は家族も増えたことだし、もっとドタバタと過ぎていきそうな予感です。

ポップさんの年代というのは、誰しもドタバタしているような?
気持ちの上では心身の健康最優先と念頭においてるのですが、
私の仕える上司の共通項は、体調崩しても休養許すまじという感じ。
まあ業務至上命令だから、労災にならない限りは無理なのかな?
ポップさんも笑顔一番、健康最優先で素敵な1年を更新してくださいね!
今年のご活躍も期待しています!
2010/01/11 19:25 | URL | ゆきんこ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


トラックバックurl

→http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/404-fb0da403

プロフィール

ゆきんこ

  • Author:ゆきんこ
  • 2005年8月23日にデビューして、ブログ歴12年目になりました。
    開設当初、障碍児加配保育士を経て、紆余曲折の3年間の夜間大学院の日々を綴ってきました。
    修了後も、失業と再就職を繰り返し、どうにかケセラセラでやってきました。
    出会いと別れの中で次第に専門分野への執着を捨て、遠ざかる日々です。

    独身時代の趣味は、旅行、水彩画、ハイキング、心理学系の読書、リコーダー演奏などでしたが、兼業主婦になってからは家事にまい進、心身とともに衰退しています。
    かなり前に流行った「どうぶつ占い」では「人気者のゾウ」ってことになってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。