日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
「ガネーシャの課題」
2010年04月15日 (木) | 編集 |
引越し真っ最中の天気はとても不安定。
花散らしの雨あがりは、散り残った桜の花の枝から新芽が続々生えてきたというのに、、、
なんでこんなに寒い~~~!

引越しもフリーズがちとはいえ、昨晩もPさんと二人でせっせと運搬したところ、
実家には衣装ケースが残り8ケースとなった。
おかげで、4月はヨガエクササイズもお休みで腰と背中もバリバリにフリーズ状態なのが辛い。

そんな最中、『夢をかなえるゾウ』(水野敬也著 飛鳥新社2007)をいまごろになって読んでいる。
特に理由はないのだけど、敢えて言えば、ブームだった頃、旧友のOちゃんから推められた図書だったから。
ひなまつりに久しぶりに訪れた「こころの電話相談室」で所蔵されていたのを発見して借り出した。

読んでみると、ゾウの化身ガネーシャが説く数々の課題は、日常の何気ないことばかりだ。
けれども、凡人には「言うは易し、するは難し」というお題だろうと頷けた。


そこで、新居での新生活を期に、夢をかなえたい成功者に必須の「ガネーシャの課題」を列挙してみよう。

1靴をみがく
2コンビニでお釣りを募金する
3食事を腹八分に抑える
4人が欲しがっているものを先取りする
5会った人を笑わせる
6トイレを掃除する
7まっすぐ帰宅する
8その日頑張れた自分をほめる
91日何かをやめてみる
10決めたことを続けるための環境を作る
11毎朝、全身鏡を見て身なりを整える
12自分が一番得意なことを人に聞く
13自分の苦手なことを人に聞く
14夢を楽しく想像する
15運が良いと口に出して言う
16ただでもらう
17明日の準備をする
18身近にいる一番大事な人を喜ばせる
19誰か一人のいいところを見つけてホメる
20人の長所を盗む
21求人情報誌を見る
22お参りに行く
23人気店に入り、人気の理由を観察する
24プレゼントをして驚かせる

「ガネーシャの願い」
最後の課題を必ず実行に移すこと
最後の課題1 やらずに後悔していることを今日から始める
最後の課題2 サービスとして夢を語る
最後の課題3 人の成功をサポートする
最後の課題4 応募する
最後の課題5 毎日、感謝する


なあ~んだ。
意外とシンプルで凡庸なことだけど、
確かにこれらの課題を怠っていては成功しないだろう。
例外的な、悪徳で成功を収める人もいるかもしれないけど、
その場合、結局『奢れる者久しからずや』っていう結末で
やっぱり勧善懲悪ドラマは視聴率高い。

最後に、
ガネーシャってなあに?ってことで転写します。
gaNeza
人間の身体とゾウの頭、四本の腕を持ったインドの大衆神。
障害を取り除いたり、財産をもたらしたりするといわれる。
また、徹底的な現世利益の神としても知られている。
インドでは人々に最も親しまれている神である。
スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2010/04/15 20:18 | 読書 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。