ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
11月ももう下旬です。
各地で紅葉が見ごろで、友人たちから紅葉写メールを受信しました。
私も先週の土曜日、お墓参りと法隆寺に行ってきました。

天気予報では、当日初めから雨だとわかっていましたが、今回は日程変更できず、雨天決行でした。
お天気もそうだけど、こんなに科学技術の目覚ましく発展した現代においても、まだ天変地異のコントロールは無理のようです。

しかし、どうして土曜日だけがあんなにもどしゃ降りだったんでしょう。
前日の金曜日には洗濯物も干したし、翌日の日曜日は布団も干して気持ちいい快晴の行楽日和だったというのに。
私ってホントはゆきんこというより、「雨女」なんです。

雨が降るのがわかっていましたが、いつもより気合入れて6時台に起床して、行楽弁当作りに取り掛かりました。

しかも、久々のお弁当作りですから、まずはどんなメニューにしようかと、土井勝氏の「おべんとう」の本と首っ引きで、買い物にも時間をかけました。
出かける先は、法隆寺と決めたのですから、
「やっぱりデザートは柿でしょう。」
「ほう。『柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺』ですか!」
他にラ・フランスという洋ナシもレパートリーに加えました。

鮭の切り身、ブロッコリー、筑前煮、玉子焼き、アスパラガスのベーコン巻、そして巻き寿司
と、定番のおかず作りに勤しんだところ、それだけで燃え尽きてしまいました。

いやはや、世の中の主婦の皆さん、朝からお弁当作り本当にお疲れ様です。
もちろん、難なく朝飯前に作れるという方も多々いらっしゃるとは存じますが、
私の場合、相変わらず、アルバイト勤務以上に家事全般が大儀なものですから、
出発予定時刻30分前までに、出来上がったのに加えて、後片付けと掃除も済ませられたので、
「よくできました」と自分で自分をほめておきます。

さて、往時の道中は午前中はパラパラと小降りだったのですが、
雨足は午後から夕方にかけてザ~っと激しくなっていきました。

せっかくの法隆寺観光もどしゃ降りの中で、楽しさ半減でした。
「やっぱり、素直にレストランでランチにした方がよかったかなぁ」
手作りお弁当と柿を食べたのは、駐車場の車の中でした。

因みに、「鐘がなるなり」という鐘楼はどこにあったのかな?
正岡子規はどの辺りでこの句を詠んだのかな?


でも、私の脳裏を過ぎったのはこの歌でした。
「♪どしゃ降りの雨の中で、私は・・・」


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/495-e7ed818a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。