TOP   Main   ALL   RSS   Admin

5月も下旬になり、日本列島に前倒しで夏が訪れたようです。
半袖シャツや扇風機を取り出し、昼食には素麺をすするなど、
春はすっかり終わってしまったのでしょうか?

さて、ちょっとした変化がありました。
私にとってはかなりショッキングな出来事でした。
先週20日、子ども時代以来、眼科に通院してきました。
前置きが長くなりますが、若かりし頃、自動車免許を取った私。
残念ながら、運転がへたくそ過ぎて、
20年以上もペーパードライバーのままでした。
免許を取り立ての頃、十分練習もせず、
無謀にも南紀白浜ワールドサファリに向けて、
友人と深夜ドライブに繰り出しました。
真っ暗な道中、誤って一方通行を逆走し、
ハンドルを切ったら、あわや、電信柱に衝突。
フロントバンパーが壊れただけで済んだのですが、
怖かったのはもちろん、警察の現場検証やら、事後処理などで
すっかり懲りてしまい、以来、独身時代をチャリダーで
過ごしました。

それから、40代になって再び、ハンドルを握らざるを得ない
職務に就いたのを機に、辛うじてバイク通勤をしています。
5月の女子会で旧友たちに、
「今乗らなくちゃ、いつ乗るの?」
と背中を押されたのですが、
その前に、

40代は、老化現象甚だしく、
現在、婦人科で処方された漢方薬を服用中。
同時進行的に、老眼なのか、近視なのか、
目が見え辛くなってきていました。
それから、なんといっても、眩しいのが辛くて、
例えば、直射日光はもちろん、夜間の対向車のライトが眩しくて
目が開けられないことしばしば。
バイク運転中も危なっかしくて、やっぱり、事前に運転に問題ないか、
ちゃんと診てもらおう。
という訳で、眼科に出かけたのです。

予約不要でしたが、
K駅前の★眼科がなんと20人待ち。
2時間余り待ちに待って、視力検査や眼圧検査、
諸々の検査を一通り受けました。

「生まれつきの白内障だね」
と冷ややかに★先生が私に一言告げました。
「ええ!生まれつき!それで、車の運転はしてもいいのですか?」
「現在は問題ないけど、進行すれば手術が必要です。
予防の点眼液出しておきますから、使い終わったらまた来院してください。」

アラフィフっていうのは、立派なシニアの入り口なんですなぁ。
カリーユニという点眼液には、
[老人性白内障治療点眼液]
と書いてあります。

おかげで、更年期の薬に加えて、1日3回の点眼を習慣づける羽目になりました。
う~ん、、、、
もう若くないってわかってるけど、「老人」っていうのは認めがたいです。

スポンサーサイト



 日記


ゆきんこさん、ご無沙汰してます。
衝撃的な記事のタイトルに、ビックリしてしまいました。
生まれつきの白内障って・・・そんなこともあるんですね。

私も40過ぎた頃から急に老化現象を感じる機会が増えましたよ。
ギックリ腰、腰痛、子宮筋腫もそうですし。
老眼はまだ大丈夫そうですが、眼精疲労が溜まりやすくなって、
ブログ記事書いた後、頭痛や肩こりが出たり。
今からこれだと、今後が思いやられますね。

点眼で手術が避けられたら良いですね。お大事になさってください。


♥ 2016/06/17 07:59 by るい Pagetop△

るいさんも、お大事に

るいさん、大変ご無沙汰しております。
同年代でしたっけね?
共にブログ更新し続けることができ、嬉しいです。
こんな面目ない内容ですが、共感していただき感謝です。
これからもお互いに無理なく
「自分らしく」綴っていけますように。

♥ 2016/06/26 23:07 by ゆきんこ Pagetop△














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback URL
» http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/565-a9fdcb32
» FC2blog user only

| Main |