ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
遅まきながら、明けましておめでとうございます。
おかげさまで2011年初更新です。
昨年4月より兼業主婦と嫁業に勤しむようになってからは、わがまま気ままの長すぎた独身時代とのギャップを大いに思い知った2010年でした。

その極めつけのような年末年始で年賀状も書けないほど、公私共に難問をつきつけられていました。
誕生日も、誰からも祝ってもらうこともなく(そういう年でもなく)仕事に追われて過ぎていき、
ようやく実家に戻れたのは、昨日9日。3連休の中日でした。

独身時代は、大晦日に紅白歌合戦を視聴して、近所の徒歩5分の百済王神社へ初詣。
そして、十二支の土鈴を買って、おみくじを引くというのが恒例のお正月でした。

さて、昨日実家に11時に着くと、待ち合わせ通りに旧知で家族もどきのおつきあいのHさんが既に到着していました。
3人でランチを食べようと予定していましたが、
実母もひとりぼっちの正月で、私が3が日には戻れなかったので食材を余らせていました。
実家で3人揃って母の手料理をいただきました。
今まで当たり前に食事の世話をされてきた私。
一度、嫁してしまうと一方的に作る側を強いられるんだなあ、その気苦労をいたわって欲しいと感じる日々。
だからこそ、久しぶりに作る側でなく、食べる側にまわって嬉しかったし、ありがたかった。

母とHさんに年末年始実家に戻れなかった経緯をひととおり聞いてもらって、それまでのストレスもかなり解消しました。
「もうその話は終わりにしよう。いつかは誰だって経験することだし。私だって経験したことだもの。
思いつめず気分転換することね。ねえ、ドライブでも行かない?」
「今から連れて行ってもらっていいの!?」

思い立ったが吉日!
食事の片付けを済ませ、再び身支度して午後1時出発。
当て所もなく京都方面の有名神社へ向かった。
「朝は雪がちらついていたけど、行いがいいから雲間が晴れてきたわよ!」
「よかった~。毛布を干してきたから心配だったんだ。」
2時半に着いたところは、嵯峨・嵐山だった。
河原の風は思ったほど寒くなく、紅葉を過ぎているにもかかわらず観光名所は人々で賑わっていた。

「まだ初詣してないから、神社でおみくじを引いていいかな?」
観光名所のひとつ縁結びの「野々宮神社」でお参りをすることができた。

透明の箱の中に入ったおみくじは、残り少なくなっていた。
かきまぜて一番奥のものをつかんだ。
おみくじは、第6番大吉だった。
「へえ~!今年は先行きどうなることかと思ったけど、大吉だって!今年も始まってまだ9日だものね。」
「今は徳を積んでるんだと思ったらいいんじゃない?」
「そうだね。Tさんがドライブに連れ出してくれたおかげで今日は大吉だよ。ありがとう!」

人力車を利用し楽しむ家族連れの様子やオルゴール館の宣伝をするピエロの姿に更に気分転換でき、
本当にすっきりとした午後を夕暮れ前まで過ごした。

最後におみくじの内容を転記して、今年も皆平穏で幸せ多き1年であることを祈ります。


ふる雨は あとなく 晴れて のどかにも ひかげさしそう 山ざくらばな

御祐助(おたすけ)をこうむって 福徳増しなお日に進んで望事は心のままになる
しかしそれについて 心驕り身を持ち崩して災いを招く恐れあり
心正直に行い正しく身を守りなさい
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/441-ade59aa6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。