日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
「子どもの生活リズムとパフォーマンス」
2010年08月07日 (土) | 編集 |
主婦業は、エンドレスの無報酬事業です。
やめられない、とまらないわけだけど、
子育て済んで、パートナーも円満定年退職したとき、
「自分の残された時間を自由に謳歌したい」
という熟年女性の気持ちが、たったの4ヶ月くらいでなんとなくわかってしまうのは、
自分でも少し早過ぎないだろうか?

以前は毎日、綴っていたブログを今はまとまった時間がとれなくて一番、後回しになってしまいます。
余暇は確実に増えているはずなのに、脳裏で「そうじしなくちゃ」「買い物しなくちゃ」「料理しなくちゃ」と考えていることは、永い独身時代には全くといっていいほど母任せだった・・・

長寿天国は、間違いだったのかと諸外国から疑われるような報道が相次いでいて、目下、私の親族も他人事ではありません。
週に1回は、独居暮らしにしてしまった母の様子を見に行ったり、母の親しい友人に様子を訊ねたりと、
日ごろの何気ない会話が一番大事だなと切実に感じる猛暑の8月上旬です。


さて、前置きがいつも長いのがクセであり、何気ないことも大げさに記録する習癖も遅まきながらのブログ更新を維持させています。
去る7月31日(土)は待ちに待った講演会の当日でした。
大学院の同窓生で親しくしてくださっていた複数の目上の女性の方々をしつこくお誘いしていました。
3名の方々は、いずれも教育者として重要な社会的地位をお持ちの上に、相変わらずのご多忙ぶりで、なかなか連絡がつきませんでした。

けれども、そのうちの1名の方と再会することができました。
待ち合わせは、大阪中之島界隈のキャンパスイノベーションセンターに正午と決まりました。
独身時代から、しばしば愛用してきた青いワンピース姿でいそいそと出かけました。
お相手は、某H大学の講師に就任して3年目のK先生で、2年ぶりの再会でした。

「貴女が、わざわざ誘ってくださらなかったら、自分の研究につながるこの講演を聞き逃していたわ。ありがとう。」
「大学院に入学する前から定期的にフォーラムを開催されているのを知っていて、修了後もしばしば聴講していたのですが、今回はどなたか同窓の先生方とご一緒したかったのです。
今や、すっかり大学院と無縁の生活を送っている私に、変わらず懇意にしてくださってありがとうございます。」
「そうね。。。不況で大変でしょうけど、がんばってね。」
「先生の大学の学生さんたちも就活大変なのでしょうね。」
「ええ。採用試験に合格した学生は誰もいないから、厳しいわね。偏差値がそんなに高くないし、受験勉強もそんなに苦学していないからのんびりした学風なのよね。」
「中高時代から、それほど遮二無二勉学に励まずに、すんなりと大学まできたのでしょうね。」
「そうなの。だから、社会人になる厳しさがよくわかってないらしいのよ。だから採用試験や就活を何となく甘く考えてるようね。」
「私も当時はそうだったかもしれないです。バブルがはじける前だから、のんびりしたものでした。社会人になって大学も入りなおしてみたけど、履歴が途切れ途切れになってしまっては、もう取り返しがつきません。」
シーフードピラフを食べ終え、話は、今時20歳前後の現役大学生たちの関心事が生活習慣と肥満の関係についてだったり、ひきこもりの人々の将来、ヤンママの虐待の危険性や、親ライセンスの必要性など、誰もが持っている最近の関心事へと進んだ。
その間、突然、携帯電話のベルが鳴って中座した。
お誘いしていたもう一方の、S先生からだった。
「ごめんね~~!!本当は今日行くつもりでちゃんと申し込みもしたんだけど、午後から急に学生のゼミが入ってしまって・・・!今度はきっとご一緒しましょう!!」

講演30分前の午後2時になり、2階のレストランから3階の多目的ホールへと移動した。
着座してしばらくすると、何と、恩師の修士論文指導教員Y教授がお出ましになり、私の後列に着席された。
「先生、ご無沙汰しております。在学中はお世話になりました。こちらで偶然お会いできるとはびっくりしました。」
「大学教員もいろいろ勉強しなくちゃね。フォーラムは、所用がなければ参加するようにしてるよ。
元気に新婚生活送ってるの?」
「はい。毎日の家事に苦労してます。主婦の地道な大変さが身にしみてます。」
「そうなんだ。えらいじゃないか。」
「Tさんは、無事、論文書いて修了されましたか?」
「それが、まだ指導してるんだよ。今年でラストチャンスだからね。」

定刻2時半になり、司会のコーディネーターM先生が、ゲストスピーカーの紹介をするところからフォーラムが始まった。
ここで、そろそろ晩御飯の支度をします。
<続く>
スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2010/08/07 17:22 | 講演会 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。