日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
モーレツしごきバイト
2013年07月16日 (火) | 編集 |
今年はアベノミクスの効果で、一部の方々には昇給やらボーナスの優遇があったと想像しますが、
我が家の家計においては、何らの影響も受けておりません。
というか、そもそも障碍児・者業界に長く身を置いていたので、経済の動向には無頓着。
ブログの立ち上げから間もなく現場を離れて久しいですが、それからというもの不況に喘ぎながら今夏を迎えました。

それで、更新できなかった1か月間は、3週間のフルタイムでの立ち仕事に明け暮れていました。
私と同じ条件で採用されたアルバイト雇用者は7名。
6月22日初日からおおわらわの勤務にドボン!
たとえていうなら、2日半の研修でよくわからないうちに実践現場に放り込まれた鵜のような気持ち。

初日は何が困ったと言って、いざ、出陣というときに、何のフォローもなく接客し、端末操作を行う羽目になりました。
販売の仕事とはわかっていて応募して、思いがけず採用されたはよかったのですが、
見よう見まねで、おばさんになって初めてのバーコードのレジ操作をこなさなくてはなりませんでした。

なんだか、人様のお金に触り慣れていないので、レジでもたついてしまい、ピー・・・とエラー音が鳴り響きます。
おろおろして、常駐の社員さんやパートさんの手を患わずこと甚だしく、ストレスフルでした。
研修では何も聞かされていない難題にぶち当たり、訳のわからない初日が終わりました。
午後7時半の電車のホームで汗だくのクタクタになってしまい、夕食を作る気力もありませんでした。

勤務4日目には、とんでもない失敗でスタッフに尻拭いをさせ、疲れを通り越し、食事も休憩も取るのも忘れて追われていました。
何せ、レジだけでなく、端末操作がやっぱりややこしい。
誰や、こんなプログラム作ったの!?
と不満をもらしたところで、決められた操作ができないことには仕事になりません。
それだけでなく、店内の案内やら、商品在庫の確認、取り寄せの内線での連絡などなど、
バイトにしてはあまりにも業務が多すぎて、おばさんの脳みその容量を超えて、フリーズしたり、
理解不能的消化不良を起こしていました。

こんなに業務内容溢れているなら、もっと研修できっちり教えて欲しかったと応募したことを悔やみました。

バイト仲間もそれぞれに仕事が夢に出てきたり、お腹を壊すなどの不調を訴えていました。
疲労困憊し、楽しみにしていた女子会の誘いも断り、オフは専ら休み明けの勤務に備えてただただ休養するだけでした。

とうとう10日間を過ぎ、6月末日にはエアコンで喉の調子が悪くなったのをきっかけに、鼻水、倦怠感と、
夏風邪でダウンしてしまいました。
7月1日から3日3晩熱にうなされて、この3日間の方が仕事よりもよほどしんどかったです。

熱が下がって週末からまた勤務に復帰しました。
その頃には、6月中の繁忙期が一時マシになったのと、レジの操作や慌ただしい業務に少し慣れてきました。

それにしても、底なしに覚えきれない決まりごとでミスと失敗は最終日まで続きました。
せめてもの救いは、ここまでいやというほど失敗を繰り返しても、へこたれなかったことです。
3週間というゴールがあったから、耐えられたかもしれません。
すっかりおばさんになったので、ふれぶてしくなったのかもしれません。
でも、この調子で物覚えが悪いのでは、自分は将来、認知症になるかもしれないという不安を感じました。

バイトの私でもこんなにヘロヘロだったから、尻拭い係でもある社員さんたちの気苦労は、どれだけだっただろうとそれが一番、心苦しかったです。
「ゆきんこさん、今日で最後だけど、また、このバイトをするかもしれないから、言っておくね。」
と丁寧に指導してくださいました。
最後の挨拶では、
「お世話になりました。」
「また来てくださいね。」
社交辞令とも思いましたけど、テキパキとした接客のプロの方の贐のことばは嬉しかったです。
そういう訳で、販売の仕事も奥は深く、難しいのだなと痛感しました。

でも、この部署に関しては、休憩時間に交わした他の従業員の方々のコメントによると、
「一番大変なところに配属になったのね。」
「あの部署は3週間で覚えられる業務ではないわよ。」
「ピリピリしているのは業務上仕方ないのよ。」
「挫けず、がんばってね。」
という慰めと励ましで、やっぱり大変なバイトなんだと自分を奮い立たせていました。


のど元過ぎれば、暑さもしんどさも忘れてしまうでしょう。
明日は、いつものバイト先に戻る予定です。
いつものバイト先があるのも有難い。

しかし、こちらはバイト同僚によれば、5月6月のうちに、ベテランの正職員が複数人退職したと、波乱含みです。
私自身のバイト人生も波乱含み。
やっぱり、おばさんパートでいいから自分の適職と安定した雇用を望みます。
スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2013/07/16 17:55 | お仕事 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。