日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
10月でも入道雲
2016年10月18日 (火) | 編集 |
ご無沙汰してますが、秋になって夏バテからは解放されました。
ですが、今週からなぜか夏日が復活してます。
そのため、衣替えしようと思っていたはずのTシャツや白パンツを
もう一度引き出しました。
現職の会社が、中学校の傍にあります。
隣の体育館と校舎の間にかかる渡り廊下の向こうにむっくりとした入道雲が
どっしりと現われました。
土手沿いには、麒麟草やススキが生い茂っています。
一体、季節はいつなんでしょう?
最高気温は何と29度だったそうです。

さて、私の日常、特に変化ないかな~と思います。
強いて言えば、ちょうど1週間前に3度目の正直で隣町の豪栄道関の地元へ
ペーパードライバー教習の手続きに出かけました。
先日16日には、付近まで初優勝を讃える凱旋パレードで賑わっていた模様。
うっかりと忘れていました。

そもそも怖がりの上に、運動音痴の私です。
5年ブランクを経て、再び決意するまでに、かなりの月日を費やしました。
これまでも、ひやひやしながらの危なっかしいバイク通勤をしてきました。
おまけに、同僚のMさんが追突されたと聞いて、怖気づき、無難に
やめておこうかとも思いました。

しかし、おかげさまで最近になって運転時の目線の使い方や、
速度感覚も次第に養われ、恐怖感も弱まってきました。
やっぱり車の運転ができるようになりたいと思った一番の動機は、
何といっても、実母の進行性の不治の病に因ります。
次第に母は家に引きこもりがちになり、
通院や、買い物、金融機関、行楽などの外出時、
公共交通機関を使えなくなり、私の同行が必要です。
母だけでなく、父も同じ病を発症しました。
両親は引きこもりがちの独居老人です。
その父母の間を行ったり来たりの年月が
どれくらい続くのでしょうか?
いつ何時のために、私が駆けつけるには、
あるいは、両親を連れ出すには、どうしても自動車は
必要なツールと意を決しました。

最近、身近な人の訃報が相次ぎ、焼香に出かけました。
長患いをしている人の介護は、やはり大変だなと
本当に他人事ではありません。

時々独りで思い悩んでしまうせいか、
悪夢の中で、悲鳴をあげてしまうことがあります。
目覚めた瞬間、忘れてしまってるのですが。
夏から秋にかけて白髪がものすごい勢いで増えてしまい、
ダブルワーク先で久しぶりに再会した同僚のSさんには
驚かれてしまいました。

という近況なんですが、今これを綴っている私は
そんなに凹んではいません。
おかげさまで、漢方薬飲んで、白内障の目薬さして、
目のクマも様になってきました。
ダニ&ダストアレルギーで毎日掃除と晴れの日は洗濯。
マスクにサングラスと怪しい出で立ちです。

今度こそという意気込みで、再びのペーパードライバー教習に
挑む所存です。
スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2016/10/18 23:14 | 季節、気象 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック