ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今年は何だか妙な6月です。
さっきの天気予報ではどこかの地方では既に梅雨明けしたと報じられました。

6月は会社都合で、イレギュラーなシフト調整を余儀なくされ、たったの4日しか勤務していません。
こんな非常勤アルバイトで、一体どうやって自活しろというのでしょうか?
でも、会社の方針で扶養されている主婦とか、主たる家計者が本人でないという条件で、
いつ何時解雇しても痛くも痒くもない。
そういう会社だから、辛うじて雇われたというのが実情です。

そんなお菓子仲間同僚の一人から紹介された臨時のアルバイトに応募したところ、
今回もすんなりと採用が決まりました。
といっても、雇用期間はわずか3週間です。
明日から研修が3日間始まるし、今回は週5日のフルタイム。

猛暑の中でのフルタイム勤務挑戦!
気合入れないと!!
こうしている間も、もっと大変な危急存亡の最中で刻一刻を戦っている方もいらっしゃる。
また、貧困とゴミのような環境の中で遊んでいるナイジェリアの子どもたちも少なくありません。


前置きはこの辺で、
6月に入って、久しぶりに図書館でリクエストした本を借りて読んでます。

『新・片づけ術 断捨離』
2009年12月17日 第1刷発行
著者  やました ひでこ
発行所 株式会社マガジンハウス

本格的に断捨離できたら、理想的なんですけどね。
本書を読まなくても、身近なところに片づけ上手、きれい好きの人が模範なんですけどね。
私の観察したところ、
そういう人たちは、いつもきれいピカピカにしていることが快感で、捨てることに躊躇ありません。
そして、なぜかお金に困る人ではありません。
羨ましいなあと思うけど、私の場合、性格的に、そしてきっと経済的に難しいです。

私の場合、
そんな羨望の、いつもきれいにしているお宅を訪問する機会があると、
やはり多少は刺激されて見倣いたいと、帰宅すればかなりがんばって掃除する傾向はありました。

しかし、これは明らかに言いわけですが、
まず自身の腰痛に苛まれ、やりたくてもできないという事態に陥りました。

そして、家族。
やはり、家族が複数人いて、きれい好きよりモノグサな輩が多ければ多勢に無勢となります。
やがて、おじゃる丸にも登場する貧乏神のビンちゃんが住み着くという始末です。

この猛暑到来の時節に読んでしまったのもキツイ。

その反面、我が家は子ども時代から母が終日仕事に出かけ、引きこもりの父の存在のおかげで
汚いのはもちろん、友達を招いて遊ぶという家庭環境ではありませんでした。

現在も類似した状況で、ホームパーティーなどは夢のまた夢。
でも放っておけば誰かがキレイにしてくれる訳もなく、キレイにするのもしないのも自業自得。
断捨離はそんな自分のライフスタイルや深層心理にも突っ込んでくるので、ほんとにキツイ本です。 

以下に本著の最終章の一部を抜粋します。

所有の発想から解き放たれる。
やっぱりネガティブなものは重い。非常に重たいです。
所有とは結局思い込みです。
あらゆるモノが地球からの借りものなんだと考えていけたら…
自ずと感謝や畏敬の念が湧いてきます。
色即是空
カタチあるものはみな虚しいもの。
そして、ご縁が終わりの時を迎えたら、
潔く手放していく。
それが断捨離の願いです。


このくだりを読んで思い出した出来事がありました。
3年前にある身寄りのない方の遺品整理に遭遇したのですが、
主を失った昭和30年代の初めごろに建てられたと思しき廃墟に参入する機会がありました。

冷蔵庫の中身は腐敗し、
タンスや物置から時代おくれの珍しいガラクタが溢れ出さんばかりに収納されたままでした。
もったいないお化けの母が、それらのいくつかを実家のガレージに引き取ったはいいのですが、
認知症の母にキレルことはできませんでした。
はてさて、次なる使途は3年経過した今も未定のままです。
私はその時、つぶやいてしまいました。
「いずれ、我が身もゴミになる」

本気で断捨離したら、金運アップするかしら?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/524-db435c63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。