http://sateraito.blog20.fc2.com///ゆきんこの引き出し
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

2010/05/01 (Sat) 新居でのGW
引越し作業も一通り終わって、それと共に桜も若葉に変わり、4月も終わってしまいました。
「今年の4月はなんだか変でしたね。」
「雨が降ったり止んだりで、なかなかマフラーや手袋も片付けられない」
「4月がなかった感じです。」

4月の後半は、ダンボール箱も徐々に詰め込まれた状態から空き箱に変わっていきました。
しばらくPCを覗くこともなく、午前の勤務が終わったら、午後は買い物、晩御飯の支度と片付け。
すっかり甘え放題だったパラサイト生活の付けが回ってきていますが、慣れない家事も楽しみながらぼちぼちやっています。

新しい通勤定期券を買って、新しい通勤経路で通い始めると、今までの景色も少し変わって見えます。
プロフィールの文言だった「生年月日は住民になった日と同じ」も書き直さなくてはなりません。
4月26日付けで隣町のK市へ移転届けを提出したのを機に当然、K市民になりました。

生活し始めて3週間目のGWの到来です。
少し肌寒い感じもしますが、4月の天候不順と打って変わって、予報通り新緑の映える行楽日和でうれしいです。
そして、この日和に相応しく新居の環境が丸ごと気に入っています。
同僚や指導係担当の方たちにも引越しすることを一報しておかないといけませんでした。
すると、開口一番「家賃いくら?」と質問されました。
環境がいいのと新築が多いので、付近の家賃はH市の駅前よりも高くて、条件に合わないのが物件探しを難航させていました。
ラッキーなことに、私の最低時給賃金給与でも貸してもらえることになりました。

生誕した人口40万人都市のH市に比べて、隣のK市は8万人。
敷地面積の半分が山林地帯と実にノドカです。
早朝から野鳥の囀りで目覚めます。
南向きの窓のベランダに午前中、Pさんが洗濯物を干してくれたら、
快晴と爽快な風の効果で昼過ぎには乾いていました。

昨日は退勤後、新居よりも職場から近い実家へ寄り道しました。
昼食を摂って、一休み。
母と物々交換すると実家に置いていた電動自転車で買い物を済ませて新居に向かいました。
引越しで積荷を運ぶのに何往復もしたいつもの車道ではなく、新居のすぐ近くのA川沿いを走りました。
転居前まで通勤に使っていた自転車を走らせるのも2週間ぶり。
川のせせらぎとカラフルで多種多様な草花がサイクリングを一層楽しませてくれました。
前かごにいっぱい買い込んだ食糧もなんだか軽い。

今日は、ハイキングを予定していましたが、予定は予定通りとはいきません。
お隣さんには昨日やっとご挨拶に行ったけど、留守で不在だったところがあと1軒残ってるし。
明日はなんとかお弁当作って、でかけたいな~
因みに、新居付近には知れ渡ったハイキングコースもあって、なつかしい思い出が蘇ります。
小学校1年生の遠足で出かけたコースで、GW中は家族やグループのバーベキューなどで例年賑わっています。

さて、どこに住んだとしても一通りの家事はやって当たり前のこと。
だけど、引越しの荷物の整理と、買い物、料理、後片付け、洗濯、
それだけに明け暮れては、レシートをまじまじと見つめる。

新しい生活を始めるって、期待もあるけど軌道に乗せて日常にしていくプロセスは年のせいか疲れることもあります。
この給与でこの生活がいつまで続けられるのか、
仕事で毎日ピリピリしながら叱られているのが辛くて、いろんなことも気がかりです。

バレンタインデーまでなんとか在籍していたカウンターでまた退職者が出ました。
私と同じ職業訓練校から同じプロセスで2月に入社した同年代の女性Yさんでした。
そして、私の後任にカウンターで従事してくれることとなりました。
それから、4月下旬のある日、更衣室で近況を聞くことができました。
何と、Yさんはあまりの業務内容の厳しさに体をこわして月末で辞めると述懐してくれました。
GW明けにはもう彼女は職場にやってきません。
生き残りをかけて背中と腰のツッパリ感と、
帰宅後の自然に囲まれた癒しの時空間とのギャップを何とか埋められないものか、
ゆるゆる志向に逃避しそうなGWです。

スポンサーサイト














ブログ管理人にのみ表示を許可する


トラックバックurl

→http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/417-fa0ed3aa

プロフィール

ゆきんこ

  • Author:ゆきんこ
  • 2005年8月23日にデビューして、ブログ歴12年目になりました。
    開設当初、障碍児加配保育士を経て、紆余曲折の3年間の夜間大学院の日々を綴ってきました。
    修了後も、失業と再就職を繰り返し、どうにかケセラセラでやってきました。
    出会いと別れの中で次第に専門分野への執着を捨て、遠ざかる日々です。

    独身時代の趣味は、旅行、水彩画、ハイキング、心理学系の読書、リコーダー演奏などでしたが、兼業主婦になってからは家事にまい進、心身とともに衰退しています。
    かなり前に流行った「どうぶつ占い」では「人気者のゾウ」ってことになってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。