日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
しっとり焼き 生南部サブレ
2011年10月11日 (火) | 編集 |
今日は何てこともないことを書きます。

去る9月の最終週に我が家に舞い込んだ珍しいお菓子。
お菓子のふるさとは、遠く東北岩手県です。

日本全国いろんな品々が、私の故郷で結構たやすくゲットできるにしても、
このお菓子は相当に珍しいです。

ブログにアップしたいと思いつつ、今日までお菓子の袋をいつものように置いていました。
他にも捨てられないマイブームの菓子袋があるのですが、ゴミっぽくならないうちに早く処分しないとと
思いつつ、ブログネタにしたいとリビングにストックしています。

ここで、男子サッカーアジア予選リーグのタジキスタン戦で、後半1分と経たないうちに、日本は5点目をゲットしました!!
私の新しい職務における業績も肖りたいものです。

さて、もったいぶっている岩手の珍しいお菓子とは、
「しっとり焼き 生南部サブレ

サブレといえば、鳩サブレなんかが有名で、サクサク感が好評でおみやげにしばしばいただいたりするものですが、
生南部サブレは、正反対。
食感がしっとりしていて、中にチョコレートが挟まっているのです。
サブレというよりは、超薄型ケーキという感じです。
ですので、なんだかじっくり噛んで味わい深いのが印象的でした。

お菓子のパッケージにも味わい深い絵本に出てくるようなイラストがプリントされています。
サブレそのものも珍しい味わいですが、このイラストが、けっこう古めかしい懐かしい、コミカルな感じで私好みだったりします。

何てこともないけれど、やっぱり珍しい。
捨てて手放すとなれば、なんだか名残惜しい気もする、そんなしっとりサブレです。

販売者 株式会社 巖手屋KT
岩手県 二戸市石切所字前田41-1
TEL   0195-23-6311

ところで、新しい今の仕事に就いて1か月にして私なりに面白みを感じていることがあります。
それは、北海道から鹿児島まで日本全国津々浦々の方々とお話しする機会に恵まれたこと。
たまにはお国訛りが聞けたりして、面白い。

そして、相手は実にさまざまな業種の事業所です。
今日はインテリア、住宅関連業界でしたが、珍しいところでは、庭師とか、象牙、民芸品、窯業など、
もちろん、一昨年秋の大学病院では、珍しい病気の患者さんと見たこともないような多種多様な保険証にもみくちゃになっていたとはいえ、
今回の仕事でも、これまでの自身の人脈では到底、お話することなんてできないお相手ばかりです。

そこで、お菓子の故郷の住所と電話番号を転記して、ふと思いました。
私はお菓子大好き人間だから、全国のお菓子やさん限定で、今の業務をこなせたら、
頭の中は、すっかりお菓子色でもっと頑張れそう!!

街路樹や山々はそろそろ秋色に染まり、もうすぐ紅葉散策が楽しめそうです。

スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2011/10/11 21:20 | お菓子 | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
推進連盟講演会
お久しぶりですね。

また、これで、また元気補充してください。
2011/10/20(木) 06:11:17 | URL | 麻呂 #/hd7hqp6[ 編集]
Re: 推進連盟講演会
麻呂さんへ

講演会のご案内ありがとうございました。
開催日は、仕事や雑事があるので、恐らく参加できないと思います。
またHPを見せていただきますね。
2011/10/21(金) 20:23:31 | URL | ゆきんこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック