ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
通勤途中の、A川沿いの10本ほどの桜並木。
その堤防の桜の枝の下を毎朝定刻7時20分ごろ、自転車でくぐる度、蕾のふくらみ加減に目を凝らし、その枝の隙間から青空を眺める。
そんな3月第3週が過ぎて、3連休に突入した。

昨日は、いつもより遅く寝坊した。
午前10時40分頃、その桜並木を通過した。
そよ風はちっとも寒くない。
5月の初夏の陽気に見舞われると予報されたその通りの気温のもとに、
濃い桜色のつぼみが一輪、開きかけていた。

「風がちっとも寒くないね!」
Tちゃんを誘って、特急に乗ること15分。
「それじゃ、あとで現地でね。」
共通の目的地に向かう前にそれぞれの用を済ませた。

寄り道したのは、NHKの文化センター
4月から受講希望のお気に入りの癒し系講座に申し込んでいたのだが、
ザンネンなことに定員割れのため、開講されなくなった。
それで、前納金を受け取りに立ち寄った。

待ち合わせ時刻の午前11時30分。
会場のレストランの前にはウェディングパーティーを待つ若人が屯していた。
その間を割って入り口に入ると、おめかしした旧友の笑顔が待ち受けていた。
「もう来てたの?」
「うん。初めてだから早めに待ち合わせたんだ。」
「あとは、Oちゃんだけかな?」
「予約とってくれたの、彼女なんだけど。」
「あ、噂をすれば」
「すみません。主催の私が送れちゃって。皆さんもうお揃いで・・・」
「おかえり、Oちゃん。」
「なんだか、1年会ってなかっただけで、ずっとこっちに住んでる気がするのにね。」

そういうわけで、今は関西圏に居住していないOちゃんの招待で、
1年ぶりに学友5名が揃って再会を果たした。
線路高架下のレストランは、そこそこ有名で、シンプルな結婚式ができるプランもあるらしい。
11時30分に開店したら、見る見るテーブルは若い女性客で満席になった。
我々は、土日限定スペシャルランチに舌鼓を打っておしゃべり三昧を楽しんだ。

といっても、話題はお互いの近況や趣味や仕事の話。
特に何の話題で盛り上がったかといえば、前回の続きで
「イジメは古今東西、永遠の解消不滅のトラブル」
「いかにインテリになり、将来の不安に備えるか」
「どんな苦境も健康と生活の安定第一」
ってことに尽きる。
私のヘタレな仕事ぶりには、
「だから、ゆきちゃんは相変わらず人が良すぎるのよ!」
「自分から弱みを見せちゃダメだって忠告してるじゃない」
と旧友たちの喝が飛んできた。

それから、転じてSちゃんご用達の最先端のスマートフォンに群がった。

「ところでOちゃん、そちらの地元駅前のそごうは健在なの?百貨店はどんどん閉店してるみたいだけど。」
「また従業員の人たち、リストラされるのかな・・・」
「まだやってるよ。あ、そうだ。その、そごうで皆におみやげ買ってきました。」

アラフォーになっても、学友が揃えば、話題はいつでもどこでも学生時代に逆戻りする。
「私も一緒に入りたかったな~。」
ブラスバンド部に所属していたOちゃん、Tちゃん、ゆきんこのことを、Hちゃんは未だに羨んでいる。
ないものねだりで、長い独身を謳歌したOちゃんとゆきんこの履歴は、早婚の母親たちの羨望で、
幸せファミリーを築いた彼女たちが、私の憧れだったりする。
「うちの子、今度入学したらブラスバンドしたいって言ってるの。」
「いいんじゃない?Hちゃんも一緒に親子で始めたら?
私なんて入部したときは、音符も全然読めない、楽器も演奏できないコンプレックスがあったけど、最後の定期演奏会でソロのスタンドプレーができたのは、先輩のおかげだと感謝してるよ。今はもう全然演奏できなくなったから余計にね。」

青春ということばは、今の若い人たちには死語なのかもしれない。
確かに、私たちは大学でよく学び、よく遊んだ。
日暮れまで共に青春していた。
その証に白髪がちらほらした今も続く友情がある。

「そろそろケーキ食べにいこうか?」
どっしりと腰を降ろしてだべりんぐすること4時間後。
今度は、スマートフォンの指南するパティスリーに飛び入りしてケーキセットを注文した。
Oちゃんが結婚して3回目企画の学友パーティーを記述するのも、3回目なんですが、
加齢と共に詳細を綴れなくなってきました。
「最近、新しいことを覚えるのがものすごくキツクなってきた。今までこんなにアホだったかと思えるくらい。
ほんの2~3年前までそんなことなかったのに、どうしてだろう??でも、若い同僚はちっともわかってくれないの」
すると皆、ほっとしたように微笑んだ。
「私だけじゃなかった。」
「皆、一緒に年をとってるんだね。」

あっという間に5時台になり、駅前でOちゃんに別れを告げた。
「今度、帰ってきたときにはゆきちゃんの新居に行けたらいいなあ~」
「それなら、今回は無理だけど、是非、来年の桜の季節にどうぞ。但し、ちゃんと住んでいたらね。」
「以前の二の舞しちゃダメだよ。もっといい条件で仕事探した方がいいよ。」
「引越しが済んだらもちろんそのつもりだけど、このご時世だから来年のことなんてわからないもの。
落ち着いたら、またお知らせします。」
「じゃあまた、来年ね。」

心ある親友たちが私の半減した残りの未来を案じ、来年の約束を交わしてくれているうちは、
まだ希望があるのかもしれません。
明日もまた、桜の蕾はさらに膨らんでいるでしょう。
スポンサーサイト

変わってるって言われるけどわりといい人だよ(笑)!!お笑い好きな人だったら話盛り上がりそうだねO(≧▽≦)O 色んなことに興味深々でおっちょこちょいだからそばで支えてくれる人募集中σ(゚-^*)自分の年齢的に年下の男の子はアウトだからごめんね(*_ _)人 u-3-ummm52@docomo.ne.jp

2010.03.27 03:59 URL | ゆうき #TacbQb3U [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/414-53e57f31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。