ゆきんこの引き出し
日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走なんだけど・・・

今年もカウントダウンの時節です。
しかし、私の心模様はだらだらモードです。
なんというのか、なんとかしなくちゃという焦りモードよりも、
ま、なんとかなるかなという安穏モードで、
就活に気合入りません。
あれから、一応、履歴書も手書きで書き換えて、
職務経歴書も、ハローワークの窓口担当Y氏の助言を参考に、
明瞭簡潔にA4枚にまとめてみました。

応募も2つほど、してみたのですが、
時給が安かったり、交通費の支給がなかったり、週5日勤務で条件合わなかったりで、
キャンセルしてしまいました。

これまでは、あまり選択の余地なく、採用されれば、多少の不満はあっても、
涙をのんで(大袈裟)、堪えてきました。
でも、もういいんじゃないか?
そろそろ、自分らしく無理なく働ける条件を厳選したって。
やっと政府も、世間一般も少子高齢化が深刻になって、
女性が働きやすいライフワークバランスを真剣に考えてくれるようになった。
馬車馬みたいに男性と肩を並べて働いてきた結果、
それでも、昇進、出世させてくれない日本スタイル。
古来からの男女の性役割を全否定するわけでもありません。
大方の一般女子は所詮、こまごまとした家事をするのに向いてますから。

一応、暢気なアルバイト主婦なので、
3食はちゃんと自炊してますが、たまの昼寝つきで、年末の掃除、布団干し、ゴミの分別、老母の世話、
年賀状作り、そして、たまの思いついたようなブログ。
師走だからというわけではなく、諸々の事を、めんどうくさくても、コツコツやってる師走です。

人間、何が賞賛されると言って
必ずしも、無難に悪いこともせず、長々と履歴を重ねたからいいってことでもないのです。

夕方、NHKの番組で「人生ドラマティック」というコーナーに同い年の坂上忍氏が出演していました。
夕食の支度を一時中断して、見入ってみれば、波乱万丈の俳優生活を物語っていました。
坂上氏の名前を初めに記憶したのは、1970年当時、『大草原の小さな家』が放送されていた時。
氏は、アルバートというローラの家にやってきた養子だったか、孤児だったか、そういう少年役の声優として
従事していました。
小学生の私は、ブラウン管の向こう側でお気楽な視聴者だったのです。

3歳で児童劇団に入団。天才子役として、大河ドラマにも出演し、大物俳優とも共演。
反面、坂上少年は、仕事で遅刻や欠席が多く、成績をつけてもらえなかったそうです。
学校で放課後友達と遊ぶこともできず、イジメにも遭いました。

新聞記者だった父親は、少年時代、あこがれの存在でしたが、1億円もの負債を家族に残して失踪。
家族の中でも既に子役俳優として稼ぎ手だった坂上氏にその返済が重くのしかかりました。

父への憧憬は、怒りと憎しみの入り混じったものに変わり、
10年かけて完済したのち、成人したら俳優業にやりがいを見いだせなくなって、競艇や、酒に溺れていきました。
もしも、借金がなければ、とっくに俳優をやめていただろうと、本人も母親も吐露していました。

そして、2012年父の死。葬儀には参列しなかったという坂上氏。
俳優生活43年にして、毒舌で人気を博した2014年。
その人気の背後には、父との絆、好き勝手放題だった父から受け継いだ血が流れていることを
自覚せずにはいられないと、半生を振り返っていました。

自分は、遺伝子を引き継いで、家族の誰かに似ています。
家族の誰かに似ている自分と、尊敬だったり、憎悪だったり、家族へのどうしようもない思いが
それぞれに渦巻いています。

私も、鏡をのぞくとき、
自分の顔の向こうに、亡き祖母や、伯母への思慕がしみじみと深くなってきました。
そして、祖母や伯母が、今の私と同い年のとき、
どんなふうに暮らしていたのでしょう?

掃除好きだったかな?本をよく読んでいたかな?手紙を書くのが好きだったかな?
優しい人だったかな?それとも、冷淡なところもあったかな?
もちろん、私には祖母とも、伯母とも、ほんの幼い時に会っただけで、
覚えてもいません。
青いインク文字のお手紙を時々くださり、それが残っているだけです。

だけど、二人とも、きっと喜んでくださいましたよね。
会えなかった長い時間、きっと私のこと、時々は思い出してくださいましたよね。
私は鏡をのぞいて、
いつも、傍にいてくださってると思っています。

なんてことを、同い年の坂上氏のトーク番組から連想しました。
来年もお父さん譲りの毒舌で、活躍していただきたいものです。

そういえば、今朝、裁判所から郵便が届きました。
開封すると、なんと書記官と弁護士から、10月末で倒産したアルバイト先の会社の
「破産管財人」に選定されたとのこと。

はてさて、就活してダブルワーク再開しても支障ないものなのか?
最後のお給料、社長にまだ払ってもらってませんけど。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ゆきんこ

  • Author:ゆきんこ
  • 2005年8月23日にデビューして、ブログ歴13年目になりました。
    開設当初、障碍児加配保育士を経て、紆余曲折の3年間の夜間大学院の日々を綴ってきました。
    修了後も、失業と再就職を繰り返し、どうにかケセラセラでやってきました。
    出会いと別れの中で次第に専門分野への執着を捨て、遠ざかる日々です。

    独身時代の趣味は、旅行、水彩画、ハイキング、心理学系の読書、リコーダー演奏などでしたが、兼業主婦になってからは家事にまい進、心身とともに衰退しています。
    かなり前に流行った「どうぶつ占い」では「人気者のゾウ」ってことになってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。