日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
寒中お見舞い申し上げます。
2012年01月23日 (月) | 編集 |
今日は、「ワンツースリーの日」なんだそうです。
ご無沙汰していましたが、私は概ね元気に過ごしていました。
昨年末は、なんとなく家のあちらこちらを掃除していたら大晦日を迎え、年を越しました。

今年の新年は、喪中とあって、晦日そばは食べたけど、
年賀状は来ないし、お節料理も食べず、平素と変わりなく過ぎていきました。
しかし、例年と同じなのは、身近な家族との団らんです。
新年には、親族を訪問し、総勢12名が集まって一緒にご馳走をいただきました。
年始の仕事は5日目からで、それから2日働いては、1日休みのペースで従事しています。
その間、12月から1月にかけて、仕事仲間との交流が日ごとに増えたように思います。


さて、新年になると、なんとなく新しいことを始めてみたい気分にはなるのですが、
40代も半ばになったせいか、単なる怠け心がそうさせるのか、
これやりたい!!っていうのがピンとこないわけです。

昨年9月から再就職した仕事は、順調です。
職場の雰囲気も良く、とても快適にストレスも殆どなく働いています。
新しい仕事が軌道に乗るんだろうかとも思いましたが、蓋を開けて腰を据えて働いてみると、今の仕事は自分に合っていると思います。
まだ30代前半の若社長とセンター長を除けば、いわゆる女の園ですが、
このたった2名の男性取締役のおかげか、茨の園ではなく、薔薇の楽園みたいなムードです。
女性陣の特性としては、嫌味と卒のないコミュニケーション力に優れ、機知に富んでいることです。
さらに、美しい声の持ち主が多いです。
少ないお給料でも、皆さん、愚痴ひとつ言わずにコツコツ真面目に楽しく笑顔で働いていらっしゃいます。

そもそもひとりっ子の私なので、女性の方々との何気ない会話や交流がしみじみとありがたいものです。

そして、職場の中で一番仲良くなったのは、5歳年下の栄養士Iさんです。
昨年の11月の下旬ごろ、休憩室で何気なく会話したのがきっかけでした。
またちょうど、その頃、ヘルシー志向の手作りおやつを楽しんでいた頃でした。
話してみると、実家が近いのと、
「保育士さんだったのに、どうして?」
「栄養士さんだったのに、どうして?」
と、お互いのキャリアと専門領域に惹かれあったというわけです。

しかし、彼女の場合は、管理栄養士へとステップアップする一時休止の状態ですから、
腰痛持ちの私とはこのバイトを選んだ訳が違います。
昨今、健康食ブームでタニタ食堂が話題だったり、
仕事以外の主婦の時間は
「私、家ではレタスクラブ見て、何を作ろう、何を食べようってそればかり考えてるのよ」
すると、Iさんはニヤリと
「エライなぁ~」って
ちゃんとほめてくれるのです。

そういうわけで、料理のマイブームとしては、今年の抱負は
『シンプル&バリエーション』で、
同じ材料や調味料でも、かんたんで飽きのこない野菜中心の料理を目指したいと思っています。


こんな記事を綴ってる私って、ブログの開設当初から独身時代の自分とはなんだか別人のような気もします。
つまり目先のことで精いっぱいで、ブログ更新している暇よりも、次の買い物、食事、掃除・・・と2012年の1月も
やっぱりエンドレスの家事が優先するのは相変わらずのことです。

学業に勤しんだ日々が遠くなり、その分、老いたる母と共にひたひたと脳力が次第に退化しています。
パソコンに向き合い、キーボード操作をする指がもつれてきました。
そうだったっけ?あの人、顔はわかるけど、名前忘れちゃった。
だから、その分、苦しかった上り坂の若い時代よりも楽しく後半生を過ごしていきたいです。


スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2012/01/23 21:18 | 保健 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック