日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
ヨーグルト豆知識 その1
2016年03月31日 (木) | 編集 |
3月も今日で終わりです。
2016年の4分の1がもう終わってしまったとは、早すぎます。

今日で選抜高校野球大会も終わりました。
決勝戦は、母と生放送で延長戦の様子を見守りました。
奈良県と隣接している我が地域ですから、やっぱり
智瓣学園が初優勝でめでたしめでたし。

でも、8回裏からは白熱した試合で見ごたえたっぷりでした。
高松商が勝っても、いい勝負だったと思います。

私自身はめっぽう、勝負に弱いので、
負けた悔しさを忘れず、勝っても奢らず、立派な大人になっていただきたいです。

前置き長くなりましたが、初めてヨーグルトについてアップしてみます。
これまでグラノーラ研究シリーズをアップしてきましたが、
私は、必ずシリアルにヨーグルトを混ぜて食しています。

お恥ずかしい話ですが、
実は私、生まれつきの便秘でした。
生まれつきも生まれつき。

汚くなってしまうけど、
赤ん坊の頃より、何日経っても自分で排便しなかったくらい。
だから、両親はお腹をマッサージしたり、こよりで刺激したり
して催すように促したんだそうです。

それから20代の初め頃には、外出先や旅先では絶対しなかったので、
旅行好きの反面、常にお持ち帰りという有様で、
長期間自宅に帰れないときには、本当に辛くて困りました。

そんな私に影響を与えてくれたのが、
18歳から22歳までの吹奏楽団の中で、
同じクラリネットを吹いていた同期の桜のNさんでした。
いつでもどこでも、快便ですっきりしている彼女。
合宿中羨ましいったらありませんでした。

社会人になっても、しばしば宿泊先でやっぱりできなくて、
便秘対策に本格的に取り組みだしたのが20代半ばからです。

今でも励行していますが、家はもちろん、旅先でも必ずウ〇〇タイムを取って
リラックスするようにしました。そのために、トイレに読み物を持ち込み、
多少時間がかかっても、同時に読書タイムとしました。

最近、テレビ番組ではやたら、「腸内フローラ」ということばと共に、
腸内環境を整える効果があるとされる乳酸菌が話題となっています。
買い物にいくと、消費者に人気が高まっているのか、ヨーグルトはじめ、
いろんな番号のついた乳酸菌入りの食べ物やお菓子までもが目につくようになりました。

そして、私も影響されて、お通じに良い食べ物といえば、
食物繊維たっぷりのグラノーラと乳酸菌入りヨーグルトと
しばしば番組で報じているのを気に留めて、
毎朝、実行するようになりました。

というわけで、ようやく本題に入ります。
グラノーラだけでなく、これと決めずにヨーグルトもさまざま試しています。
いつもは深く考えず、最安値のスーパーサンディで
最安値の特売ヨーグルトを買っていました

改めて、一度も買ったことがなかった「明治 ブルガリアヨーグルト」を買ってみました。
その理由は、消費者庁許可の「特保マーク(特定保健用食品)」がついていたからです。
そこで、パッケージを転記します。

明治
ブルガリアヨーグルトLB81プレーン
ヨーグルトの正統
はっ酵乳 450g

おいしさリニューアル
さらにコクアップしました。
まろやか丹念発酵
あらかじめ酸素を減らし、低温で丹念に発酵する
ことで、まろやかな風味を実現する独自製法です。

腸で働くLB81乳酸菌
●許可表示:LB81乳酸菌の働きにより、腸内細菌の
 バランスを整えて、おなかの調子を良好に保ちます。
●1日あたりの摂取目安量:1日100gを目安にお召し
 あがりになると効果的です。なお、お好みにより
 目安量以上お召し上がりいただけます。
●摂取上の注意:生ものですから、開封後はお早めに
 お召し上がりください。
●成分分析表(100g当たり):
関与成分:
L,bulgaricus2038株 10億個以上および
S,therophilus1131株 100億個以上
(LB乳酸菌)

はてさて、乳酸菌の名前と数なんて明記しているヨーグルトを
見たことあったかな?これはちょっとした私の発見です。

さらに、ヨーグルトの中フタに
「ヨーグルト豆知識」を発見!

古代日本では、
ヨーグルトは高級なクスリ?

日本人がはじめて牛乳を飲んだのは、牛が輸入され、
た西暦540~571年ごろ。この頃から酪(らく)、
蘇(そ)、醍醐(だいご)という名前で乳製品が作られ、
酪(らく)と呼ばれていたものが「ヨーグルト」にあたる
といわれています。日本最古の医書には、酪(らく)
を食べると、疲れがとれ、便秘をやわらげ、肌をつや
やかにすると書かれています。古代日本では、
ヨーグルトはえらい人たちに愛された高級なクスリのような
ものだったようです。


さて、私のお通じはどうなったでしょうか?
実は、今までも結構良かったんですが、
ますます良くなった感じです。
ウ〇〇がスルスル良質になり、時間もさらに短くなりました!
このヨーグルト豆知識を初めて知って、
えらくもなんともないけど、ヨーグルトのおかげで快便です!
スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2016/03/31 22:43 | 保健 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。