日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
徒然なるままにその2(ぎっくり腰静養中)
2011年03月04日 (金) | 編集 |
去る2月27日の昼下がり。掃除に勤しんでいた私は、ぎっくり腰を再発しました。
結局、丸々1週間静養することとなり、本日は週末の金曜日。
昨晩は、3周年を祝してか、それとも単なる炊事の手抜きか、
宅配ガストを注文することにしました。

「寒い中ありがとう」
と宅配の若いスタッフに声をかけると、なんだか驚いた表情をしていました。
あんまりそんなこと客に言われたことないのかな?

アルバイト勤務は中日の水曜日が定休日なので、2日勤務して1日休んでという
ワークスタイルが、今の主婦業とマッチしているのには申し分ない。

この1週間の静養が、私に色々の思いを巡らせるのにちょうどいい反省タイムとなった。
例えば、昨晩の出前サービスなどを利用するのは、年に数回くらいでいいとか。
なぜなら、同じ食材で自炊すれば、費用は3分の1以下で済みます。
それに、こんな栄養では野菜不足とカロリーオーバーの累積で、たちまちメタボ対象者になること間違いなし!
ガストに関しては、宅配よりも現地レストランに食べに行く方が、メニューも豊富で値段も安い。
宅配は、1500円以上でなければならないという条件があり、メニューが限定されている割には、選ぶのに20分くらいかかってしまいました。

一見、献立、買い物、炊事、そして後片付けは手間隙かかって本当にめんどうですが、
長い目で見れば、健康的で経済的、エコにも役立ち、長生き、創意工夫に満ち、脳トレボケ防止にも効果的であることは、さまざまの研究分野からも実証されていることでしょう。
もちろん、私の大好きな鷹揚行動分析学の観点からも家事のなかでも買い物、料理に関する論文は、
無数発表されていたかと思います。

私の場合、40にして結婚、家事全般をなぜ今頃になって請け負わないといけないのだ!!
と根っからの跳ね返りじゃじゃ馬根性が、いわゆる嫁業を拒み続けてきました。
さらに理由を掘り下げると、やはり、幼少期から長年苛まれてきた父からの虐待が、
嫁業に甘んじている多数派の女性の生き方に疑問符を投げかけてもきました。
しかし、主婦業1年目にして家事や家計をやりくりする立場に転じての、
2年ぶりのぎっくり腰は、家庭機能に大きく響きました。
腰って文字通り、カナメなんだなぁ・・・と。

今朝方までは、まだ体位を変えたり微妙に捻ると腰から背中にかけて痛みと引きつり感がありましたが、
午後を過ぎ、ようやく、ぎっくり腰の主症状は癒えてほぼ平常の身体動作が可能になりました。
発症前の27日と同様、布団を干して、日中は30分ほど横たわる以外は、起きて過ごしました。

そして、3食全ての炊事をしました。
昨夜のメニューの反動で、実にシンプルな和食にしました。
焼きさんま(98円)の大根おろしかけ、里芋(150円)と大根(55円)の煮物、玉葱(20円)、わかめ、豆腐(70円)の味噌汁です。
なんと、2人分で400円以下の費用で済みました!
作った時間も、味噌汁と焼きさんまだけなら20分以内。
包丁を使うのも、玉葱をスライスする手間くらいで他の材料はただ袋から出して火にかけるだけでした。
なぜだか、こんなシンプルなメニューが実においしく感じました。(あまりな自画自賛!)

それにしても、弱ったときには何といっても「助けて」と素直に言えるのが一番。
そして、家族やスタッフに迷惑と心配かけて、フォローしてもらえたことも嬉しくもあり。
やっぱり、元気に働けるってことが本当にかけがえないことで、多くの方々に支えられてるんだな、
自分ひとりで勝手に生きてるんじゃないんだと実感できました。

さて、今後は本格的な腰痛予防に本腰を入れようと決めました。
昨年4月からの1年目の主婦業はどれを取ってみても、要領が悪かった。
ひとつひとつの家事に時間が掛かりすぎて、手抜きできないのも、今回のぎっくり腰の一因だったかも。
現在進行形の仕事も同じく、「マイペースすぎる!」「横着な駐車」などボロクソな喝におののきながらやってるもんだから、知らず知らずにストレスが腰にのしかかっていたようにも思います。

朝夕、ストレッチしたり、散歩やハイキングしたりと工夫してみたものの、
まだまだだったのかな~?

蛇足ですが、今晩9時のニュースでは、
「(わがままな)イマドキ女子をつかむ料理教室に24万人!」なんていう経営のトピックを報じています。
どうやら、料理はマイブームだけではないらしいようです。
スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2011/03/04 16:13 | 悶々 | Comment (1) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/21(月) 06:49:22 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。