日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
京都の休日
2016年04月11日 (月) | 編集 |
ゆきんこのブログは一応、公開しているとはいえ、
実質非公開に近い自己満足ブログです。

とお断りして、1年前の過去ログを振り返ってみると、
京都散策の記録を遺していました。
実は、先週5日元同僚のMさんと再会し、
1年ぶりに再びの京都に花見に出かけました。
1週間前は京都は正に花盛り。
見ごたえたっぷりに満喫しました。

世界中から観光客がはるばるとやってくる京都に
いつでもどこでも日帰り旅行できるとは、有難いです。

この度の目的地は、将軍塚清流殿の特別展示
『硝子の茶室』でした。
360度どこから見ても透き通ったガラスの茶室。
なんだか清々しかったです。
5日は平日とあって、しかも、将軍塚は、駅近くの繁華街
からやや離れており、車やバスでの移動が必要なので、
観光客も疎らなのが、ゆったりできてよかったです。

但し、循環の京阪バスが1時間に1本しかなく、
それも、バス停がわかりにくかったので、
勘違いして他のバス停と間違えてしまいました。
待ち合わせ時刻に、Mさんに会えず、1時間遅れで
バスに乗ることができました。

おかげで時間が1時間ずれ込み、
三条付近の次なる目的地に着いたのが、
2時半を過ぎていました。

その間、特別退屈することはありませんでした。
Mさんと1年間の積もる話がいくらでもありましたから。
「私、去年の年末から宅配の牛乳やさんで働いてるのよ。」
「そうなんですか?Dって会社知ってますか?」
「同じグループの競合店だよ。」
「なんだかご縁があるんでしょうかね。実は、私、もう随分前の若かった頃、
そこの社長さんとお付き合いしてました。」
「それは奇遇やね!!もしかして、結婚してたら社長夫人だったかも。世間は狭いね。」

循環バスで一巡して、元のバス停に降り、ランチを食べに移動です。
京都ツウのMさんの下調べで、
旧土佐藩邸跡地や竜馬通りを抜けて
「名前のないラーメン屋」という
看板さえ出していない、ビルの地下室へ降りてみました。

なんでも、ハイヒールモモコさんが
番組で取材にきたラーメン屋さんだとか。
私は800円のつけ麺を注文しました。
和風な麺とダシが独特でとっても
おいしかったけど、
あまりにお腹が空いていたので、
ちょっと足りなかった、もっと食べたかったです。

因みに、去年食べに行った
「一本うどん」
には林修さんの色紙が飾ってありました。

なんて思い出しながら書いていたら、
お腹が空いてきました。

おやすみなさい。

スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2016/04/11 23:20 | 季節、気象 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック